MMA
インタビュー

【RIZIN】大塚隆史、進化に自信「前回とは別の自分がいるので、前の映像をもっとたくさん見てくれて大丈夫」

2021/06/26 18:06
 2021年6月27日(日)丸善インテックアリーナ大阪『Yogibo presents RIZIN.29』に出場する全選手のオンライン個別インタビューが、25日(金)に行われた。  第11試合のバンタム級トーナメント1回戦5分3Rで、元DEEPバンタム級&フェザー級王者・大塚隆史(T-GRIP TOKYO)と対戦する獅庵(パラエストラ大阪)が、インタビューに答えた。――現在の心境は? 「リラックスしてます」 ――対戦相手の印象は? 「もう何度も言ってるんですけど、打撃で勝負してくる選手なのかなと」 ──先日の東京ドーム大会でのバンタム級GP1回戦の結果についてはどう思いましたか? 「勝つ人が勝ったんだなという感じですかね、特別思うことはなかったです」 ──どのような試合展開になると予想? 「なるようになるんじゃないかな。どの場面でも勝負するし、自分のほうが勝ると思っています」 ──久々のRIZIN出場でGPになりました。前回のGP(2017年のバンタム級世界GP)から今回に活かしたいことは? 「前回のGPから学ぶことはないかな。全く別だと思っているので。アンソニー・バーチャック、カリッド・タハとやれたのは僕の中でもいい経験ではありましたけれど、今回に活かすことはないです。今回はまた別」 ──前回のGPで対戦したカリッド・タハもアンソニー・バーチャックもUFCに戻った中で焦りはある? 「いや別に、そこは思わないですね。でもやっぱり、自分と戦った選手なので、UFCへ行って頑張って欲しい気持ちはあります。何で俺が、とは思わないですね。バーチャックと戦った時に、UFCあがりでこっちきたことは意識しました。自分のレベルを知れるというか」 ──前回のGP準決勝で敗れた石渡伸太郎選手が今回は1回戦で敗退したことには? 「正直、PPVを買って楽しみで見てたんですけど、いざ始まって見てたら石渡選手を応援している自分がいて。“頑張れ”みたいな感じで見てたんですね。だからなんか悔しい気持ちっていうか、残念な気持ちになりましたね」 ──もし勝ち上がって、井上直樹選手を指名する機会があったら指名する? 「ぜんぜん。席空いてれば」 ──バーチャックはその後UFCで試合をしていますが、動きを追ったりもしている? 「ちょっとだけ映像は見たけれど、そんなに知らないですね。追ってはいないです。たまに、出てるんだ、っていうくらいで、気にしてはいないです」 ──獅庵選手は今までやってこなかったこともやってきて大塚選手を研究してきたということですが、研究されても付け焼き刃的には攻略できない自信が? 「はい。前回とは別の自分がいるので、前の映像をもっとたくさん見てくれて大丈夫です」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事