EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
レポート

【DEEP JEWELS】にっせーが古瀬にTKO勝ち! ミッコがケイトに競り勝つ、竹林が井上に判定勝ち、村上がちびさい極める

2021/09/04 18:09
【DEEP JEWELS】にっせーが古瀬にTKO勝ち! ミッコがケイトに競り勝つ、竹林が井上に判定勝ち、村上がちびさい極める

(C)ゴング格闘技

 2021年9月4日(土)東京・新宿FACEにて『skyticket Presents DEEP JEWELS 34』が開催された。「主役、私」と題された今大会で、試合後に勝者として笑うのは誰か。同大会はSPWNにてPPV生配信された

DEEP JEWELS 34 速報

2021年9月4日(土)新宿FACE
開場/17:30 開始/18:00(※12時から当日券販売、SPWNにてPPV生配信
※昼12時30分から「DEEP JEWELSアマチュア」開催

▼メインイベント 第6試合 DEEP JEWELSアトム級 5分2R
×古瀬美月(K-PLACE)46.85kg
[2R 4分13秒 TKO] ※パウンド、タオル投入

〇にっせー(フリー)47.55kg

にっせー
「沖縄から来ました。明日はメインイベントらしく一番会場を盛り上げて自分自身楽しんでいきたいと思います」

古瀬
「久しぶりの復帰戦になるのですが、とてもコンディションがよくいい試合ができると思います。言いたいことはたくさんありますが勝ってリングの上で言わせていただきます」

 1R、先に右ローはにっせー。サウスポー構えの古瀬を詰めて四つに組むとヒザ。互いに右差し。バック狙いのにっせーに左で小手に巻き凌ぐ古瀬が内股で崩してからボディロックテイクダウン。しかし、にっせーもすぐにコーナー使い立つと、再び厳しい四つ組みに。

 左で差してテイクダウンは古瀬だが、リバースするにっせーが腕十字へ。頭にかかる足を外して逃れて上になる古瀬だが、にっせーは三角狙いから再び腕十字に。さらにマウントを奪い、パウンドも古瀬はゴングに救われる。

 2R、サウスポー構えから右の蹴りは古瀬。にっせーは頭から突っ込みダブルレッグに行くが、がぶり右で差して押し込むのは古瀬。ボディロックからテイクダウンし、ハーフガードから背中を着かせて右でパウンド。

 亀になるにっせーは古瀬の腕を巻き込んでアームバー狙いからスイープ! マウントを奪うと下からシザーズを狙う古瀬の足を外し、脇を開けさせ、パウンド! 下からの足もかからず打たれ続ける古瀬を見て、セコンドがタオルを投入した。2R 4分13秒、にっせーがTKO勝ち。

 試合後、にっせーはリング上で、「沖縄から来ましたにっせーです。コロナ禍のなか試合を開催してくださりありがとうございます。応援に来てくれた家族やアマチュアから応援してくれるファンの皆さん、ありがとうございます。ライブ配信の皆さん、勝ててよかったです。沖縄から世界チャンピオンになることが目標でやっています。RIZINに出ている選手でちょっと怖かったんですけど、その目標にちょっと登れて、RIZINにもちょっと近づけたと思います。自分は世界チャンピオンになります。応援よろしくお願いします」と挨拶した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント