キックボクシング
レポート

【ホーストカップ】大石駿介がレイ・セフォーからの刺客をボディで悶絶KO! 4人のK-1レジェンドも登場

2019/05/27 22:05
【ホーストカップ】大石駿介がレイ・セフォーからの刺客をボディで悶絶KO! 4人のK-1レジェンドも登場

2019年5月26日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールにて『グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA 6』が開催された。

「ナゴヤチャンピオンカーニバル& LEGEND DNA FIGHT」がテーマの今大会では、各団体から総勢11人ものチャンピオンが参戦。さらにアーネスト・ホースト、ピーター・アーツ、レイ・セフォー、武蔵らK-1ヘビー級レジェンドファイターのDNAを受け継ぐ愛弟子たちが出場した。


 大会のオープニングではそのレジェンド4人がリングに揃って登場。それぞれ次のように大会とファイターたちへの期待を語った。

ホースト「オス! ホーストカップの開催規模がどんどん大きくなっているのが大変嬉しいです。そしてK-1(FEG体制の旧K-1)が終わってもまだまだ僕たちの人生は続いています。これからもまた日本にみんなで来られることを楽しみにしています」


アーツ「ミナサンコンニチハ。今日は僕の兄弟と言えるレジェンドの選手たちと一緒です、僕のキックボクシング人生の中で、長い歴史を持つ彼らと今一緒にリングに立っていることが幸せです」

セフォー「ミナサンコンニチハ! イェーイ! アリガトウネ! 今日は先ほどホーストと控室でたくさん語り合いました。そして僕の人生で大切な選手たち、武蔵、アーツ。今日は僕の人生で最高の日になりました」

武蔵「前回に引き続きまたレジェンドファイターが集まりました。めちゃめちゃ贅沢な大会だと思います。レジェンドのDNAを受け継ぐファイターと、それを迎え撃つ日本人ファイターとの戦い、みなさん一緒に楽しみましょう」

▼メインイベント第12試合 LEGEND DNA FIGHT 64kg契約3分3R・延長1R
〇大石駿介(OISHI-GYM/ISKA世界ムエタイスーパーライト級王者)
KO 1R2分58秒 ※左ボディブロー
●リー・コ―ベル(レイ・セフォー推薦/PFL/WFKKO世界ライト級王者/XFS世界Sライト級王者/UCF世界フェザー級王者)


 メインイベントで地元名古屋が誇るISKA世界王者・大石と激突するのは、かつてK-1で“南海の黒豹”と呼ばれ活躍したレイ・セフォーが自信を持って送り出すファイター、イギリスのコーベル。キック戦績70勝15敗1分、MMAでも2勝2敗のキャリアを持ち、90年代にキックで活躍し8度の世界王者に輝いたラモン・デッカーに師事したこともあるという。


 地元名古屋の期待を背負い、さらにこの日6人が出場したOISHI-GYMの総大将として大石がこのセフォーからの刺客を迎え撃った。


 1R、ミドルキックを放つコーベルに大石もボディブローを返す。ワンツーからミドルのコンビネーションで攻めるコーベルに対し、大石はしっかりとガードを固めると、コーベルをコーナー詰めてさらにボディへパンチ、さらにヒザも脇腹へ突き刺す。


 パンチを返すコーベルに大石は前蹴りとジャブで距離を測ると、またも強烈な左ボディ! ドンッという音が響くとコーベルは苦悶の表情を浮かべうずくまるようにダウン。何とか立とうとするも10カウントとなり、大石が王者の貫禄を見せる圧巻のKO勝利で大会を締めくくった。


 試合後マイクを持った大石は「今日OISHI-GYMから6人が出場して、ずっと言っていたジム全勝は叶わなかったけど、負けても熱い戦いを見せてくれた後輩たちを誇りに思います。僕も今年30歳になって現役生活もそう長くないと思うんですけど、残りの現役生活を後輩たちと走って行きたいのでみなさん応援よろしくお願いします」と、仲間たちの健闘を称え、同時に自身のキャリアの集大成が近いことについても語った。

▼セミファイナル第11試合 EXルール 62kg契約 3分3R・延長1R
〇高橋一眞(NKB真門ジム/NKBライト級王者)
TKO 3R41秒 ※ヒジによるカット→ドクターストップ
●小川 翔(OISHI-GYM/HOOST CUP日本Sライト級王者)


 セミファイナルはチャンピオン同士の対決。2012年のK-1甲子園王者にしてHOOST CUP日本スーパーライト級王者の小川が迎え撃つのは、キックの舞台で活躍する高橋三兄弟の長男で、そのアグレッシブなスタイルから「怒突き合いお兄ちゃん」の異名を取るNKBライト級王者・高橋。タフな小川とは激戦が予想された。


 1R、ミドルキックの小川に高橋はジャブからローにつなぐ。小川もインローを返すが、高橋はイン、アウトとローキックを打ち分けて何度も快音を響かせる。小川は高橋のパンチをガードしてミドルを当てていく。


 2R、小川はローとミドルの他にヒザへの関節蹴りも多用して距離を制す。高橋はヒザ、ヒジも混ぜながら、小川のローに合わせてジャブを刺す。小川はミドルを中心に攻めるが高橋もミドルを返す。


 3R初めから両者積極的に前へ出る。同時にワンツーを放つ場面も。パンチだけでなく互いにヒジも振るっていく中で、高橋がパンチから小川のガードの隙間を狙って右の縦ヒジ。これが見事に決まり小川が額から出血。ドクターチェックが入るもすぐに続行不可能と判断され、高橋が技ありの勝利で王者対決を制した。


 マイクを持った高橋は「今日は強敵の小川選手でしかも敵地に乗り込んで来ての試合で、やってみたらやっぱり強い。1Rからやりにくいなと思っとって、もう最後セコンドに『ダウンしていいから前出るわ』って言ってヒジだけ狙って行ったら練習しとったヒジがバチーン決まって。思い通りの勝ち方になりました、もうほんまに最高の日です」と、喜びながら勝利を決定づけたヒジについての作戦を明かした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事