K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】フェザー級戦国時代の覇者を目指す王者・椿原龍矢「徳川家康くらい強くなりたいと思います!」

2021/05/09 20:05
 2021年5月23日(日)東京・大田区総合体育館『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』にて、玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)とスーパーファイトK-1フェザー級3分3R延長1Rで対戦するK-1フェザー級王者・椿原龍矢(月心会)が公開練習を行った。  椿原はK-1甲子園2017 -55kg王者。2020年7月にフェザー級に階級を上げ、その一戦目ではかつて江川優生に勝利した桝本翔也を左ハイキック一発でKO。同年9月、K-1で江川から番狂わせの勝利を奪い、2021年3月のタイトルマッチでの再戦でも返り討ちにして第4代K-1 WORLD GPフェザー級王者となった。戦績は12勝(3KO)3敗1分。  3月の『K'FESTA.4 Day.1』で江川優生とのリマッチを制して、K-1フェザー級王座に就いた椿原。早くも今大会でK-1王者としての初陣を迎えることになり「試合が終わって『おっしゃ!遊ぶぞ!』と思っとったところで試合が決まったんですけど(笑)、前回から継続して追い込めていますし、準備はばっちりかなと思います」と調整は順調な様子。公開練習のミット打ちでも持ち前のステップからリズミカルに蹴りを叩き込み「前回の試合で怪我もなく、練習を再開できているので不安はないです」と準備を続けている。  普段はスポーツクラブを運営する会社で正社員として働いている椿原。K-1チャンピオンになったことで「会社の方に色々と支援・サポートしてもらえるようになって、今までとは環境が変わりました。そうやって応援してもらえることは本当にうれしいことですし、やっぱり"K-1ファイター"と"K-1チャンピオン"は違うものだと思いました」。  練習面についても「僕は技術もパワーもすべて大事やと思っていて、練習内容が大きく変わることはないですけど、今はパンチを重点的に練習しています」とパンチ強化に着手。公開練習は蹴り中心のミット打ちだったが「どこまでパンチが変わったかは試合で見てもらいたい。僕もめっちゃ楽しみにしているので、みなさんも楽しみにしてほしい」と本番までのお楽しみだとした。  対戦相手の玖村とは今回が初対戦となる。「綺麗で上手くて速い。自分の距離を守って戦うタイプ」と分析しつつ「僕も自分の距離を守るタイプなので、噛み合う試合になればいいと思います」と試合展開を予想。玖村は好戦的に打ち合うところもあるスタイルだが「僕は人によって戦い方を合わせられるので、次どうするかは分からないけど、自分の勝てるところで勝負して倒せればいいかなと思います。玖村選手が前に出てきても、距離をとってきても、絶対に苦手な部分はあるはず。そこを突いて一撃で倒す。どんな戦い方で来ても負けへんように準備します」と試合展開に応じて臨機応変に戦うつもりだ。  江川とのタイトルマッチは延長までもつれる接戦で、判定も2-1と割れた。椿原は江川の強打をステップワークを駆使して封じ、的確なカウンターでポイントを重ねる試合で勝利を掴んだ。これからはチャンピオンとしての戦い方も求められることになるが、椿原は「これからは他の選手に『椿原とやりたいと思っとったけど、無理やな』と思われるくらい強さを見せたい」と“強さ”が伝わる試合をしていきたいと語る。 「これからはもちろん倒したいし、圧倒的にいきたい。『やっぱりチャンピオンは強いねんな』や『椿原とやりたいと思っとったけど、無理やな』と思われるくらい倒しに行ったり、強さを見せていきたいと思います。(その手応えは?)僕の攻撃は当たれば全然倒せるし、そこまでどう持っていくか。試合に向けて対策もしているし、技の幅もを広げています。楽しみにしとってもらいたいですね。 (昨年フェザー級に階級を上げて)まだ3戦で、相手も桝本翔也選手と江川優生選手しかやっていない(※2度対戦)。ここ2戦は相手がめちゃくちゃ強い江川選手やったし、今の自分がどんだけ強くなってんやろ?と思って楽しみです。色んな選手とやることになったら、その選手に合った戦い方をやるし、最終的には誰が相手でも自分の戦い方にドン!とはめて戦いたい。なんでもできる選手だと思ってもらいたいです。これから身体もまだまだ作っていけるし、パワーもスピードもテクニックもついてくる。僕はどのチャンピオンよりも伸びしろがあると思っています」  椿原の王座奪取により、フェザー級も新たな時代に突入した。フェザー級スーパーファイトのポスターには“フェザー級戦国時代”というキャッチコピーもつけられ、椿原は「戦国時代でいっちゃん強かったの誰ですっけ(笑)? 最後に幕府を作ったんが徳川家康やと思うので、徳川家康くらい強くなりたいと思います!」。  最後は「今の自分は応援してくれる人もいるし、そうじゃない人もいる。なんやかんやで注目されていると思うので、試合することが楽しみです。今回はこれからのK-1を引っ張る若い選手が多い大会で、そこに出させてもらうことが光栄。(トーナメントに出る野田)蒼からバトンを受けとって、それを蒼に返せる、めっちゃいい大会です。僕らに期待してもらって、月心会の2人が勝つところを見てもらいたいです!」とファンにメッセージを送った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事