MMA
インタビュー

【RIZIN】GP1回戦最後の激闘、金太郎「がむしゃらでも最後までやることに意味があった」×伊藤空也「また呼ばれる機会があれば、いい試合して次は勝ちたい」

2021/06/28 11:06
 2021年6月27日『RIZIN.29』で、バンタム級GP1回戦・大阪ラウンドが行われ、金太郎、大塚隆史、瀧澤謙太、アラン“ヒロ”ヤマニハの4選手が、2回戦に進出した。  東京ラウンドでの勝者・朝倉海、井上直樹、扇久保博正、元谷友貴の4選手と併せ、計8選手が9月19日のさいたまスーパーアリーナ大会で2nd ROUNDの4試合に臨むことになる。  2nd ROUNDの組み合わせは「抽選会にするのか、主催者の方でマッチアップするのか、早急に決める」と榊原CEOは発表しており、さらに敗者からリザーブマッチの選手も選出される予定だ。果たして、どんな組み合わせで、誰がリザーブマッチとなるか。  まずは、大阪大会でのGPベストバウトとも呼ばれたセミファイナルでの バンタム級トーナメント1回戦 金太郎vs.伊藤空也(BRAVE)戦を振り返り、両者のコメントを紹介したい。  金太郎は、2020年2月にRIZINデビュー、加藤ケンジにリアネイキドチョークで一本勝ちも、9月のRIZIN.24では瀧澤謙太と激闘の末、スプリット判定負け。地元で再起を目指す試合だった。  伊藤は、第6代GRACHANバンタム級王者としてGPに参戦。禅道会空手を経て、MMAデビュー。会社を退職し、BRAVEの宮田和幸に弟子入りし内弟子として練習に励み、2020年9月にGRACHANバンタム級王座決定戦で獅庵に判定勝利し戴冠した。得意の打撃と磨き上げたレスリング力、無尽蔵のスタミナを武器に、下馬評を覆す覚悟でセミファイナルの試合に臨んだ。  予告通り、ラッシュガード無しでリングインした金太郎。試合は、踏み込みが速い伊藤に対し、サウスポー構えの金太郎は左の攻撃で強打を振ると、1Rからテイクダウン。2Rも手数が多い伊藤に、左のヒザで伊藤を迎撃する金太郎。  3Rは、バランスを崩した金太郎に伊藤がダブルレッグテイクダウンを決めるも、金太郎の身体がロープ外に出る不運もあり、再開かれ逆に金太郎ががぶりで上に。しかし最後に伊藤もリフトしての力強いテイクダウンを見せるなど、白熱の攻防に。  判定は3-0で有効打を当てて金太郎が勝利した。しかし、強打を受けても怯むことなくファイトした伊藤にも大きな拍手が送られたGP1回戦最終マッチとなった。  2回戦進出を決めた金太郎は、リング上で「すみません。今日は“らしい”試合が出来ず申し訳ないです。今日は絶対勝ちたかったんでこういう試合になりました。次はしっかりKO出来るようにまたやります」と挨拶。  その後、バックステージでのインタビューで、「怪我とかが多くて練習できない期間が多すぎた」と調整に難があったことを吐露。同時に、「試合に甘い感覚で行ってたのが問題やったかなと。もっと楽に勝てるやろとか思ってたんですけど。ちょっと考えが甘かったですね。自分の個人的な問題というか、作り方がミスってたと思います」と、1回戦の相手を甘く見ていたと反省した。  対する伊藤は、「(金太郎が)打撃で来るかなと思っていたんですけど、まさかタックルで来たのは予想外でした。組みがめちゃくちゃ強くて地力で持ち上げられて、寝技で下になったんで、1R目で、結構焦りましたね」と、金太郎の隠れたストロングポイントである組み技の展開が序盤から仕掛けられたことを「予想外」と振り返った。  また、一方で「パンクラスとか修斗とか、あんまり関係ないと思ってる。そこは自分もGRACHANのチャンピオンなんで気にした事はない」と、老舗団体に対し、新興ながら王者の矜持を見せ、今後について、「根本的な柔術の技術で際で勝てるようにしたい。打撃も細かい部分で修正が必要なので直したい」と前を向いた。  存在感を示した伊藤は、リザーバーの候補となるか。両者の試合後の一問一答全文は以下の通りだ。 [nextpage] 金太郎「もっと楽に勝てるやろとか思ってたけど、考えが甘かった」 ──試合終えた率直な感想からお願いします。 「思ってたより相手が強かったですね」 ──試合を終えて、対戦相手の伊藤選手の印象は? 「戦前とは違いましたね。何やろ、うーん、何すかね。思ってたより、打撃上手かったなと思いました」 ──今後の展望は? 