K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】武尊を筆頭に8人中6人のK-1ファイターが横山朋哉に注目、レオナ・ペタスは友尊、島野浩太朗は山本直樹

2022/01/27 20:01
 2022年1月28日(金)東京・後楽園ホール『Krush.133』で行われる「第10代Krushスーパー・フェザー級王座決定トーナメント」の準決勝・決勝。2021年10月の1回戦を勝ち上がった中島千博(POWER OF DREAM)、友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)、山本直樹(優弥道場)、横山朋哉(リーブルロア)の4名で王座が争われる。  このトーナメントを前に、K-1で活躍する同じスーパー・フェザー級のファイターたちが主催者を通じて見どころを語った。  まずK-1スーパー・フェザー級王者である武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は、「今回のトーナメントで注目しているのは横山朋哉選手ですね。横山選手は攻撃のキレ・スピードがあって、倒す力も持っている選手です。また選手としての華もあるなと思います。(トーナメントは)中島千博選手と横山選手が勝ち上がって決勝でベルトを争う形になるかなと思います」と、優勝候補と目されている横山に注目。  新Krush王者に期待することはと聞かれると「ここでチャンピオンになった選手は、これからのK-1を引っ張っていく存在の一人になると思います。誰がそこに辿り着くのか、僕も楽しみにしています」とした。  その武尊と2021年3月にタイトルマッチを行ったレオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)は、「中島選手は蹴り技が多彩で、見ていてどんな技を出すのかが楽しみ。友尊選手は気持ちがとても強い選手。一回戦が不戦勝だったので今回の試合にかなり賭けてくると思います。山本選手は全てにおいて器用でバランスの良い選手で、横山選手は爆発力があって思い切りの良い選手だと思います。このなかで僕が注目しているのは友尊選手ですね」と、元プロボクサーの友尊の名を上げる。  その理由は「やはり1回戦を不戦勝で勝ち上がって、他の選手よりも勝ちに対して貪欲だと思うからですね。このトーナメントは僕が返上したベルトをかけて行われるトーナメントです。歴史が深いスーパー・フェザー級のベルトを巻くに相応しい試合を期待しています」と話した。  トーナメント1回戦の解説を務めた村越優汰(湘南格闘クラブ)は「僕の注目選手は横山朋哉選手ですね。1回戦もそうですし、過去の試合を見ても勢いを感じるし、あの勢いは大きな武器になると思っています。今回は自分と同じ階級のトーナメントですが、見ている人たちが熱くなるような試合を見せて欲しいなと思います。と同時に、個人的には選手たちの技術にも注目して見ています」と、武尊と同じく横山に注目しているという。  初代・第4代Krush同級王者の卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は、「僕のトーナメントの優勝予想は横山朋哉選手、注目選手は山本直樹選手です。みなさんも色んな予想をしていると思いますが、Krushのトーナメントは何が起こるか分かりません。予想通りにいかない大波乱を期待してます」と、横山の優勝を予想するが何が起こるか分からないとし、大波乱を期待。  第8代Krush同級王者の西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)も、「僕の優勝予想は横山選手です。今、すごく勢いに乗っているので、そのままチャンピオンになるんじゃないかと思います。(決勝の予想は)横山選手と中島選手で、お互いKOであがってくる可能性も高いと思います。決勝はダウンを奪って横山選手が勝つと予想しています」と同じく横山を優勝候補としてあげる。  また、トーナメントに期待することには「横山選手と中島選手は言わずもがなで、山本選手と友尊選手が当日どんな気持ちで試合するのかも見どころです。Krushスーパー・フェザー級は僕も巻いていたベルトなので、とても楽しみにしています」と山本と友尊の奮起にも期待。  第7代Krush同級王者の島野浩太朗(菅原道場)は、「僕の注目選手は山本直樹選手ですね。山本選手とは2018年3月に挑戦者決定戦という形で拳を交えていて、同じベルトを目指して戦った相手として注目しています。まずは準決勝の横山朋哉戦、山本選手が勢いのある横山選手がどんな組み立てで試合をするのかが楽しみです」と、戦ったことのある山本が気になるようだ。  朝久裕貴(朝久道場)は「横山朋哉選手が注目です。弟の泰央と試合をしている戦友ですし、トーナメント出場4選手の中で一番若いじゃないですか。あの若いからこその爆発力には僕も注目しています。今回のトーナメントは2022年最初のKrushで行われるトーナメントで。僕は注目選手として横山選手の名前をあげましたが、全選手とも自分のスタイルを貫いて最後まで戦ってほしい。僕はそういう試合を楽しみにしています」と、横山に注目しながらも4選手に自分のスタイルを貫いてほしいとメッセージを送る。  そして芦澤竜誠(DRAGON FISH)は「俺の注目選手は横山朋哉選手っすね。前回のトーナメント1回戦で確実に倒し切る強さを見たからです。中島千博選手がKO勝ち、横山選手が判定勝ち。決勝は中島vs横山になると思うんですけど、準決勝の横山選手のダメージ次第でどちらが優勝するか決まると思います」と、横山が準決勝で負うダメージ次第で優勝者は変わると予想。  トーナメントについては「各選手倒せるファイターだから、そこプラスレベルの高い駆け引きが見たいっすね」と、倒すファイトスタイルだけでなく駆け引きのテクニックでも競り合うところが見たいと語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事