MMA
ニュース

【RIZIN】“キラーか王子”か、恐るべき24歳・井上直樹「次は朝倉海選手と。誰かに獲られる前に自分がやりたい」

2021/06/22 14:06
 2021年6月13日『RIZIN.28』東京ドーム大会のバンタム級トーナメント1回戦で、石渡伸太郎(CAVE)を1R 1分58秒 TKOで下した井上直樹(セラ・ロンゴ&ワイドマンMMA)が、2回戦の相手に朝倉海(トライフォース赤坂)を指名。「もし次も抽選会になるなら、朝倉海選手の横に(座る)。誰かに獲られる前に」と、ターゲットを定めた。  練習先の横浜SONIC SQUADでは、その風貌と物腰柔らかく言葉少ない立ち振る舞いから“王子”と呼ばれる井上だが、サラリと語る言葉のなかに“キラー”ぶりを覗かせるのも、いまのファイター井上直樹の充実ぶりを表している。  試合後の会見で、2回戦について「誰でもいいですけど、本当に強い選手とやりたい」と、石渡に続いて強豪との試合を望んでいた井上。試合後には、自身と姉の魅津希のYouTube、大沢ケンジのチャンネルにも出演し、石渡戦の勝利や今後について語った。  2017年のRIZINバンタム級トーナメント準優勝者である石渡を相手に、当初は5分3R=15分を戦い抜いて判定で勝つつもりでいたという。  試合後の取材では「もっとガンガン来るのかなと思ったけど、結構落ち着いてくるんだなと感じた」という石渡に対し、序盤は、距離をキープして「足から蹴って行こう」と考えていた。  オーソドックス構えから、サウスポー構えの石渡に対し細かくスイッチして前足でローキック、さらに右足でインローと、相手の前足をコツコツと蹴っていった。カーフキックは、水垣偉弥との練習で試していたという。 「距離を取って足が届くところで戦おうと。ローキックでバランスを崩していたので、これは下に意識が行っているなと思い、途中でハイも蹴って、いろいろ散らして組み立ててはいました」と序盤の蹴りの距離を振り返る。  前後・左右、どちらもステップワークに長けている井上にとって、石渡戦でのスタンドでのポイントは「距離」と「立ち位置」だった。「やっぱり左のパンチずっと気をつけて」石渡の左ストレートを警戒し、そして前手のフックをステップバックでかわした井上は、喧嘩四つで、相手の外足を取ることにしていた。  サウスポーにとって、相手の外を取るか内を取るかは選手によって、場面によって異なる。オーソドックス構えの井上の前足は左足。サウスポー構えの石渡は得意の左を真ん中に打ち込むために井上の前足の外に右前足を置いてくるだろう、それをさせないために井上が外足を取ろうという作戦だ。 「もっと(外)を取りに来るかなと思っていたけど、外は取れていた」という井上は、カーフを狙いつつ、「あれで向かってくるようだったら関節蹴りとかも考えて練習もしていた」と、キラーな動きも用意していた。  石渡の左右をかわした井上は、圧力をかけてコーナーに追い込む。コーナーの水垣が「足の位置取りな」と声をかけたときに、井上は右の前蹴りに続いて右ストレートに。それを右に回ってさばいた石渡は、大きく右足を外に踏み出すと右フックをヒット。それを首筋にもらった井上は片ヒザをマットに着いた。  会見でその瞬間を井上は「いや、ぜんぜん自分は効いてないなと思った」という。「よく見ると(顔に)当たってないと思います。自分もそのときに右ストレートを当てているんですけど、あの時は石渡選手の右足が自分の左足の外側を取られていて、なんかラリアットみたいに押されるような感じで(倒れた)」  大きく踏み込んできた石渡に外足を取られ、右を出したところにカウンターで外から前手の右フックでなぎ倒されたが、ダメージはなかった。  大沢ケンジから「組みに行くことは考えなかったか」と問われた井上は、「その後も左右に足が動けてますし、当てられた瞬間に組みに行くことも考えなかったです。