K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】メインの吉岡ビギンが1.3kgオーバー、再計量でのパスを目指す=他は1度目でパス

2021/08/20 13:08
【Krush】メインの吉岡ビギンが1.3kgオーバー、再計量でのパスを目指す=他は1度目でパス

吉岡が1.3kgオーバー、再計量でのパスを目指す

 2021年8月21日(土)東京・後楽園ホール『Krush.128』の前日計量&記者会見が、20日(金)都内にて13:00より行われた。

 メインイベントで行われる「第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント」1回戦で璃明武(=りあむ/K-1ジム総本部チームペガサス)と対戦する、第6代Krushバンタム級王者・吉岡ビギン(team ALL-WIN)が56.3kgでスーパー・バンタム級リミットの55.0kgを1.3kgオーバー。


(写真)対戦相手の璃明武は54.9kgでパス

 吉岡は3月のバンタム級王座初防衛戦で1.8kgオーバーで再計量でのパスを目指したが、54.3kgで15:00の最終リミットまでに落とせずタイトルははく奪。今回、階級を上げての再起戦となったが、再び15:00までの最計量でのパスを目指すこととなった。

 なお、吉岡は2020年12月の「第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント」準決勝・決勝戦でも700グラムオーバーしたことがあるが、この時は最計量でパスしている。

 その他の「第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント」出場7選手、ワンマッチ出場選手は全員が1度目でパスしている。

▼第8試合 第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
吉岡ビギン(team ALL-WIN/第6代Krushバンタム級王者)=56.3kg
璃明武(=りあむ/K-1ジム総本部チームペガサス)=54.9kg

▼第7試合 第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
小巻海斗(真樹ジムAICHI)=54.8kg
黒田勇斗(K-1ジム心斎橋チームレパード)=54.9kg

▼第6試合 第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
小倉尚也(スクランブル渋谷)=54.8kg
内田晶(チーム・タイガーホーク)=54.9kg

▼第5試合 第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
鬼山桃太朗(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/Bigbangスーパーバンタム級王者)=55.0kg
愛瑠斗(=えると/健成會)=54.9kg

▼エキシビションマッチ 2分2R
MIO(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
松谷 綺(=まつたに・きら/ALONZA ABLAZE)

▼第4試合 Krushバンタム級 3分3R延長1R
池田幸司(ReBORN経堂/K-1カレッジ2019 -55kg王者)=52.9kg
峯 大樹(若獅子会館/RKSバンタム級王者)=52.8kg

▼第3試合 Krushスーパー・フェザー級 3分3R・延長1R
遠藤信玄(Capture the flag)=59.9kg
斎藤祐斗(JK TRIBE)=60.0kg

▼第2試合 Krush女子ミニマム級 3分3R・延長1R
C-ZUKA(T-GYM)=47.9kg
KAI(ファイティスジムMSC)=47.9kg

▼第1試合 Krushスーパー・ライト級 3分3R・延長1R
斉藤雄太(K-1ジム五反田チームキングス)=65.0kg
大野祐志郎(ALL-WIN team 華王州)64.5kg

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント