キックボクシング
ニュース

【RIZIN】3度目の参戦となる政所仁「レベルの差を見せつけて、早い段階で倒したい」初のケージは「閉所恐怖症なので怖い」

2021/11/26 14:11
 2021年11月28日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール『RIZIN TRIGGER 1st』の出場選手オンライン個別インタビューが26日(金)に行われた。  第5試合のRIZINキックボクシングルール53.0kg契約3分3Rで、平松侑(岡山ジム)と対戦する政所仁(魁塾)は、「インパクトのある勝ち方をして次につなげられればいいなと思います」と意気込んだ。 (写真)飛び技や回転技など独特のファイトスタイルを持つ政所 政所はRIZINでKNOCK OUTフライ級王者・石井一成にも勝利したことがあり、止まらない手数とバックハンドブローなど相手の意表を突く技を繰り出す。2018年11月にJ-NETWORKフライ級王座を獲得。2019年5月に田丸の初防衛戦で挑戦して判定で敗れているが、11月には一貴の弟・大崎孔稀からダウンを奪い、殊勲の勝利を収めた。しかし、2020年7月大会で大崎一貴とのスーパーフライ級王座挑戦者決定戦で敗れる。今年開催された「RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント」では準決勝の風音戦で敗退。戦績は15勝(4KO)9敗。 (写真)2017年10月のRIZINでは石井一成(右)から番狂わせの勝利を収めている 9月のトーナメントで敗れて以来の試合となり、「あの試合で足りなかったところが何個か見つけられたので、こまかいところを練習してきました。RISEのあのトーナメントに出ていたって気持ちがあるので、レベルの差を見せつけて、早い段階で倒したいです」と、国内の実力者ばかりが集まったハイレベルなトーナメントに参加していた誇りを胸に戦いたいとする。  対戦相手の平松は7歳から極真空手を始め、10歳の時に岡山ジムでムエタイに出会った。アマチュア時代は107戦76勝31敗と大きく勝ち越し、SMASHERS 45kg級王者になるなどアマチュアで6冠を達成。プロになってからは現在までに5勝7敗3分(2021年11月)と負けが先行しているが、2021年1月にはINNOVATIONバンタム級王座を獲得している。得意技は左ミドル。朝倉未来を尊敬しているという。  その平松について政所は「今回の試合が決まって初めて知りました。何試合かしか動画が上がってなかったんですが、ムエタイベースな感じの印象ですね。最近の試合しか見れてないのであまり分からないんですが、サウスポーで身長が高い。蹴り技が得意かなという印象です」と評する。  ケージでの試合は初めて。「あまり細かいことは考えてないんですが、コーナー際とかはロープのリングとは変わって来ると思うのでそこは考えてはいます。特に想定まではしていないですが、ジムはリングがなくて壁なので、まだリングでやるよりはケージっぽいかなと思いますね」と、普段の練習からケージに近いのではと笑った。  やってみたかったかとの問いには「それはあまりなくて。閉所恐怖症なので怖いなって感じなんですが、楽しみです」と、実は閉所恐怖症だという。  それでも「やりにくいタイプではないですね」と言い、「早い段階で倒せたらいいかなと思っています」と早期決着を目指す。「RIZINでは負けたことがない(過去2勝)ので、今回もしっかり勝って。まだRIZINではKOがないのでKOしたいですね」とKOを見せたいとする。  また、第3試合に出場する百花とはいとこで、政所一族としての意気込みを聞くと「百花が3試合目なのでつなげてくれると思うので、僕もその勢いに乗っかってしっかりKOで勝ちたいと思います」と、2人で大会を盛り上げたいと語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事