AbemaTVAbemaTV
ボクシング
ニュース

内山高志が那須川天心まさかの苦戦を予想「天心選手もラクじゃない」

2019/05/02 13:05
内山高志が那須川天心まさかの苦戦を予想「天心選手もラクじゃない」

5月1日に行われた那須川天心への挑戦者を決めるトーナメントは大井(那須川の左)と藤崎(同右)が優勝。内山(左)は藤崎を高評価

 5月1日(火)都内会場にてAbemaTVの番組『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』で、那須川に挑戦する相手を決めるトーナメントが行われた。

 トーナメントは「ボクシング経験者」「異種格闘技」の2部門で行われ、勝ち上がった2名が那須川への挑戦権を得る。3500名の応募者の中から、それぞれのトーナメントに4名ずつが選ばれ、「ボクシング経験者トーナメント」では2006・2007年インターハイ出場経験がある藤崎美樹(29)、「異種格闘技トーナメント」は直前で出場を取り消したONE世界ライト級王者・青木真也の指名を受けて代打での出場となった放送作家の大井洋一(41)がそれぞれ優勝。


 同番組のゲスト解説とジャッジも務めた元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志は、トーナメント終了後に行われた囲み取材で総評を行った。

「レベルの高い選手、気持ちの入った選手もいて面白かったですね」とトーナメントの感想を述べると、次回5月18日(土)に行われる那須川vs挑戦者について、「プロ・本職との差はある。でも、絶対はない。万が一はある。18日までまだ時間があるので、どれだけスタミナ、パンチ力が変わるか分からないので楽しみです。天心選手とやっても面白い試合ができそうな選手はいました」と、挑戦者は侮れないと指摘。

 前田日明がプロデュースする不良格闘技大会『アウトサイダー』の王者でもある大井については「気持ちが入っていて退かない。見ていて楽しませる試合をすると思う」と、気持ちの強さを評価。


アマチュアボクシング歴14年の藤崎はパンチを当てるのが上手かった

 藤崎については「足(フットワーク)が使えるから天心選手もラクじゃない。面白そう。このルールならプロよりもアマチュアボクシングの(戦い方の)方がいいと思う」と、那須川も簡単には勝てないのではないかと予想する。

 では那須川が負ける可能性もあるのか、との質問には「そこはプロとアマの差がある。僕だって引退して何年経ってもボクシングで素人に負けるわけがない。でも、天心選手が倒しに行けばさらに面白くなると思いますよ。そうすると藤崎選手のパンチが当たる可能性も出てくるから。あとはグローブの大きさにもよりますね。グローブが小さくなればより面白くなる」と、条件によっては意外な接戦になると予想した。

 そして「2名にはこのままでは1000万円は獲れないと思うので、もっと努力して天心選手を脅かすくらいになってほしいです」とエールを送った。

<関連リンク>
『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』優勝はアウトサイダー王者の放送作家と元アマチュアボクサー
『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』に青木真也が参戦「那須川天心を底なし沼に引きずり込みたい」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事