MMA
インタビュー

【Bellator】堀口恭司が語ったこと「ハッキリ言って『俺がいなかった(時に獲った)タイトル』でしょ? だからすぐにでもやりたい」

2021/10/21 19:10

自分にとっては、やりやすい相手(堀口)

 セルジオは、正確な左ジャブ、右ストレートのコンパクトなワンツーを当てて、前王者のアーチュレッタの変則的な打撃を巧みに捌いてペースを奪った。

 堀口は「セルジオ・ペティスは、言ってしまえばベーシックなスタイル。自分にとっては、やりやすい相手かなとは思います」と言う。

 13歳で少年テコンドーの世界王者になったセルジオはボクシング、ムエタイとテコンドーを融合させた“ペティスコンドー”も開発中というが、堀口は「たまに回転技も出しますよね」と意に介さない。

「たぶん自分の戦い方って、(セルジオにとっては)すごくやり辛いと思うんですよね。自分は的を絞らせないんで、相手は出しにくくなる。そのなかで、ベーシックな相手の軸をどう崩していくか」と、伝統派空手をベースとした唯一無二の打撃スタイルは、対セルジオにおいても相性がいいと語る。

「アーチュレッタが出来なかったことを自分はしたいと思います」という堀口は現在、アメリカントップチーム(ATT)で、デメトリアス・ジョンソンにTKO勝利した現ONEバンタム級王者アドリアーノ・モライシュや、UFCでマネル・ケイプ(12月4日 vs.ザルガス・ズマグロフ)を降したアレッシャンドリ・パントージャ、Titan FC王者でBellator初陣を飾ったダニー・サバテーロら、世界の強豪と練習を積んでいる。

「アドリアーノとかは、試合がなくてもほぼ毎日ジムに来ていますし、ATTにはいろんなタイプの選手がいて、試合によってパートナーを変えることもできるので、そういう点でもベストなジムなんじゃないかなと思います。いろんな選手を相手に柔術、レスリング、キックボクシング、ボクシング……どれで勝負しても大丈夫なように、全てのレベルを上げています」と、約11カ月ぶりの試合に向けて語る。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント