MMA
ニュース

朝倉未来に魔裟斗が「世界最高峰を目指すべき。俺とKIDみたいに立ち技でビッグマッチも」×未来「K-1王者とやってみたい」=対談&ミット打ち公開

2021/04/21 13:04
朝倉未来に魔裟斗が「世界最高峰を目指すべき。俺とKIDみたいに立ち技でビッグマッチも」×未来「K-1王者とやってみたい」=対談&ミット打ち公開

【写真】魔裟斗チャンネル 提供

 2021年4月20日、元K-1王者の魔裟斗とRIZINで活躍する朝倉未来(トライフォース赤坂)が、それぞれのYouTubeでコラボをアップ。

 魔裟斗が動画「立ち技から組みまで! 朝倉未来選手の強さに迫ってみた」で、ミットを持って未来の打撃を体感。さらに、未来に練習内容の提言と「米国行き&立ち技競技への挑戦」を勧めると、未来も「魔裟斗さんと対談したら格闘技にかける気持ちが倍増した」と、世界とK-1への挑戦について、「やってみたい」と前向きな姿勢を示した。

まだ本気でやっていない、俺から見ると強くなる要素がいっぱいあるからもったいない(魔裟斗)

 

 未来の動画を確認し、「打撃のセンスがある」と評価する魔裟斗は、その一方で、「練習は走りも筋トレもしないらしいですね。ミット打ちも無し? スパーだけ? それでよくスタミナが持ちますね」と、未来の練習内容について言及。

「いま28歳ですよね……で、30で辞めると言っていて、伸びしろだらけなのになって。だってまだ本気でやっていないんで。走ってもいないし、俺から見ると、まだまだ強くなる要素がいっぱいあるからもったいない。潜在能力の50%くらいしか出していないんじゃないかなって。本気で練習して、それこそアメリカへ行って、外国人を倒していくのがカッコいいんじゃないかな」と、未来のファイターとしての現状を「もったいない」と評した。

「いや、やってますよ(笑)。スパーリング、やってます」と苦笑する未来。

 魔裟斗は、「スパーリングはやっぱ一番大事なんだけど、ミット打ちも走るのもウエイトトレーニングも、すべての練習が大事で、“スパーリングに行くまでの順序”がある。ウエイトトレーニングをやってなかった人がやると、一気にパンチの質が変わるんです。軽かったパンチが、カチーンっていうパンチに変わるんですよ。

 筋肉の繊維って速筋と遅筋があって、ウエイトトレーニングをやることによってその速筋繊維に神経が通る。半分くらいしか使えなかった筋肉が(より)使えるようになるわけです。そうすると全然、違う威力が出る」と、フィジカルトレーニングの重要性を説いた。

 ウエイトに加え、魔裟斗が現役時代に重視していたのがラントレだ。

「やっぱり走り。中距離から短距離から。1500m走とかバンバン走って、3本全部ダッシュで走れるくらいにスタミナつけたら、試合でスタミナの配分いらないから。5分3Rバテない。1Rから全速で行ける」と、「本気の取り組み」のなかに、ラントレも加えることを勧めた。

 未来も「そしたら強いですね。たしかに、練習少ない分、試合中に体力の計算しているところがあるんで」と吐露すると、まずはウエイトトレーニングから本格的に取り組むつもりであることを語る。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事