K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】新勢力が頭角表す、ブラジルのヴィトー・トファネリとイランのサッタリ・ウィラサクレックがタイトル狙う

2021/03/22 20:03
 2021年3月21日(日)東京ガーデンシアター『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.1~』の一夜明け会見が、22日(月)都内にて行われた。  今大会には4人の在日外国人選手が参戦し、2人が勝利を収めて新勢力として頭角を表した。  第7試合のスーパーファイト、K-1スーパー・ライト級3分3R延長1Rで第7代Krushスーパー・ライト級王者の鈴木勇人 (K-1ジム五反田チームキングス)に3R1分28秒、TKO勝ちしたヴィトー・トファネリ(ブラジル/ブラジリアンタイ・闘英館)は「昨日はインテリジェントさを出してしっかり戦い、偉大な相手から偉大な勝利を勝ち取るために戦いました」と試合を振り返る。  2戦目でのK-1初勝利に「非常に幸せに思っています。子供の頃からK-1をTVゲームでやっていたくらい憧れの存在でした。幸せです。幸せな時に多くは語れない。幸せとしか伝えられません」と、ゲームでプレイしていたK-1のリアルな試合で勝利できたことが幸せだと微笑む。ちなみによく使っていたキャラクターはピーター・アーツだったと言い、「彼のKOの仕方が好きなのでよく使っていました」と微笑んだ。  1戦目は野杁正明とのウェルター級(-67.5kg)戦。今回はスーパー・ライト級(-65kg)戦だったことで「この階級は自分にマッチしていると思います。65kgでは自分が強く軽く感じます」と、ベストウェイトだと話す。  スーパー・ライト級王者である山崎秀晃 (K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)については「非情に素晴らしい選手だと思っています。常に前へ出て戦う素晴らしい戦です。いずれは彼と戦いたいと思いました。元Krush王者である鈴木に勝ったことで、自分も王者に対する資格は持っていると思う。ベルトが懸かった試合をしたいです」と、タイトルに挑みたいと意気込んだ。  そして「昨日は戦術的に戦って勝利を収めました。私のルーツは空手です。空手の良さは蹴りだと思います。だからより蹴りを洗練させてKO勝ちできるようにやっていきたい」と、空手の蹴り技を駆使してKOできる選手になっていきたいとし、「王者になるため戦っていきます」と憧れていたK-1の頂点にまで昇りつめたいと語った。  第6試合のスーパーファイト、K-1クルーザー級3分3R延長1Rでは加藤久輝(ALIVE)をサッタリ・ウィラサクレック(イラン/WSRフェアテックス・イラン)が2R26秒でKO。 「昨日はとてもいい試合だった。加藤は経験豊富でとても強い選手だったが、いいパフォーマンスができたので勝てたのかなと思った。自分はこれからより強くなっていく」とサッタリ。  初参戦での初勝利に「昨日は初戦をKOで勝てて嬉しく思っている。さらに自信をつけることができた。クルーザー級を日本で人気のある階級にしていきたい。ファンが何を求めているのかは分かっている。パワーと精神力の強さを見せていきたい」と、自信がついたとする。 「自分はまだ全てにおいて学んでいる最中。現状維持で満足してはいけない。学び続けるハングリーな精神が必要だと思います」と向上心もあり、「基本的に相手によって戦略は変えますが、持ち味のパワーとスピードの全てを出して勝つことは変わっていません」と、パワーとスピードを武器として戦っていきたいとした。  今後の目標を聞かれると「日本にはK-1王者になるために来ているのでタイトルは意識している。次の試合にでもタイトル戦をやりたい」と、K-1王者が目標だとする。そのために同じイラン人選手のシナ・カリミアンと戦うことになっても大丈夫かと聞かれると「自分は王者になるために日本へ来たので、相手が同じ国の選手だろうが他国の選手だろうが自分はベストを尽くして戦う。そして勝つ。それだけだ」と、イラン人対決も辞さないと話した。  そして「これからもみんなに楽しんでもらえるエキサイトな試合を続けていけるように、自分のベストを尽くす」と誓った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事