効かされていたら(クリンチで)組んでいたかもしれないですけど、(右は力が)乗っている感じはしなかった」  ダメージはなかったが、イメージは悪かった。 「(石渡のパンチで)会場が沸いていたので、“ああこれ効いてないけど印象は悪いな”と感じていました。ヒザも(マットに)着いちゃってたから効いてるように見えるな、と」  そこを詰める石渡は右ジャブもヒット。一瞬頭が上がった井上を見て、石渡は頭を下げて左をフック気味に低い位置に振るが、その打ち終わりに、井上はシャープな右ストレート! 足に効かされた石渡をすかさず詰めて右アッパー、左ストレート、右の連打でダウンを奪い、石渡の立ち上がり際に右のサッカーキックも打ち込み、レフェリーを呼び込んだ。  フィニッシュの前にもらった右ジャブも「あれもそんなに、という感じで、ポンともらったと同時に僕の右も入っているんです。そのときにちょっと(石渡が)与太ってるのが見えて、“あっこれ効いたのかな”と思ったんですけど、それでも向かってきてたんで“オオーッ”という感じで。もうカウンターに徹してたという感じですね。カウンターを取ってやろうと」  石渡の左は脅威だが居つくことがある。その左の打ち終わりに右をジャブのように突き、フィニッシュまでのコンビネーションの最後は立ち上がって来た石渡にサッカーキックを打ち込んだ。 「しっかり拳に当たった感じはした。当たったなと。すごいヨタヨタってしてたんで、ここは攻めるべきだと。右アッパー、左、右と畳みかけて、サッカーキックはみんなも練習していると思う」  水垣とのミットでは、打たせて倒れ込んだ水垣がグラウンドでもミットを構え、そこに蹴り、そして立ち上がり際にもミットにサッカーキックを打ち込む練習をしてきた。そしてシャープな右は、「志朗選手(RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg優勝)との練習で成長したと思います。カウンターは練習していました」と、井上は語る。  118秒 TKO勝ち。短期決戦となったが、「3Rの消耗戦になる準備もしてきました。あそこで石渡選手が攻めてきてくれたから、ああいう展開になった。カウンターをもらっても前に出てきた。石渡選手とだからこそ出来た試合かなと思います」と、1回戦屈指の“潰し合い”のカードを振り返った。  石渡にコーナーに詰められたとき、セコンドの安田けん(SONIC SQUAD代表)は「王子、出ろ!」とコーナーから出るように指示している。 「最近、ジムで普段から“王子”って呼ばれて、最初は恥ずかしかったけどだんだん慣れて来て……慣れって怖いな」と苦笑する井上だが、シャイな中にも感情を爆発させるときがある。それは共に練習する仲間と勝利を分かち合うときだ。  勝利にコーナーに体ごと飛び込んでハグをする。その勢いを魅津希に指摘されると、「前回は安田さんが口を切って、今回は水垣さんがリングから落ちそうになった」と、笑顔で語った。  試合翌日に大好きなパンを解放。「食パン一斤食べながら、SNSのコメントを見て、それだけで1日終わった」と幸福を反芻するが、「もうちょっと(試合を)やりたかった」ともいう。  渡部修斗、元谷友貴、石渡伸太郎をいずれも1Rでフィニッシュ。GP制覇に向け、怪我無く勝ち上がることは重要だが、「それ以上に練習をやっていたから、試合ではどうなるか分からないから、やってみたいというのはあった」と、本番で試してみたいことがあったようだ。  2回戦は9月が濃厚だ。ライバルたちの1回戦を見た井上は、誰との対戦を望むのか。 [nextpage] 海が修斗に仕掛けられたギロチン「ヤバいんじゃないかと思った」  試合後の会見で「強い選手とやりたい、手応えのある選手と戦いたいです」と語っていた井上。  大沢ケンジ和術慧舟會HEARTS代表から、具体的に2回戦に戦いたい選手を問われた井上は、「またくじ引きになるのなら、朝倉海選手の横に(座ります)。