グラップリング
レポート

【QUINTET】TEAM CARPE DIEMが女子団体グラップリング巴戦を制し、優勝!

2021/03/12 17:03
 2021年3月12日 (金)、EX THEATER ROPPONGIにて、女子団体グラップリング巴戦の「QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO」が開催された。大会の模様はUFC FIGHT PASSにて生配信された。 割り箸のくじ引きで組み合わせ抽選。 TEAM CARPE DIEM‥‥‥合計 275.75kg 先鋒 SARAMI 52.20kg次鋒 守脇美友 52.25kg中堅 石黒遥希 51.20kg副将 菅里実 50.65kg大将 内山裕規 69.45kg  CARPE DIEMはQUINTETにおいてこれまで3連覇を果たすなど「最強柔術軍団」の名にふさわしい戦績を残してきたが、今回は満を持して女子チームの参戦が決定。男子チームと同じく圧倒的な強さを見せつけることができるか。  チームリーダーの石黒遥希は、QUINTET FN2でシングルマッチで湯浅麗歌子と対戦し、アジア選手権3連覇、2019年のJBJJF全日本選手権も制覇し茶帯となった選手。さらに、2019年アジア選手権を制覇したポジションどりのテクニシャンでツヨカワマシュマロ女子の内山裕規、ガナビー杯 柔術国際オープントーナメントで優勝している守脇美友、2019年のアジア選手権で優勝している菅里実、そして、身体の強さはチーム1でオールラウンダーのMMAファイターSARAMIの パンクラスイズム横浜所属で柔道出身MMAファイターのSARAMIは、クラブバーバリアン時代から柔術に取り組み、パンクラスイズム横浜でSARAMI柔術クラスを担当、CARPE DIEM三田で練習している姿もアップしており、ノーギでの「身体の強さ」と「オールラウンダー」ぶりに注目だ。 TEAM Fairtex‥‥‥合計 271.70kg 先鋒 坂元和子 48.95kg次鋒 吉田綾子 47.40kg中堅 カロリーナ・デ・アモリン・クワハラ 66.55kg副将 ジュリアンナ・ラウレンティーノ 53.05kg大将 岸田蘭音 55.75kg  柔術選手を中心にしたTEAM Fairtexは、2017年IBJJF世界柔術選手権で二冠(青帯女子ジュブナイル1ミディアムヘビー級&オープンクラスヘビー)を達成した実力者カロリーナ・デ・アモリン・クワハラがキャプテンを務める。  カロリーナを筆頭に、柔道出身でIBJJFアジア選手権2019アダルト紫帯フェザー級優勝の岸田蘭音、DUMAUインターナショナル2020女子アダルト青帯ライトフェザー級優勝のジュリアンナ・ラウレンティーノ、ZST Battle Hazard08 女子GTFトーナメントで準優勝、FINISH03でも最短FINISH賞を受賞している今成和成の弟子・坂元和子、ASIA2019青帯rooster3位の吉田綾子と実績のあるメンバーが集結した。  キャプテンのカロリーナは「道衣無しでも自分たちの実力を見せつけます! 一人ひとりが全力を出し切って頑張ります! 応援よろしくお願いします」との自信のコメントを残している。 TEAM CARPE DIEM×TEAM Fairtex 〇先鋒 SARAMI 52.20kg[反則] ※反則のジャンピングガード×先鋒 坂元和子 48.95kg  先に引き込む坂元に、トップが強いSARAMIは上からパス狙い。草刈からSARAMIをこかす坂元。しかし足を抜き立ち上がるSARAMI。今成ロールのように足を手繰る坂元はオモプラッタ狙い。かからず動き続けてパスを狙うSARAMI。インバーテッドガードから足関節を狙う坂元にSARAMIは圧力をかけ続け、パスからマウント! さらに肩固めへ! 防ぐ坂元に解いてハーフから再び肩固めを狙うがブレーク。  奥襟を取りに行くSARAMI。ダブルレッグテイクダウンのSARAMIに潜り足関節は坂元。立ち上がるSARAMIの圧力に思わずジャンピングクローズドガードは坂元も反則。SARAMIが勝ち上がり。 〇先鋒 SARAMI 52.20kg[腕十字]×次鋒 吉田綾子 47.40kg  組み手争いから跳びついてのギロチンチョークはSARAMI! 頭を抜いた吉田。スタンドへ。足払いから崩したのはSARAMI! バックから正対した吉田にハーフからマウント。前腕で顔を押して嫌ったところを手首を取りに行く。腕十字を狙うSARAMI。最後はうつ伏せになって極めた。 ×先鋒 SARAMI 52.20kg[腕十字]〇中堅 カロリーナ・デ・アモリン・クワハラ 66.55kg 体重差のあるなか4分戦。SARAMIの足を取り上になりハーフからパスを狙うカロリーナ。一気に腕十字へ行くが、ここはSARAMIもヒジを抜く。しかし、下から腕を手繰りオモプラッタ、三角絞め狙い、さらに腕十字でカロリーナが勝利。 △次鋒 守脇美友 52.25kg△中堅 カロリーナ・デ・アモリン・クワハラ 66.55kg  体重差のなか4分を選択した守脇。下から足狙い、インバーテッドガードは守脇。パスを狙うカロリーナは一気に腕十字に入るが、外す守脇。シングルレッグから立つカロリーナ。  引き込むカロリーナ。スイープからデラヒーバ狙いのもカロリーナがアンクルホールドへ、さらにヒザ十字に入るとパスガード、マウントから腕十字狙い。凌ぐ守脇。残り1分。ヒザ十字のカロリーナ、外す守脇になおもカロリーナはアンクルへ! 守脇が分け役として、カロリーナを止めた。 〇中堅 石黒遥希 51.20kg[腕十字]×副将 ジュリアンナ・ラウレンティーノ 53.05kg 石黒が一気にパスガード、腕十字15秒勝利! ×中堅 石黒遥希 51.20kg[リアネイキドチョーク]〇大将 岸田蘭音 55.75kg  シッティングガードの石黒に、岸田は上から攻めるが、石黒はデラヒーバからストレートフットロックへ。右足を抜く岸田はパス狙いも腰を切って許さない石黒。インバーテッドガードも、岸田がかみつきパスから首を抱えてパス狙い。しかし下から石黒がフットロック。岸田はハーフのまま肩固め、ブレークへ。  シッティングガードの石黒。下からヒザ十字、サドルロックからストレートフットロックも岸田もアキレス腱を取りに。ともに外すと下のままの石黒。右で脇差しの岸田にハーフから担ぎパス狙いの岸田。しかしパスさせない石黒はバック狙い。外す岸田が激しいパスガードの攻防から一気にバック! すぐに首下に腕を巻いた岸田がリアネイキドチョークを極めた。4分44秒。 〇副将 菅 里実 50.65kg[ダースチョーク]×大将 岸田蘭音 55.75kg  スタンドの組み手争いは菅。引き込む岸田はハーフに。休ませずパスを狙う菅。ダースチョークに入るとパス。タップを奪った。 ※TEAM CARPE DIEMが1人残しで勝利 [nextpage] ▼エキシビション Special Iron Man Match 8分-SAKU Jr.(サクラバファミリア)73.80kg[勝敗なし]-鈴木和宏(トライフォース柔術アカデミー)69.65kg  桜庭和志ゼネラルプロデューサーの長男、SAKU Jr.(22)がエキシビションマッチに参戦。「Special Iron Man Match」に登場し、鈴木和宏(トライフォース柔術アカデミー)と対戦する。  エキシビションの時間は8分、試合時間内は双方いずれかが一本を取っても、改めて中央から試合を再開するというルールだ。  SAKU Jr.は、幼い頃から大学まで柔道に打ち込み、今春の大学卒業後、一般企業への就職が決まっている。社会人生活が始まる前に、桜庭Pが「これまで鍛え上げてきた技術や情熱をQUINTETの舞台で披露したらどうだ」と話をしたところ、本人が「やってみたい」と返答。今大会への出場が決定した。今後、プロ格闘家デビューするわけではないという。  対する“ラバンバ”鈴木は桜庭Pと同郷の秋田出身。柔術日本選手権紫帯フェザー級3位の実績を持つ。QUINTET秋田大会ではTEAM SAKURABAのメンバーとして出場。2月28日の柔術大会「KIT 02」では、寒河江寿泰をゴールデンスコアに下している。  今回のチャレンジに向けて父・桜庭和志は「社会人になるジュニアよ、柔道に明け暮れた青春の証をここに刻め! SAKUシニア・談」とのコメントを発表している。  QUINTETの公式YouTubeでは、得意技を「手足が長いタイプなので大外刈です」というSAKU Jr.は、所英男とのスパーリング動画でバックから、父譲りの腕十字の動きを披露。QUINTET参戦を「やったことのないことをやりたいタイプだったので楽しそうだと思った」という。  肌を合わせた所も「正直、強くてビックリしたのと、気を遣ってくれて投げたりしなかったですけど、ほんとうだったらここで投げられて死んでるなみたいなところがたくさんありますね」と、柔道仕込みの立ち技の圧力も感じたことを語っている。  人生の目標は「お父さんを超えること」と語るSAKU Jr.。父の目前で、どんな動きを見せるか。  桜庭和志の「SPEED TK RE-MIX」で入場のSAKU Jr.。  先に下を取る鈴木。SAKU Jr.が先にヒザ十字に。鈴木は下から足関節狙い。その手首を取り横三角からキムラに移行し先にSAKU Jr.が一本を取る。  デラヒーバからバック狙いの鈴木。腕十字を取りに行くが、長い足をかけるSAKU Jr.がヒジを抜く。足関節を狙うSAKU Jr.にヒザ十字で切り返す鈴木。潜り足関節を狙うが長い足を差し込むSAKU Jr.。さらに足を取り直し手前に引いて鈴木がヒザ十字を極めた。  極められた足を引くSAKU Jr.は引き込みに。桜庭ばりの側転パスを狙う鈴木。シングルレッグに入ると、SAKU Jr.は父親譲りの桜庭ロックへ。腕を外した鈴木が腕十字に入るもゴング。互いに一本を取り合い、熱いエキシビションを終えた。  試合後、桜庭プロデューサーとともにSAKU Jr.の柔道部の同級生たちがマットに上がり、桜庭から記念のメダルを授与。桜庭は、「カッコイイ大人になってください。カッコイイとはいうのはココだから」とハートを指した。 [nextpage] TEAM Coroblock‥‥‥合計 273.85kg 先鋒 小生由紀 51.10kg次鋒 藤野恵実 57.20kg中堅 柳 仙香 53.80kg副将 WINDY智美 52.95kg大将 端 貴代 58.80kg  かつて藤野とVALKYRIE旗揚げ戦で対戦経験があり、近年は柔術にも力を入れているWINDY智美、さらに和術慧舟會出身で、2007年ADCC世界大会女子-60kg級3位の端貴代も参戦。  QUINTETに向け藤野は「チームコロブロックの藤野恵実です! 帰ってきましたBBAなめんな。MMAファイターは強いんだよ! 優勝するために出場決めました。チーム=BBAのみんなで力を合わせて頑張ります!」との力強いコメントを発表。  小生はプロ修斗を主戦場にするMMA選手で、グラップリング大会で一本勝ちを量産するなど極めの強さに定評がある。  柳はQUINTETにも参戦したTKこと高阪剛の弟子で、バックボーンは打撃系ながらも全日本アマチュア修斗決勝では腕十字で一本勝ちするなど勝負強さが光る選手だ。  TEAM Coroblockは全員がMMAファイターでありながら、端貴代と柳仙香はアマチュアQUINTET参戦経験もあり、藤野、WINDY智美は柔術の研鑽に努めるなどグラップリングの技術も持ち合わせ、さらに他の2チームよりもフィジカルの強さがあるという総合力の高いチームといえる。 TEAM Fairtex×TEAM Coroblock △先鋒 坂元和子 48.95kg△先鋒 小生由紀 51.10kg  引き込む坂元にバックを狙う小生。そこに前転足関節を狙う坂元。さらに後ろ三角絞め! 腕を伸ばされないように組む小生。ブレーク。  再び引き込む坂元。ハーフから小生がヒザ十字も足を抜いた坂元が足関節に。すぐに首を抱えて上を取りに行く小生。ブレーク。指導は両者に。  引き込む坂元はすぐに手首を掴み腕十字へ。抜いた小生は足を抜きにかかる。上を取った坂元。ガードの中に入れる小生。指導は坂元に。  ニーオンから再開の小生に坂元は下から足関節もゴング。両者痛み分け。 △次鋒 ジュリアンナ・ラウレンティーノ 53.05kg△次鋒 藤野恵実 57.20kg  左ヒザにサポータを巻く藤野。引き込むラウレンティーノに藤野はハーフからラウレンティーノの手首を取りキムラに。しかしフルガードに戻したラウレンティーノが外す。  ガードの中から首を巻いてギロチンチョークは藤野。しかし足を効かせて首を抜くラウレンティーノ。スタンドに。引き込んだラウレンティーノはハーフから際で上を取ろうとするが、潰すのは6kg重い藤野。  ラウレンティーノの腕十字狙いをすかしてパスを狙う藤野。しかしラウレンティーノはなおも下から腕を巻く。ブレーク。  スタンド。引き込むラウレンティーノ。脇差しパスを狙う藤野にさせない。タイムアップ、両者痛み分けに。 △中堅 カロリーナ・デ・アモリン・クワハラ 66.55kg△中堅 柳 仙香 53.80kg  引き込みカロリーナに上の柳も膠着。互いに指導が入る。スタンドから再び引き込み、スイープ狙いから腕十字、三角絞めも狙うカロリーナ。極めに行くが正対し戻す柳。なおも引き込み、三角絞めはカロリーナ。しかし抜いた柳。ブレーク、指導は柳に。  サイドからスタートのカロリーナ。足を戻す柳は残り10秒でダブルレッグテイクダウン! カロリーナを分け役として共倒れにした。 〇副将 吉田綾子 47.40kg[腕十字]×副将 WINDY智美 52.95kg 引き込む吉田にWINDYはインサイドガードに。下からの腕十字狙いをすぐにヒジを抜く。スタンドで大外刈テイクダウンは吉田! 腕十字に入るが、WINDYも角度をズラして凌ぐ。しかし、吉田が十字を極めた。1分55秒。 ×副将 吉田綾子 47.40kg[アメリカーナ]〇大将 端 貴代 58.80kg  バックを奪う端がフェースロック気味にリアネイキドチョークへ。凌ぐ吉田になおもマウントの端はキムラ狙いも吉田は亀に。そこにダースチョークを狙う端がサイドに。マウントを奪い脇を開けさせる端。モンジバカ=手首固め狙いから最後はアメリカーナを残りわずかで極めた。 △大将 岸田蘭音 55.75kg△大将 端 貴代 58.80kg ※大将戦指導数は同じ、全体の指導数も4で同じ。判定は赤で「TEAM Fairtex」が勝利  トップの強い端相手に引き込んだ岸田。立ち上がると四つから引き崩して上に! サイドから頭つきアームロック狙いからバック狙い。しかし、ここは上下を入れ替える端。ニースライスを狙う端。ブレーク。両者に指導。  大内刈テイクダウンは岸田! 下から足を手繰る端を潰そうとするが下の端もV1アームロックへ。外して上を取る岸田。端はディープハーフからガードに戻し、シングルレッグへ。これを取り切り上は端。パスを狙うが切る岸田が片手でギロチンチョークへ。バックに回りたい端。首を外した岸田にスクランブルから上は端! ハーフガードからベリンボロ狙いの岸田。あと45秒。  熱闘の両者。引き込んだ岸田は下から腕十字狙いで動き続け、端もパス狙いも引き分け。大将戦指導数は同じ、全体の指導数も4で同じ。判定は赤で「TEAM Fairtex」が「TEAM CARPE DIEM」へのリヴェンジ戦に進んだ。 [nextpage] ▼Special Single Match 75kg契約 8分×中村大介(総合格闘技夕月堂本舗)74.10kg[旗判定0-3]〇世羅智茂(CARPE DIEM)74.90kg  中村はプロレスリングU-STYLEで活躍しながら、2002年7月の「THE BEST Vol.2」シャノン・“ザ・キャノン”・リッチ戦での腕十字による一本勝ちでプロMMAデビュー。  現在はプロレスリング・ノアで杉浦貴率いる『杉浦軍』に所属しながら、MMAも継続し、2021年2月21日に行われた『DEEP100』では、現DEEPフェザー級王者・牛久絢太郎を2R ヒザ蹴りでKOに下すアップセットを成し遂げた。40歳にして、MMA30勝19敗1分という、ベテランのいぶし銀ファイターだ。ちなみに中村のデビュー戦の相手、シャノンも判定決着無しの58勝90敗で現役を続行しており、同世代のしぶとさを見せつけている。  中村は、牛久戦の前に、「自分が生まれ育った北千住の隣町に、カール・ゴッチさんのお墓がある事に、運命を感じちゃいます。直接面識はありませんが、最近の試合前恒例、ご挨拶に行ってきました。『Never lie , never cheat , never quit.(嘘をつかない、ズルをしない、辞めない)』肝に銘じて、闘いに臨みたいと思います」と覚悟を記し、「今が間違いなく、自分史上、最強。60歳くらいでピークを迎えるつもりです」と意気込みを語っていた。  そして、試合では2度のバッテイングにもめげずにカウンターのヒザ蹴り一閃。現役王者の牛久を失神させる衝撃KOを決めている。QUINTETでも1人抜きの金原正徳を腕十字で極め、現RIZINフェザー級王者の斎藤裕をヒザ十字でタップを奪うなど、様々な体勢からの極めを誇る。  今回の世羅戦に向け、「『現役バリバリの選手とやってみたい』とは言ったものの、バリバリの選手がジャンジャンバリバリやってきますね!『男なら…やってやれ!』だ!! 頑張ります!」と、滾る思いを記した。 対する世羅は全日本ブラジリアン柔術選手権二階級制覇や、2018年の『RIZIN オープングラップリングトーナメント』75kg級で全試合一本勝ち優勝など、ノーギでの強さも誇る。  2019年11月のQUINTETでは、鈴木和宏を腕十字、出花崇太郎をヒザ十字と、連続で極めるなど圧巻の動きを見せており、ケージグラップリングでも、青木真也や岩本健汰に極めさせずドローとなるなど、コロナ禍も積極的に試合に臨んできたグラップラーだ。  世羅は自身のYouTubeで、「QUINTET、決まりました。相手は有名な中村選手。先日のDEEPで現役チャンピオンに勝っちゃいましたね。僕もチケットを勝って見ていましたけど、すごいタイミングのヒザ蹴りで相手を完全に失神させて、すごいKOでした。いまだに現役ですごく強い方です」と、自らチケットを購入して中村の前戦を視察し、その人間的強さを実感。 「たぶん『腕十字対決』って煽られるんですけど、あんまり僕は最近、腕十字極めてないんで、どうなんでしょうね(苦笑)。中村選手、すごい強くて楽しみです。僕はいつも通り、極めに行くだけ。こっちも全力で行くんで、よろしくお願いします」と、「全力で極めに行く」ことを宣言した。  職人芸ともいわれる両者のサブミッション、そして互いに得意とするヒザ十字、腕十字もスタイルは異なり、極め合いとなれば高度な攻防となるだろう。  なお、両者の対戦は、契約体重は75kg、試合時間は8分一本勝負となり、決着がつかない場合は指導数が少ない方が勝利し、同数の場合は旗判定で勝敗が決まるルールとなる。  先に引き込んだ世羅。ギロチン狙いも外す中村。下から跳ね上げて十字、ギロチンを狙う世羅。しかしかからない中村。脇差す中村にバック狙いから三角絞め狙いは世羅。先に仕掛けていく。  下からヒップスローの世羅が草刈から上に。バックに回ろうとする世羅に正対する中村。またも下から首を巻いてスイープ、マウントは世羅。背中を見せる中村は足を巻かせないように。しかし、4の字ロックを組む世羅に、腕を手繰り腰をずらす中村。しかしバックを取り続ける世羅は腕十字も狙う。  中村が正対したところで中央再開。マウントからギロチンは世羅。外した中村に肩固め狙いから腕十字! 腕が伸びるが脇を伸ばして回転して外す中村!   上を取ろうとする中村にギロチンを巻く世羅だが片手。クラッチするが首を抜く中村。中村が上から首固めもゴング。指導は同数。判定は3-0で中村に攻める隙を与えなかった世羅が勝利した。 [nextpage] TEAM CARPE DIEM×TEAM Fairtex 決勝戦 〇先鋒 内山裕規 69.45kg[ストレートフットロック]×先鋒 岸田蘭音 55.75kg  引き込んだ内山は下からヒザ十字、ストレートフットロックへ。さらに組みなおして57秒、ストレートフットロック(アキレス腱固め)うつぶせで極めた。 〇先鋒 内山裕規 69.45kg[2不3 ヒザ十字]×次鋒 ジュリアンナ・ラウレンティーノ 53.05kg これも4分戦。下のラウレンティーノに内山はアンクルホールドへ。手を掴み外すラウレンティーノは下から草刈。しかし内山は足関節狙い。抜くラウレンティーノ。 パスガード狙いから手首をつかみにいくが内山は残った足をヒザ十字に極めた。2人抜き! △先鋒 内山裕規 69.45kg△中堅 坂元和子 48.95kg これも4分戦。シッティングガードからヒザ十字の内山もここは足を外す坂元。内山のパス狙いに下からアームロック狙い。ここは腕を外す内山がダースチョークへ! その手を掴んでいた坂元が凌ぐ。  足関節の攻防に挑む計量の坂元。首を抱えてのパスガード狙いも坂元は凌ぎ、内山を止めた。 〇次鋒 守脇美友 52.25kg[腕十字]×副将 吉田綾子 47.40kg  下を取る吉田。守脇は首を抱えてネッククランク気味にマウントへ。エゼキエルチョークを狙う守脇は、腕十字へ。1分29秒で吉田を下した。 △次鋒 守脇美友 52.25kg△大将 ロリーナ・デ・アモリン・クワハラ 66.55kg※TEAM CARPE DIEMが3人残しで優勝  守脇は4分戦の選択。引き込む守脇にすぐにパスガードのカロリーナは速攻勝負へ。デラヒーバから足を取りにくる守脇。パス狙いのカロリーナは足狙いも蹴って脱出する守脇。攻めるカロリーナはバックに! マウントを奪うも足を戻す守脇にすぐにパス、マウント腕十字に入るカロリーナ! しかしヒジを抜いている守脇。なおもサイドから攻めるカロリーナを凌ぎ、ドロー。  連戦となったTEAM Fairtexを相手に、3人残しでTEAM CARPE DIEMが優勝。ピンク色のハート形の手作りのメダルを桜庭和志プロデューサーから受け取った。桜庭プロデューサーは「コロナが落ち着いたら10th Planet チームを呼んでやりたいと思うのでよろしくお願いします」と2年前の女子大会優勝チームを招聘したいと語った。 [nextpage] ▼オープニングファイト 65kg 8分〇丹羽怜音(Art of Jiu Jitsu)65.0kg[旗判定]×長野将大(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)64.90kg  丹羽怜音は、ヒクソン・グレイシーの正当な系譜であるアクシス柔術アカデミーの若きエースと言われ、弟の丹羽飛龍とともにアメリカ修行も経験済み、モダン柔術の申し子と言われている選手。  対する長野将大は、所英男率いる所プラス期待の新星で、桜庭和志とも練習を共にしてスパーリングを重ねており成長著しい選手だ。所イズムを注入された動き続けるファイトスタイルは圧巻。  引き込み下になる丹羽にアンクルホールドをかけにいく長野を外してギロチンを仕掛ける丹羽。スクランブルから立つ長野。  デラヒーバを作る丹羽に、ストレートフットロックの長野。外す丹羽は再びギロチンをベースに上に。バックから腰を潰そうとする丹羽。上から首を抱える丹羽に、首を外してガードに戻す長野は下から足関節へ。  それを外して脇差しパスガード、マウントの丹羽はバックマウント。たすきから4の字ロック、リアネイキドチョーク狙いへ。ネッククランクに移行し、逃げる長野に腕十字狙い。  スイープから腕十字狙いは長野。それを落としてバックにつく丹羽。正対する長野はストレートフットロック。すぐに立つ丹羽はレッグドラッグからパスガード、腕十字狙い。マウント、バック、と攻め続ける丹羽に、凌いで上を取ろうとする長野はストレートアームバーへ! 最後は  指導数も同数で旗判定は、ポジションを制した丹羽が勝利した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事