「今日の試合じゃ、ちょっと、ファンの人とか、応援してくれてる人に期待を持ってもらえないと思うんで、ちょっと考えてしっかり次の試合に、 オレが必要やなっていうのを見せれるように、そういう練習に取り組んでいきたいと思います」 ──2回戦の対戦相手の希望は? 「次に戦いたい相手は大塚選手とか。前なんか喧嘩売って来てたと思うんで、それは、売られた喧嘩は買いたいなと思っています」 ──今回、思っていた試合にならなかった理由は? 「今日はちょっと個人的にダメやったなあっていうか。この試合が決まったときから、自分的にアカンかったというか、あんまりノッてなかったんで、そういうところで、試合に甘い感覚で行ってた。そこが問題やったかなというか、もっと楽に勝てるやろとか思ってたんですけど。ちょっと考えが甘かったですね。自分の個人的な問題というか、(試合までの)作り方がミスっていたと思います」 ──相手を舐めてた? 「舐めてたというか、ちょっと練習できない期間が多すぎて。いろいろ怪我とかが多くて。そこで、やれることはやってたんですけど、あんまり練習してなかったんで」 ──本領発揮は2回戦からになりそうですか。 「そうっすね、そう思ってもらえたらいいかと思います。次は、気持ちの面からノリノリで作っていきたいと思います。いったん休憩します」 ──腫れた目の具合は? 「目は今から病院行きます」 ──大塚選手をどうやって倒しますか。 「今日の試合の感じだとダメなんで、試合で本来の動きが出来るように、そういう練習をしていきたいです」 ──大阪RIZINの会場の雰囲気は? 「会場は、あんまり見てないんで、誰が来ているとかもあんまり知らないんです。東京でも大阪でもどっちでもいいんで、全国の皆さんに熱い試合を届けれるように今後も頑張っていきたいと思います」 ──試合前はナーバスになっていましたか。 「試合前は……今回はそうっスね。ちょっと緊張してたスね。試合が決まってからもあんまり自分らしくなかった、怪我とかも多かったんで、ノレなかったというか。がむしゃらでも最後までやるってことに意味があったと思うんで、そういう意味では成長していたと思うから、これからに期待して欲しいです」 ──スタミナはいかがでしたか? 「スタミナは、めちゃくちゃ切れてましたよ、実は。切れてないように見せてただけで。ちょっと力んだりとかしてました」 ──地元に帰ったらどうしますか? 「今からとりあえず病院行って、ミナミで打ち上げします。あ、閉まってるわ(苦笑)」 [nextpage] 伊藤空也「根本的な柔術の技術が必要かもしれない」 ──試合を終えた率直な感想を。 「ちょっと拳と右足の甲が痛い、という感じです。あとは負けちゃったんでちょっと悔しいな、と思います」 ──試合を終えて、金太郎選手の印象は変わりましたか。 「そうですね……まあ予想通りだったんですけど、ただ組みがめちゃくちゃ強くて、技術っていうか、地力が(あって)、本当に持ち上げられて、寝技で下になったんで、1R目で結構焦りましたね」 ──初のRIZINの舞台の感想は? 「ああもう、最高でした。気持ちも上がったし、本当、何だろう、国内最高峰の舞台なんで、そこで試合できるのが幸せでした」 ──今後の展望については? 「今回の試合で課題も見つかったんで、そこはしっかり改善して、あとは本当に、また呼ばれる機会があるか分からないんですけど、呼ばれれば、いい試合して次は勝ちたいですね」 ──金太郎選手の動きで思っていた以上だったものはありましたか。 「やっぱ組み力というか、上からのプレスっていうか、漬け力がすごかったっすね」 ──最初から組んでくる戦い方は予想外だった。 「打撃で来るかなと思っていたんですけど、まさかタックルで来たのは予想外でしたね」 ──金太郎選手はパンクラスなどでも名を馳せている選手ですが、そういった修羅場を潜り抜けている選手だなという感じはしましたか。 「パンクラスとか修斗とか、あんまり関係ないと思っています。そこは自分もGRACHANのチャンピオンなんで。別に気にした事は無いですね」 ──今後、RIZINで勝ち上がっていくために何が自分に必要だと考えますか。 「根本的な柔術の技術かもしれないですね。上からプレスされて、そこから際で勝てればいいし、あとは打撃でも、もうちょっと細かい部分で修正が必要だとセコンドからアドバイスがあったんで、そこは直したいですね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事