K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【KRUSH】中国vs日本の5対5対抗戦に選手派遣=「カンフー佛山中日対抗戦」

2019/05/08 23:05
 2019年5月17日(金・現地時間)中国・広東省佛山市の佛山市南海体育館(約3,500人収容)で開催される『カンフー佛山中日対抗戦』に、KRUSHから吏羅(=りら/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)、高下由暉(team Ares)、竜樹(WSRフェアテックス九州)の出場が決まった。  この3選手に勇二(WSRフェアテックス九州)、工藤卓也(SHINE沖縄)を加えた日本チーム5人vs中国チーム5人による中国vs日本の5対5対抗戦が行われる。  吏羅は全日本テコンドー選手権大会2連覇(最優秀選手賞)、全九州テコンドー選手権大会7回優勝の実績を持ち、プロ戦績は1勝(1KO)1敗。高下はプロ戦績2勝4敗、竜樹はプロ戦績2勝2敗2分。 <イベント概要>名称:カンフー佛山中日対抗戦日時:2019年5月17日(金)会場:中国広東省佛山市・佛山市南海体育館(約3,500人収容)協力:チャイニーズ・ファイティング・プロモーション(CFP) <対戦カード> 第1試合 -70kg/中国vs中国第2試合 -65kg/ワン・ヨン(中国)vs高下由暉(日本/team Ares) 第3試合 -70kg/中国vs中国第4試合 -60kg/リー・ユェンクン(中国)vs竜樹(日本/WSRフェアテックス九州)第5試合 -57kg/シャーテーク―アラ・ウーマンアルアラ(中国)vs勇二(日本/WSRフェアテックス九州)第6試合 -65kg/中国vs中国第7試合 -57kg/グゥオ・ウェンジエ(中国)vs吏羅(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) 第8試合 -62kg/ジャン・ランペイ(中国)vs工藤卓也(日本/SHINE沖縄) ※中国vs日本の対抗戦5試合、中国選手同士の3試合、全8試合を予定。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事