人気もあって実力もあるし、万全にというか……やれるならやれるうちに。誰かに獲られる前に」と、前バンタム級王者を指名する。 「誰かに獲られる前に」に続くのは「自分が食いたい」という思いだ。「腹すかしちゃってるんだ。ずっと腹が減っている」と返す大沢。  育ち盛りのハングリーさを見せる井上は、渡部修斗をパウンドアウトした朝倉海の1R TKO勝利について、「打撃も強いし、パウンド強かったですね。音も凄かった。あれは凄いなと思いました。ちゃんと自分の戦い方が出来ていたなと。タックルにきたところに被弾させる嫌がらせも」と、徹底して組みを切って、打撃で仕留めた戦い方を評価する。  その一方で、バックテイクを防いだ朝倉海が、渡部のフロントから跳びついてのギロチンチョークを仕掛けられたことについて「(ギロチンは)あれ、ヤバいんじゃないかと思ったけど」と、危険な場面を見せたことも指摘する。  腕を内側に入れた朝倉に、渡部はノーアームのギロチンチョークへ。さらにそれをハイエルボーのギロチンに変えている。本誌の取材に、渡部はその瞬間を「極めが浅いのは最初から分かっていたんで、途中から絞めのギロチンじゃなくて、角度をつけて首を折りにいくほうにシフトチェンジした。そっちの方が首が抜けやすいけど、このチャンスを逃すわけにはいかないぞと思って、イチかバチかシフトチェンジしたけど、結果抜けてしまった」と証言している。  姉の魅津希は「渡部選手にもうちょっとパワーがあったら、あれ抜けられなかったんじゃないかなって」という言葉に、井上直樹は「控え室が一緒で、渡部選手を応援していたから“おーおっ”みたいな感じになったけど。ずっと(両足を)ロックしていたからね。自分なら違う形にしていたかもしれない」と、下で首を抜かれた際に、クローズドガードから足を解いて別の仕掛けをするとした。  東京ドームでのGP勝ち上がりは、井上直樹、朝倉海、扇久保博正(パラエストラ松戸)、元谷友貴(フリー)の4選手。そのうち「元谷選手とは1回やっているのでもうちょっと先でいいかなと。向こうはすごくやりたいんじゃないかとは思うけど準決勝、決勝でやれれば」と、常に決勝まで視野に入れている井上にとって、朝倉海のほかに対戦を希望するのは、扇久保博正だ。 「TUF24」準優勝者にして、修斗史上2人目の2階級制覇王者の扇久保について、井上は「前回の抽選でやりたいと言ってくれたから、状況が許せば行ってあげたい? 上から目線になりましたが」と苦笑しながらも、「扇久保選手、1R目に拳を骨折してたらしいですね。それでよく3R出来てたなと。そこまでやるのはすごい精神力。やれるなら扇久保さんとも」と、朝倉海に続いて対戦したい相手の一人とした。 「この2人の席が空いていたら行っちゃうかもしれない」という井上は、6月27日(日)の「RIZIN.29」大阪大会では、練習仲間の倉本一真(修斗GYM東京)に注目しているという。 【写真】公開練習での井上と倉本  丸善インテックアリーナ大阪で開催されるバンタム級トーナメント1回戦の残り4試合は、金太郎vs.伊藤空也、大塚隆史vs.獅庵、瀧澤謙太vs.今成正和、倉本一真vs.アラン“ヒロ”ヤマニハの4カード。  井上は「大阪大会では、倉本選手がすごく楽しみ。ボンサイ柔術の勢いがすごいので、アラン・ヒロ・ヤマニハ選手がどれくらい出来るのかも分かる」という。 [nextpage] 負けを認めることが必要。負けたくないから全部できるようにしたい 【写真】2017年4月、日本人史上最年少の19歳でUFCと契約したときの井上直樹。  豊橋出身の井上魅津希&直樹、朝倉未来&海の兄弟。浜松・磐田出身ボンサイ柔術のホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケ、ヤマニハらと、製造業が盛んな東海地方のファイターが活躍していることは興味深い。  井上は小学1年生の夏、7歳で地元豊橋の空手道白心会に入門、格闘技を始めた。その理由は、喧嘩で上級生に「どこかに落とされて、いつかやり返してやろう」と思い、空手を始めたという。大人しいが、内に秘めるものがある。  バンタム級GP優勝候補に挙げられる朝倉海と井上直樹は、ともに空手出身。さらに、愛知県立豊橋工業高校の先輩・後輩にあたり、同じ電気科卒業だという。  異なるのは、27歳の朝倉海に対し、井上直樹はまだ24歳。2017年に一度、日本人史上最年少の19歳でUFCと契約していることだ。  縮小方向にあったUFCフライ級戦線でわずか1敗でリリース後は、日本のバンタム級に戦場を求め、コロナ禍もあり帰国して新たな練習環境を整えたが、「アメリカに短期でも行って試して技術を習得してまた日本に戻る、そういう形でもいいのかな」という。  米国では、現UFC世界バンタム級王者のアルジャメイン・スターリング、同級10位のメラブ・ドバリシビリ(9.25 マルロン・モラエスと対戦)らが練習仲間だ。  プロ18戦中2つの黒星は海外でのもの。ひとつはUFCでの最終試合のマット・シュネル(現フライ級9位)戦でのスプリット判定負け。もうひとつは2019年2月、CFFCでフライ級王者のショーン・サンテラと対戦し、0-3の判定負けだった。井上戦後もサンテラは2勝1分と負け無しの強豪だ。  サンテラ戦では、「BJJ(ブラジリアン柔術)の得意な相手に打撃でそのまま行っていたらよかったのに、寝技でつきあって、ずっとトップ、バックを取られて自分の力が出せなかった。一番ダメなパターン」と振り返り、「負けを認めることが必要。負けたくないから全部できるようにしたい」という。 「アルジャメインやメラブとのレスリング、マット・セラ、ヘンゾのジムで(グラップリングでは)ボコボコにされるから。結局、自分がどうしたいか。足りないものを補うこと、得意な部分をもっと伸ばしたいのか、自分でいろいろ考えることが必要」と、米国に残りUFCで戦う魅津希と語る。  RIZINバンタム級トーナメントを制し、目指すはUFCバンタム級での再挑戦だ。 「UFCの同じ階級の試合はもちろん見ます。フライではなくバンタムでやってみたい。1回リリースされていますから、いまどれくらい出来るのか分からないので、アルジャやメラブとの練習で試したい。24歳で、いまやっぱり(格闘技が)楽しいですね」と目を輝かせる。  試合後の無言のフリップは、「那須川天心選手と永末“ニック”貴之トレーナーが考えた」もの。「口下手だからどうしよう」と相談したところ、「無口でやるのがいいんじゃないの」とスケッチブックでのめくり芸を提案され、「結構直前までどうしようかなって考えてたんですけど、やるかってなって。直前に水垣選手が急いで書きました」。 “デスノート”と化したキラー井上の決まり手予告は「チョーク」だったが、実際にはサッカーキックでのTKO勝ち。実は自身初のTKO勝利だった。 「2試合連続でチョークで極めてたんで、判定になってもKOでも『チョーク』と書いたままで行こうと。チョークなら“おおっ”となるし、チョークじゃなくても笑いになる。試合後のマイクは緊張して周りの声が聞こえないから、シャットアウトしてスケッチブックをめくることに専念していました」と苦笑する。 【写真】編集部を訪れた井上直樹。大きな拳を握りしめた。 「試合中の方が周りの声が聞こえる」という。内気で寡黙な“王子”は、何より試合内容で雄弁な“キラー”ぶりを発揮する。  会見の最後に「優勝する自信」を問われた井上は、「まだ(今後の組み合わせが)どうなるか分からないんで、次を勝って、年末の準決勝・決勝が1日になるかもしれないので、怪我とかも注意していけたら」と淡々と言い、最後に「全然大丈夫かなという感じですね」と、語っている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事