K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】トーナメントを圧倒的に制した黒田斗真「軽量級でも倒せるところをお伝えできたと思います」

2021/05/31 15:05
 2021年5月30日(日)神奈川・横浜武道館で開催された『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~』の一夜明け会見が、31日(月)都内にて行われた。  K-1バンタム級日本最強決定トーナメントにて、1回戦で池田幸司を2R2分10秒でKO、準決勝では松本日向から2度のダウンを奪って大差(30-25、30-26×2)の判定勝ち、決勝戦はプロ無敗のKrushバンタム級王者・壬生狼一輝を1R31秒でKOし、圧倒的な強さで優勝した黒田斗真(K-1ジム心斎橋チームレパード)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。 (写真)1回戦の池田戦。手首を返してナックルを外側から当てる左ストレート「優勝できたことは率直に嬉しい気持ちです。壊れてもいいくらいの覚悟で挑んでいたので無事に帰れてほっとしています。1回戦の池田選手は凄いパワーもテクもあってやりにくかったんですが、その中でも隙を見つけて倒すことができました。松本選手はダウンを取っても目が死んでいなかったので気持ちが強い選手だと思いました。壬生狼選手は僕が一番やりたかった選手でした。Krush王者でもあるので、凄く覚悟を持ってきたと思うのでそう簡単には倒せないだろうなと思っていたんですが、自分を信じて倒すことが出来てメインを締められてよかったと思います」 (写真)準決勝の松本戦ではヒザ蹴りでダウンを奪った 3勝(2KO)2敗1分という戦績からの急成長ぶりに関しては「去年12月にKrushのトーナメントに出場させてもらって、準決勝で吉岡ビギン選手に敗れてからずっと悔しくて毎日練習して、今回優勝につながったと思っています」と、「第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント」の準決勝で敗れたことがバネになったという。  決勝で対戦した壬生狼とは、お互い万全の状態で再戦したいと試合直後からコメントしており、「今回はトーナメントなので何があるか分からない中で、壬生狼選手はボロボロで上がってきたので万全な状態なら何ひとつ周りの人も、怪我していたからとか文句が言えないと思うので完封したいと思います」と、万全な状態でも負けないとした。 (写真)決勝の壬生狼戦でのフィニッシュブロー 今後戦ってみたい相手を聞かれると「戦ってみたいいと思っていた壬生狼選手と出来てよかったのと、今後は海外選手、53kgでもいると思うので外国人選手とやっていきたい。K-1なのに軽量級はKOが少ない、おもんないとか書かれていたと思うけれど、しっかりKOしてメインでもKOして倒せるところをお伝えできたと思います」と、日本人をKOできるところは見せられたので海外の選手と戦いたいとの希望。  KOを生み出したサウスポーからの左ストレートに関しては「打ち方は変えてないのですが、ずっとアマチュアから左ストレートで勝ってきたのがあって、プロになってから警戒されていると思っていました。今回はもらってもいいから、倒されてもいいから倒してやろうと、思い切って打ったら思うように試合が進んだという感じです」と、考えすぎずに思い切り出したことが功を奏したとする。  今回のインパクトが強かった分、次戦からは左ストレートを警戒されるのではとの質問には「警戒してkくると思いますが、とりあえずいっぱい遊んでから考えたい」と、ひとまずリラックスしてから対策を考えたいと笑う。今一番やりたいことは「旅行」とのこと。  昨晩は祝勝会などはせず、「自分の試合を見ていたら朝になっていました」という。祝勝会は「大阪に帰ってからします」とのこと。優勝した喜びはまず最初に「ジムの代表に伝えました」  優勝した後は「SNSでもたくさんフォローしていただいて、DMをくださったり、反響があってK-1の力って凄いなって思いました」と、多くの反響があったようだ。  今回のトーナメントで黒田は“ダークホース”的な存在。様々な優勝予想でも名前があがることがほとんどなかった。それについて黒田は「普通にやったら当たり前に僕が勝つと思っていました。松本選手、橋本選手、壬生狼選手…注目されている選手をしっかり優勝して実力で黙らせたろと思っていたので優勝できてよかったです」と、実力を証明できたことがよかったとする。  最後には「まずは僕を信じて応援してくれてありがとうございました。これから僕がバンタム級を引っ張って世界一になるのでついてきてください」とメッセージを送った。 なお、黒田は試合後コメントで「2~3週間前に練習で蹴って左足の薬指が折れて、病院へ行ったんですが全治1カ月半と言われて。練習が万全にできなくて、リングに上がれるか分からなかったんですが、骨折していても優勝したらめちゃくちゃカッコええなと思って出ようと決めました」と、骨折したまま試合に臨んでいたことを告白している。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント