MMA
インタビュー

【Bellator】連勝で王座挑戦なるか!? 渡辺華奈「カモーシェ選手に穴は無いけど、私の方が強いところがたくさんある」=6.25 米国

2021/06/24 11:06
 2021年6月25日(日本時間26日)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナにて開催される「Bellator 261: Johnson vs. Moldavsky」のコ・メインイベント(セミファイナル)で、Bellator女子フライ級ランキング2位のリズ・カモーシェ(米国)と対戦する、 同級3位の渡辺華奈(日本/10勝0敗1分)が23日(日本時間24日)、同地にてリモート共同インタビューに応じた。  渡辺は、プロ11戦無敗。柔道で2016年アジアオープン準優勝、ヨーロッパクラブ選手権準優勝などの実績を残し、MMAに転向。DEEP JEWELS、RIZINで活躍後、2019年12月のRIZIN×BELLATOR対抗戦で、当時3連勝中だったイララ・ジョアニを3R、パウンドでTKO。2021年4月のBellator 255で米国デビューし、アレハンドラ・ララ(コロンビア)にスプリット判定勝利。Bellator2連勝を飾っている。  カモーシェは、米国ルイジアナ州ラファイエットで生まれた後、海兵隊員だった父親の仕事の都合で幼少期に日本の沖縄県で過ごし、沖縄クリスチャンスクールインターナショナルを卒業。20歳の時に自身も海兵隊に入隊し、航空電気技師として5年間任期を務めた経験を持つ。  2010年3月のプロデビューから11年間で15勝7敗。マルース・クーネンが持つStrikeforce女子ウェルター級王座、ロンダ・ラウジーが持つUFC世界女子バンタム級王座、ヴァレンティーナ・シェフチェンコが持つUFC世界女子フライ級王座に挑戦も、戴冠ならず。  無冠のウェルラウンダーとして2020年9月にBellator参戦。ディアナ・ベネットを3R、リアネイキドチョークで極め、2021年4月にはヴァネッサ・ポルトを判定3-0で下している。  勝てばチャンピオンシップも見えてくるランキング上位との戦いに渡辺は、「カモーシュ選手の穴は無いとは思うんですけど、私の方が強いところがたくさんあると思っています」と、ストロングポイントで勝っているとし、「いい内容で勝てればチャンピオンシップに挑戦できると思っています」と、王座挑戦の関門を越えたいと語った。渡辺との一問一答全文は以下の通り。 コ・メインイベントは光栄。でも、私はただファイトするだけ ──前回の試合で日本から渡航して隔離期間もあり、影響もあったかと思いますが、今回は楽になりましたか。 「今回2回目で結構いろいろ慣れてきました。アメリカまで来るのはそんなに疲れず、飛行機のなかでも楽しくしています(笑)」 ──ロンダ・ラウジーとあなたは同じ柔道バックボーンですが、どのようにスタイルが違いますか。 「ロンダ・ラウジー選手に似てると言われるのはすごく嬉しいです。ベリー・ハッピー。でも、柔道スタイルが全然違うので、寝技もグラウンドも投げ技も、柔道スタイルが違うので、違うと思っています」 ──対戦相手のリズ・カモーシェ選手の穴を研究してどんな部分を見つけましたか。 「弱いところ……穴は無いとは思うんですけど、私の方が強いところがたくさんあると思っています」 ──ランカーとして金曜日に勝利できればタイトルショットを組んでほしいでしょうか。 「そうですね。勝って、いい内容で勝てればチャンピオンシップに挑戦できると思っています」 ──前戦でスプリット判定に驚かなかったですか。あなたが優勢だったと思いますが。 「いや、2-1だろうなと思って見ていました」 ──7月16日(日本時間17日)の『Bellator 262』では、「Bellator世界女子フライ級選手権試合」として、ジュリアーナ・ヴェラスケス(ブラジル/王者)と、同級4位のデニス・キーホルツ(オランダ/挑戦者)のタイトルマッチが決定しています。どちらが勝つと考えていますか。勝った方とタイトルショットをしたいですか。 「タイトルマッチは判定でチャンピオンのジュリアナ・ヴェラスケス選手が勝つと思っています。そして勝った方とタイトルマッチをやると思っています」 ──名前のある選手とやることで緊張していませんか。準備は出来ていますか。 「ストレスはまったくなくて、強い選手と戦えるのがすごく嬉しいです」 ──あなたはこれまで無敗ですが、無敗記録を守るような戦い方になるか、もっとバチバチの戦いになるでしょうか。 「いまは負けてないけど、そこは関係なく気にせず、金曜日に勝ちに行きたいと思います」 ──あなたのキャリアのなかでどれほど重要な位置にある試合と考えていますか。 「タイトルショットに繋がるとても大事な試合になると思っています。リズは私がこれまで戦ってきた中で最もビッグネームの1人ですが、このことで私の考え方が変わったり、プレッシャーを感じたりすることはありません。リズと戦えることを光栄に思いますし、彼女と一緒にケージに入るのが待ち遠しいです」 ──今回の試合がコメインになったことをどのように感じていますか。 「コ・メインイベントになることをすごく光栄に思います。でも、私はただファイトするだけなので、そこはプレッシャーになってはいません。でもセミファイナルをはれるのはない経験なので、光栄です」 【写真】コーナーマンの上田貴央FIGHTER'S FLOW代表と渡辺華奈
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事