MMA
ニュース

【RIZIN】倉本一真「エグい試合をする」vs.加藤ケンジ「自分勝手にやる」、新居すぐる「強いバウンサーに」vs.山本空良「最初から最後までコントロールする」=2月23日(水・祝)静岡

2022/01/21 23:01
 2022年2月23日(水・祝)静岡のエコパアリーナにて開催される「RIZIN TRIGGER 2nd」の対戦カード発表会見が、1月21日(金)RIZIN FF公式YouTubeチャンネルにて配信され、フェザー級戦のクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)vs.佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイトチーム)のほか、下記2カードが発表された。 ▼バンタム級(61.0kg)5分3R加藤ケンジ(3POUND K.O.SHOOTO GYM)倉本一真(リバーサルジム新宿MeWe)  バンタム級(61.0kg)で、浜松の加藤ケンジ(3POUND K.O.SHOOTO GYM)が2020年2月の金太郎戦以来となる静岡県内での大会に参戦。“投神”倉本一真(リバーサルジム新宿MeWe)と対戦する。  加藤は、2020年2月の浜松大会でRIZIN初参戦。金太郎に1R リアネイキドチョークで敗れるも、2020年8月に山本アーセンを1R 右フックでKO。2021年は1月の修斗で藤井伸樹に判定負けも、5月に坂巻魁斗にTKO勝ち。前戦11月の「RIZIN TRIGGER 1st」ではRIZIN初ケージのなかで、藤原克也を2R TKOに下し、2連勝を飾っている。  修斗で環太平洋ランカーである倉本との対戦に向け、加藤は「こんにちは、3POUND K.O.SHOOTO GYMの加藤ケンジです。『RIZIN TRIGGER』 2大会連続オファーどうもありがとうございます。対戦相手が誰であろうと自分のファイトスタイルは変わらないので、自分勝手にやろうと思います。2年ぶりの地元・静岡での開催、2年前の悔しさ(浜松大会で金太郎に一本負け)は忘れていないので、必ず勝って次のステップに進みます。ファンの皆さん楽しみにしていて下さい」と、「自分勝手」に戦うとした。  対する倉本は、元グレコローマン60kg級全日本選手権3連覇。ジャーマンスープレックスの使い手で、2018年の修斗にて投げを武器にプロMMAデビュー。2019年11月の修斗では、実力者・根津優太に計8度のジャーマン・スープレックスを成功させ、3RTKO勝ちを収めた。2020年5月、「修斗世界バンタム級暫定王座決定戦」で岡田遼と対戦、2RKO負けにより王座獲得ならず。プロ初黒星を喫した。  2020年12月31日、RIZIN初参戦で中原太陽を1R、サッカーボールキックでTKO。2021年6月のRIZIN2戦目では、バンタム級JAPANグランプリに出場。1回戦でアラン“ヒロ”ヤマニハに判定負けを喫している。  2022年1月11日には グラウンド打撃ありの変則グラップリング大会「IRE」に参戦。スタンドから片ヒザを着けた「グラウンド状態」から、掌底アッパーを効かせるなど、衝撃のKO劇で周囲の度肝を抜いた。RIZIN3戦目で、果たしてOFGでも掌底を使った攻撃を見せるか。  倉本にとってRIZINでは初の金網戦に向け、「2月23日のRIZIN TRIGGERに呼んでいただきありがとうございます。対戦相手は加藤ケンジ選手。去年、自分はバンタム級トーナメントで負けて死ぬほど悔しい思いをしたので、今年はまずこの試合をしっかり勝って進化した自分の存在をアピールしたいと思います。万全の状態で試合に挑めるようしっかり仕上げます。当日はインパクトあるエグい試合をしますので楽しみにしていてください」と、激勝を予告している。 ▼フェザー級(66.0kg)5分3R新居すぐる(Potential)山本空良(パワーオブドリームジム)  メインのクレベルvs.佐々木と同じフェザー級で、新居すぐる(Potential)と山本空良(パワーオブドリームジム)の北海道出身ファイター2人が対戦。 “コンバ王子”こと新居すぐるは、高校柔道北海道大会優勝。THE OUTSIDER、GLADIATOR等を経て、PANCRASEで4勝5敗。2019年11月の田中半蔵戦のスプリット判定負けから、約2年のブランクが空いたが、2021年10月にRIZINに初参戦し、中村大介に1R 腕十字で一本負け。2連敗から再起を目指す。  新居は、「RIZIN TRIGGERに参戦することができて嬉しいです。前回はプロレスラーの熱いおっちゃん(中村)にコテンパンにされて、見事『あのバウンサーは弱い』のレッテルを貼られたと思います。ただ、僕もアホじゃないんでもう一度チャンスもらえた時のためにバウンサーの仕事を週一にして他の時間は練習に注ぎ込んできました。あの試合からたった4カ月ですが、今度こそ強いバウンサーの姿を見せるので、是非もう一度僕の試合を見て欲しいです。勝つのはもちろんですが、会場を沸かせます。前回負けて沸かせてしまったので、今回は勝って沸かせます! 宜しくお願い致します!押忍」とのコメントを発表。  対する山本は、元UWFインターナショナル、元キングダム、元リングスで元UFC-Jミドル級王者・山本喧一の次男。2018年5月の『ZST/SWAT165』で須貝秋彦相手にプロデビュー戦、1Rに三角絞めで一本勝ち。2戦目となった8月のZSTでは松本大輔に1Rフロントチョークを極め、2試合連続1R一本勝ちを決めた。  その後は勝ち負けを繰り返したが、2019年7月から3連勝を飾ると2021年4月のFighting NEXUS初代フェザー級王者決定トーナメント決勝で須貝秋彦と再戦し、右ハイキックをヒットさせ1R40秒TKO勝利、そして初代フェザー級王者に輝いた。2021年10月の『Road to ONE』では野尻定由に判定勝ち、5連勝と勢いに乗っていたが、2021年11月の「RIZIN TRIGGER」でKNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王者の鈴木千裕に判定負け。TRIGGER2戦目で勝利を掴むことが出来るか。  山本は「またRIZINに出させてもらえてとても嬉しいです。前回は判定負けをしてしまいましたが、とてもいい経験が積めました。前回の試合からより一層、成長できたと思います。今回の試合では前回よりも積極的に攻めて行こうと思います。狙うは1R決着です。最初から最後まで試合をコントロールし続けます。格闘技ファンの方々に楽しんで頂けるような試合を出来るよう頑張ります」と1Rフィニッシュを宣言した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事