空道
レポート

【空道】新体制でのスタートを切った大会で、創始者・東孝の義理の息子である清水亮汰が貫禄の優勝

2021/05/09 21:05
 2021年5月9日(日)青森・おいらせ町民交流センターアリーナで全日本空道連盟主催『2021北斗旗全日本空道体力別選手権大会』が無観客で開催された。  コロナウィルス蔓延防止のため、2020春の階級別、2020年秋の無差別と、全日本2大会の開催を中止してきた、着衣総合格闘技「空道」(くうどう)。2021年春の階級別全日本選手権も、当初は5月2日に発祥地・仙台での開催を予定していたが、宮城県内での問題拡大の状況を鑑み、見送りとなった。  しかしながら、さる4月3日に永眠した空道創始者・東孝(大道塾初代塾長)が、死の数日前、意識を失うまで大会の開催に尽力していたこともあり、関係者の大会開催に向けての熱意は強く、迅速・綿密な準備により、今回青森にてスライド実施された。  大会は体力指数(身長+体重)によってクラス分けされ、男子5階級、女子はワンマッチにて開催。感染症蔓延防止対策を最大限に施したうえで実施されたが「社会体育」を標榜する空道だけに、出場選手の大半は、一般企業等に勤務する社会人。社会状況と急な日程変更により、参加資格を与えられた選手の中でエントリーを決めた選手の人数は例年と比べて遥かに少なかったが、その分濃い内容となった。 (写真)入賞者。左上から時計回りに奈良、清水、加藤、小野寺、渡邊、遠藤、谷井、目黒、大西、近藤 -230クラス、-240クラス、-250クラスとも、ジュニア大会(少年大会)の全日本チャンピオンであった18~19歳が決勝進出を果たし、ベテランがその優勝を阻止する結果に。  ‐260クラスでは、空道創始者・東孝の義理の息子である清水亮汰が2018世界選手権以来の復帰を果たし、2連続一本勝ちで決勝進出、決勝でも効果2つを奪って貫禄を見せつけ、最優秀勝利者賞を受賞。  260+クラスでは、地元・青森の奈良が連覇を達成。コロナ問題により2020年は全日本レベルの大会をすべて中止していたうえに、年が明けた4月には創始者・東孝を失うという2大ショックに見舞われた空道だが、新体制のスタートを飾る素晴らしい内容で幕を閉じた。 ■男子260+ 優勝 奈良朋弥(大道塾青森支部)-260 優勝 清水亮汰(大道塾総本部)準優勝 近藤瑞起(大道塾岸和田支部)-250 優勝 加藤智亮(誠真会館)準優勝 小野寺稜太(大道塾総本部)-240 優勝 谷井翔太(大道塾横須賀支部)準優勝 遠藤春翔(大道塾総本部)-230 優勝 目黒雄太(大道塾長岡支部) 準優勝 大西凜駿(大道塾横須賀支部) ■女子 ワンマッチ勝利者 渡邊富紀恵(大道塾神戸支部) 最優秀勝利者賞(北斗旗授与) 清水亮汰道場別獲得ポイント順位 1位:大道塾総本部 2位:大道塾横須賀支部 3位:誠真会館 大道塾長岡支部
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事