MMA
レポート

【UFC】村田夏南子のUFC2戦目はドクターストップのTKO負け、強豪ジャンジローバに敗れる

2021/06/20 07:06
 2021年6月19日(日本時間20日)、米国ラスヴェガス「UFC APEX」にて、村田夏南子(日本)がUFC2戦目に臨んだ。  村田は、幼少時より、柔道・レスリングの全国大会で活躍し、2016年のMMA(総合格闘技)デビューから12勝1敗。Invicta FCでストロー級王者となり、2020年11月にUFCデビュー、ランダ・マルコスに判定勝利している。  対戦相手はランキング13位のヴィルナ・ジャンジローバ(UFC2勝2敗・MMA16勝2敗)。  柔術黒帯の元Invicta FC世界ストロー級王者で、16勝中13勝が一本勝ちのグラップラー。2018年3月のInvicta FC世界女子ストロー級王座決定戦では、寝技巧者の魅津希を寝技で封じ込めてスプリット判定勝利、第5代女王に輝いている強豪だ。  UFCでは、2019年4月にカール・エスパルザ相手に判定で初黒星を喫したが、12月にマロリー・マーティンをリアネイキドチョークで極め、2020年8月にはフェリス・ヘリングも腕十字で極めて連続一本勝ちをマークした。2020年12月の前戦では、11位の柔術世界王者マッケンジー・ダーン(ブラジル)に判定負けし、今回が再起戦となる。  強力な寝技とともに、長いリーチも活かした打撃も脅威となるジャンジローバを相手に、村田はいかに戦うか。  桜庭和志と同様の「SPEED TK RE-MIX」で入場した村田。上半身が一回り大きくなっている。 ▼女子ストロー級 5分3R〇ビルナ・ジャンジローバ(ブラジル)17勝2敗(UFC3勝2敗)[2R終了時 TKO] ※ドクターストップ×村田夏南子(日本)12勝2敗(UFC1勝1敗)  1R、サウスポー構えの村田とオーソドックス構えのジャンジローバ。ジャンジローバの右ロングフックをかわす村田。前にステップし、左ミドルを当てるが、跳ね返すジャンジローバの右を被弾し、片手をマットに着く。さらにジャンジローバの踏み込み鋭いワンツーの右に金網まで詰まり、長い右のダブルの2発目をもらいバランスを崩す! 左に回る村田に、さらに右を振るジャンジローバ。距離を取りたて直す村田。右目を押さえる。  右をかわした村田に組みに行くジャンジローバ。右腕で小手に巻き押し込むが、すぐに体を入れ替えた村田は左で差し上げる。  中央に戻し、ジャンジローバの右をかわす村田はワンツーも遠い。村田の入りに左ジャブを当てるジャンジローバ! 右をかわした村田に組みに行くジャンジローバ。右腕で小手に巻き押し込むが、すぐに体を入れ替えた村田は左で差し上げる。  オーバーフックして引き込もうとするジャンジローバに左腕を引き抜いて下に落とす村田! 下から三角狙い、さらの右腕に腕十字のジャンジローバをかつぎヒジを抜き、上体を立てる村田。  なおもジャンジローバは下から腕十字! 左腕を極められいったんはうつぶせにさせられた村田だが、またいでヒジを抜くとインサイドからパウンド! 左足でパスし、脇を差してきたジャンジローバをがぶりで潰す。右を当て、寝技で攻勢となったジャンジローバのラウンドに。  2R、右目を腫らしている村田。ジャンジローバは右ハイもかわす村田は右で飛び込む。左ハイも繰り出す村田。さらに左ミドルも入れるが、そこにジャンジローバは右ストレートを打つ。ジャンジローバの大きな右をかわす村田だが下がらされる。ジャンジローバは右ハイ! 顔に被弾した村田。村田は1Rに極められた左のガードが上がらない。  左で差して押し込むが、右でオーバーフックするジャンジローバ。腕を抜き離れる村田。詰めるジャンジローバの右が伸びる。  ジャンジローバの入りに右ヒザを狙う村田だが、左のガードが上がらずジャンジローバの右を被弾。村田は右ローを返すが、ジャンジローバの右ロングフックにケージまで下がる。テイクダウンに入れない村田。  2R終了後のドクターチェックで、右目を腫らした村田は左腕も痛めており、山崎代表の「止めとこう、腕が上がらないだろう」の声。続行不可能で2R終了時、ジャンジローバのTKO勝ちに(※追記)。 「ブラジル!」と歓喜したジャンジローバは、村田とハグ。村田は悔し涙を流し、オクタゴンをあとにした。試合後、ジャンジローバは「すごくタフな日本の選手だった」とケージの中で語った。 ◆ビルナ・ジャンジローバ「彼女が回復することを願っている。そろそろトップ10とやりたい」「本当に嬉しい。勝利街道に戻って来られた。(腕十字は)サブミッションを取れると思っていたから(村田がタップせずに抜いて)とても驚いたわ。打撃のトレーニングに励んできたから、もしかしたらノックアウトできたかもしれない。でも、彼女がケガをして1ラウンドを経た後に止められるような事態になるとは予想していなかった。彼女が回復することを願っている。打撃をかなり練習してきたの。今回はそれを見せたいと思っていた。この階級にいる仲間のファイターたちを尊敬しているけれど、そろそろトップ10の相手とやりたいわ。ランキングを見て思うのは、ニーナ・ヌネスが数少ない相手になり得るかなって。彼女のことはとても尊敬しているし、憧れの存在でもあるけど、そろそろ私もランキングを上がっていくタイミングだと思う」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事