K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【Krush】壽美と真優がタイトルへのアツい想いを語る「絶対に勝つ」と両者譲らず=前日計量

2021/04/22 16:04
 2021年4月23日(金)東京・後楽園ホール『Krush.124』の前日計量&記者会見が、22日(土)都内にて13:00より行われた。今大会は前売りで全席完売、当日券も無しという盛況ぶりで開催される。  ダブルメインイベント第1試合、第5代Krush女子フライ級(-52.0kg)王座決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1Rで対戦する、真優(=まひろ/月心会チーム侍)と壽美(=ことみ/NEXT LEVEL渋谷)は共に51.7kgで計量をパス。  その後のタイトルマッチ調印式を終え、会見に臨んだ壽美は「勝ちたいと思いますではなく、勝ちますと言い切れるくらいの自分をずっと作り上げてきたので絶対に勝ちます」、真優は「明日は自分の思い描いとったストーリーを完成させたいので取ります。チャンピオンになります」とそれぞれ必勝宣言。  計量で向き合った感想を聞かれると、壽美は「いつも可愛いなと思って。計量の時の下着も可愛かったです」、真優も「同じくいつも可愛いなと思っています」と、ほのぼのとしたコメント。  どのようなことを意識して練習してきたかを聞かれると、壽美は「自分は試合が決まってそれに向けてというよりも、いつ試合でもいいように常にやってきています。もちろん真優選手の試合を見て対策はトレーナーとしてきましたが、毎日どれだけ自分を100%やりきれるかというのを試合が決まってる決まっていないに関係なくやって来たので、それを全部出します」とアツく意気込む。  真優は「いつもは相手のことは考えないけれど、今回はしっかり壽美選手のことだけを考えて、チームの仲間である(椿原)龍矢君や佑典君と対策をして毎日吐くほど泣くほど練習してきたので、明日は自信をもってリングに上がりたいと思います」と、しっかり対策を積んできたとした。  目の前にベルトが置かれた時、壽美は凝視していた。その理由は「やっぱり見ちゃいますよね。キラキラしていて。絶対に巻きたいなと思って、こっち来いと思って見つめました(笑)」との想いがあったとする。対して真優はベルトをあえて見ず、「明日自分の腰に巻いた時にじっくり見ようと思って。今はベルトに集中せんと、腰に巻いた時にじっくり見て嬉し涙を流そうと思ってあまり見なかったです」との想いを語った。  今大会はダブルメインイベントとして、加藤虎於奈vs松岡力がその第2試合、真優vs壽美は第1試合という位置づけとなった。これに壽美は「いいところで試合をさせていただきますが、気負わずアツくなりすぎると自分が自分ではなくなるので、とにかくやってきたことを出す、とにかく勝つことに集中します」と意識はしないという。  真優も「ダブルメインの第1試合で、その試合順を見た時にセミファイナルよりいい感じじゃないですか。なのでパパとママにめっちゃ自慢しました(笑)。試合はリングの上で魅せる試合を自分は普段意識していますが、明日は勝ちにこだわりたい。魅せるんじゃなく勝ちたい」と、やはり勝つことに今回はこだわりたいとした。  王者になるために一番大事なものは何か、との質問には「格闘技をやるからには強さが一番です。強さと人としての心のきれいさ。そこを大事にしています」(壽美)、「自分は気持ちですかね。今回までの期間、自分はメンタルが弱くて練習でもすぐ泣くくらい落ち込みますが、準決勝が終わってからの期間はメンタル面、気持ちの強さが大事だと思ったのでメンタル面を強くしてきました。明日は打ち合いも自分は下がらんとしっかり立ち向かおうと思う」(真優)と、それぞれ答える。  では2番目に大事なものはと聞かれると、壽美は「心です」、真優は「王者になるには華が必要。目につく人間がチャンピオンにならないといけない」とする。壽美は“華”についてどう思うかと聞かれると「表舞台に立たせていただく格闘家はそこが大事で身だしなみも大事にしようと思いますが、トップランキングには入っていないですね」と、それよりも強さと心だと主張した。  また、真優が準決勝でKO勝ちもしている得意技の前蹴りについては「蹴りが多彩なのは知っています。シャドーの時から意識してイメージを集中してやるのは練習でしてきました」と対策はバッチリだとする壽美に対し、真優は「自分の蹴り、前蹴りもそうですがどれだけ対策されても当てる自信しかない。同じ選手と何回やっても前蹴りだけは当ててきたので、明日もバンバン当てようと思います」と、対策されても通用しないと言い放つ。それを聞いた壽美は「当たったとしても私は止まらないです」ときっぱり言い切った。  そして最後に、壽美は「みんなに笑顔で『王者になったよ」と伝えます」、真優は「自分のストーリーを完成させたいので、マイクで言いたいこともあるので、明日は勝ちます」と、両者とも改めて必勝を誓った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事