MMA
レポート

【GLADIATOR】有川直毅が藤田健吾に判定勝ち。バンタム級で神田T-800周一が土肥”聖帝”潤に、福島啓太が竹本啓哉に判定勝ち。レッツ豪太引退セレモニーも

2022/01/28 16:01
 2022年1月23日(日)大阪府豊中市の176BOXにて「BODYMAKER presents GLADIATOR 016 in OSAKA」が開催された。  メインのフライ級戦で、GLADIATOR初参戦の有川直毅が上下の打撃とテイクダウンも決めて藤田健吾に判定勝ち。バンタム級では、神田T-800周一が、土肥”聖帝”潤の圧力をいなしてバックテイク、トップも奪い判定勝ち。福島啓太が竹本啓哉のバックからの極めを許さず打撃を入れて判定勝ち。さらにフェザー級では富田翔市が中川皓貴に判定勝ちしている。  第1部と第2部の間には、長谷川賢率いるPROGRESS提供グラップリングマッチが3試合行われた。トップ重視の「PROGRESSルール」はポイント制。オープンフィンガーグローブ着用で、フォークスタイル・レスリングとブラジリアン柔術の要素を採り入れをつつ、MMAで有利なポジションがポイントとなる。サブオンリーはノーポイントで一本決着のルールで行われた。  また、大会中にGLADIATORウェルター級初代王者で、PANCRASE第7代ウェルター級王者のレッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会)の引退セレモニーが行われた。レッツは「本当に幸せな格闘技人生だったと思います」とコメントに記している。  同大会は、生配信も行われ、14時開始のGLADIATOR 016は、公式YouTubeチャンネルにて1部・2部ともに生配信。PROGRESS提供試合は、ザ・ワンTV公式YouTubeにて生配信された。 [nextpage] 「GLADIATOR 016 in OSAKA」全試合結果&写真 【第2部】 ▼第15試合 フライ級 5分2R×藤田健吾(総合格闘技道場Reliable)56.50kg[判定0-3]〇有川直毅(K-PLACE)56.55kg [nextpage] ▼第14試合 バンタム級 5分2R×土肥“聖帝”潤(MIBURO)60.95kg[判定0-3]〇神田T-800周一(パラエストラ広島)61.15kg [nextpage] ▼第13試合 フェザー級 5分2R×中川皓貴(総合格闘技道場Reliable)65.75kg[判定0-3]〇富田翔市(パラエストラ天満)65.70kg [nextpage] ▼第12試合 バンタム級 5分2R×山口 翔(TEAM BANANA)60.75kg[2R 1分50秒 アームロック] ※キムラ〇秋田良隆(KING GYM神戸) [nextpage] ▼第11試合 バンタム級 5分2R×竹本啓哉(ALIVE)61.20kg[判定0-3]〇福島啓太(K-PLACE)61.10kg [nextpage] ▼第10試合 ストロー級 5分2R〇N.O.V(NOMAD/ENJOYGYM/WARDOGストロー級王者)52.10kg[1R 1分05秒 TKO]×蒔田伸吾(TKエスペランサ)52.00kg [nextpage] ▼第9試合 ライト級 5分2R〇井上啓太(GROUND CORE)69.65kg[1R 3分33秒 TKO]×春川広明(パラエストラ広島)69.90kg [nextpage] ▼第8試合 フライ級 5分2R×坪内一将(総合格闘技道場コブラ会)56.10kg[1R 1分11秒 リアネイキドチョーク]〇中西哲生(エキポセロ)56.35kg [nextpage] 【PROGRESS提供グラップリングマッチ】 ▼PROGRESSフォークスタイル・グラップリング (60kg契約)5分2R〇NavE(N★TRUST)59.80kg[判定6-3]×松本一郎(NR柔術)59.80kg [nextpage] ▼PROGRESSフォークスタイル・グラップリング (79kg契約)5分2R〇森戸新士(藤田柔術)77.05kg[2R 3分46秒 三角絞め]×濱村健(TRI.H Studio)78.85kg [nextpage] ▼サブオンリー・グラップリング(82kg契約)10分1R〇飯田建夫(フリー)79.05kg[1R 7分46秒 リアネイキドチョーク]×伊東元喜(柔専館)79.40kg [nextpage] 【第1部】 ▼第7試合 フェザー級 5分2R×伊賀GORI(N★TRUST)65.60kg[判定1-2]〇斎土泰斗(総合格闘技道場Reliable)65.45kg [nextpage] ▼第6試合 58kg契約 5分2R ※当日計量〇木村旬志(ゼロ戦クラブ)[1R 0分15秒 TKO]×荒木 凌(ロータス福岡/ACFバンタム級暫定王者) [nextpage] ▼第5試合 フェザー級 5分2R〇宋鬼子(総合格闘技道場コブラ会)65.10kg[判定3-0]×谷口軍曹(修斗ジムASH)65.30kg [nextpage] ▼第4試合 63kg契約 5分2R〇上荷大夢(TEAM AGENT)62.80kg[2 R0分47秒 キムラロック]×大和(格闘技 吉田道場)63.00kg ▼第3試合 バンタム級 5分2R→第2部へ秋田良隆(KING GYM神戸)60.80kg山口 翔(TEAM BANANA)※対戦相手変更※永輝亜(brotherFootTeamKZT)が脱水症状により病院搬送 [nextpage] ▼第2試合 ウェルター級 5分2R〇森井 翼(パラエストラ天満)76.85kg[1R 0分38秒 TKO]×那須“独歩”育夫(TKエスペランサ)76.50kg [nextpage] ▼第1試合 フェザー級 5分2R×大和(BLOW GYM)65.35kg[2R 2分18秒 リアネイキドチョーク]〇桑本征希(SMOKER GYM)65.65kg [nextpage] ▼オープニングファイト第2試合 フライ級 5分1R×新地魁夢(総合格闘技道場コブラ会)56.15kg[判定1-2]〇小田魁斗(CARPEDIEM福岡)56.10kg ▼オープニングファイト第1試合 フェザー級 5分1R〇一輝(brotherFootTeamKZT)65.35kg[判定3-0]×拳也(シークレットベース ドミネート)※※計量1回目67.70kg→2回目66.65kg※850kgオーバーイエローカード2枚からスタート ※前日計量で、バンタム級の2選手が「減量による脱水症状で病院搬送」。第2部の山口翔(TEAM BANANA)と対戦予定だった神野翼(brotherFootTeamKZT/元WARDOGバンタム級王者)と、第1部で秋田良隆(KING GYM神戸)と対戦予定だった永輝亜(brotherFootTeamKZT)が欠場し、代わりに両選手と対戦予定だった山口と秋田が第2部第12試合で対戦した。また、グラップリングマッチ出場予定だった佐々木信治は新型コロナウイルスの影響で欠場となっている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア