キックボクシング
ニュース

【REBELS】頂上決戦を制した海人「70kgで世界に勝てる日本人に唯一自分がなれる」、敗れた日菜太は引退か

2021/03/01 23:03
 2021年2月28日(日)東京・後楽園ホールにて開催された『REBELS ~The FINAL~』の一夜明け会見が、3月1日(月)都内にて行われた。  会見にはダブルメインイベント第2試合の【無法島presents】REBELS-BLACKスーパーウェルター級タイトルマッチ3分3R延長1Rで、王者・日菜太(クロスポイント吉祥寺)を判定2-0(30-28、29-29、29-28)で破り、新王者となった海人(TEAM F.O.D)が出席。前夜の試合を振り返った。 「REBELS最後の大会に出場させてもらって光栄に思います。日菜太選手とやらせてもらって、試合後に『世界に行ってきてくれ。通用する』と言ってくれたので、その言葉に恥じないように覚悟を決めてこのベルトも自分のものとして誇れるように世界に挑んでいきたいと思います」と海人。  試合に関しては「正直もっと蹴って来るかなと思っていました。パンチが多くて姿勢も低かったので、ヒザの想定はなかったのですが腹に入っていたので顔面にもっていく作戦にしました」と、試合中に作戦を変えたのがハマったとし、「少なかったものの左ミドルの重さが印象に残りました。70kgに上げてそれなりの選手とやらせてもらいましたが、その中でも重たかった。通用させてきた世界の左ミドルやなって思いました。質とかはタイ人の蹴りも凄いですが、重さとか腕にずしっときて世界と戦ってきた選手だって思いました」と日菜太を称えた。  同日先に行われたRISEの一夜明け会見では、第2代RISEウェルター級王者“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館)が「昨日の裏で70kg日本人最強決定戦をやっていましたが、日本最強は僕だと思っているので、年内に勝ってそれを証明して世界のバケモノの選手たちをRISEに呼んで僕が70kgを背負っていきます」と、かつて判定で敗れた海人との再戦を口にした。  それについて海人に聞くと「正直言わせてもらうと興味ないんですよ。一度勝っているので。今は興味ないですけれど、機会があればいつかは70kgで再戦もあるのかなと思いますけれど。やった時は分からせたろかなと思います」と、今は興味がないと答えた。  では、やりたい相手は誰かと聞くと「リベンジしたい相手は変わらない。機会があれば下の階級でやって来たので、やれるなら下げるつもりです。リベンジさせてもらえるなら」と、ザカリア・ゾウガリーやチャムアックトーンなど一度敗れた相手にはリベンジしたいという。  加えて「70kgで世界に行って自分が通用するか試したい。70kgで世界に勝てる日本人に唯一自分がなれると思っているので、70kgで一番強い人に日本人の僕がなっていきたい。ヒジありでもタイ人とやっていきたいし、外国でもやりたいし、やりたい人はいっぱいいすぎていますね」と、世界の強豪たちと戦っていきたいと変わらぬ目標を話した。  今後も「シュートボクシングで試合をするのが一番(優先)ですが、他団体に出場機会をもらえればSB最強を証明していきたいと思っています」と、他団体にも乗り込んでいきたいとも。  宮田充プロデューサーは「試合ももちろんですが、最後に日菜太選手がリングを降りる際に海人選手が深々とお辞儀をしていたあの姿勢にはぐっときました。それとシーザー会長が目を細めていたのが印象的でした。世界との絡みはいつだったらできると明言はできないですが、国内限定のベルトじゃないし、REBELSのリングで外国人選手同士がベルトを争ったこともあります。SBに防衛戦のオファーをするなら外国人になるのか日本人になるのか。トーナメントをやるので王者として出てくれないかとか。海人選手は試合前会見から世界を目指していると明言しているので相談していきたい。SBのファイターなので、第一にSBがあって、このベルトを保持してもらってその中で海外のリングやKNOCK OUTもあるし、話に出た団体さん(RISE)もあるかもしれないので、いい関係を維持していきたいです」と、今後も海人にはKNOCK OUTに出てもらいたいとした。  海人は「4月10日のSBで試合が決まっています。このベルトを持ってREBELS王者(今後はKNOCK OUT王者)としてもそうですが、70kgで世界に通用するのをSBでも他団体でも証明していきたい。見てくれている皆さんにも誇ってもらえる姿を見せたいと思います」と、様々なものを背負って戦っていくと語った。  また、敗れた日菜太に関して宮田プロデューサーは「昨夜ドクターから連絡があって病院へ行っていて、上アゴ骨折ということで、前歯が数本折れた状態です。最初は手術かなって話もありました。昨日は手術する必要もなく入院も大丈夫とのことでしたが、今日も診察に行っています。ファイターのピリオドはその選手の美学。運営としてはゆっくり考えたらと言葉を投げたい」と、進退は日菜太の判断に任せるとした。  山口元気代表は「日菜太が負けて僕のところへ来て『会長、僕、潮時です』って伝えに来ました。もうスピードが落ちているのでもう無理だなと思いましたし、十分に頑張ったと思います。クロスポイントに移籍して10年、よく頑張った、彼は以前から言っていましたが、自分は若手でこれからトップを獲る選手と最後に必ずやって、自分もそうやってのし上がって喰ってきたので、次の世代に負けて辞めると。本当にそうだったなと。彼らしいいい試合で形でした。次の世代にバトンタッチできた。最後は感慨深かったです」とのエピソードを明かした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事