MMA
ニュース

【DEEP】元谷「しっかり勝ちたい」vs.昇侍「100回大会のメインに相応しい試合を」、北岡「明日を生き残って語る」vs.大原「尊敬と敬意の気持ちを持って勝ちたい」=2月21日(日)TDC

2021/02/20 19:02
【DEEP】元谷「しっかり勝ちたい」vs.昇侍「100回大会のメインに相応しい試合を」、北岡「明日を生き残って語る」vs.大原「尊敬と敬意の気持ちを持って勝ちたい」=2月21日(日)TDC

(C)ゴング格闘技

 2021年2月21日(日)の『skyticket Presents DEEP 100 IMPACT ~20th Anniversary~』TDCホール大会の前日計量が20日(土)、都内にて13時より行われた。

 本戦13試合+オープニングファイト3試合の全16試合のメインイベントは、元DEEPバンタム級&フライ級王者の元谷友貴(フリー)と昇侍(トイカツ道場)が対戦。元谷は61.60kg、昇侍は61.70kgで計量をパスした。ともに前戦をRIZINで戦っている両者にとって、4月から開幕するRIZINバンタム級日本GP(16選手参加)の前哨戦となる。

 セミはライト級戦。元王者の北岡悟(パンクラスイズム横浜)が70.75kgで計量をパスし、対する大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)も70.60kgでパスした。両者ともに前戦はRIZINで、北岡は9月に久米鷹介に判定負けして以来の再起戦。大原は同じ大会で矢地祐介に判定勝ちしており、DEEPでも連勝を狙う。

 また、「ウェルター級暫定王者決定戦」の阿部大治(フリー/76.80kg)とレッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会/76.85kg)、「フライ級暫定王者決定戦」の藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We/56.55kg)と渋谷カズキ(高本道場/56.25kg)も無事に計量をパスしている。

 今大会のチケットは全席完売しており、SPWNでのPPVライブ配信サムライTVで生中継される。RIZIN榊原信行CEOがスペシャルゲスト解説、ゲスト解説は前DEEPフェザー級王者の弥益ドミネーター聡志が務める。

▼第13試合 メインイベント DEEPバンタム級 5分3R
元谷友貴(フリー)61.60kg
昇侍(トイカツ道場)61.70kg

元谷
「DEEP100回記念のメインなのでしっかり勝ちたいと思います」

昇侍
「100回記念大会でメインとして試合をさせていただけることを光栄に思います。メインに相応しい、歴史ある100回記念に相応しい戦いを見せたいと思います」

▼第12試合 セミファイナル DEEPライト級 5分3R
北岡 悟(パンクラスイズム横浜)70.75kg
大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)70.60kg

北岡
「語るべき何かは明日を生き残って語りたいと思います」

大原
「北岡選手は選手として、とても尊敬していてファンだった選手ですが、それでは勝てないので、尊敬と敬意の気持ちを持って明日は勝ちたいと思います」

▼第11試合 DEEPウェルター級暫定王者決定戦 5分3R
阿部大治(フリー)76.80kg
レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会)76.85kg

阿部
「明日は真っ向勝負でぶっ倒してベルトを獲ります」

レッツ
「このようなDEEP100回大会という大きな舞台で、暫定王者決定戦に初参戦で挑めることに感謝しつつ、自分はGLADIATORの王者なので強さを見せつけて、僕が明日KOで勝ちます」

▼第10試合 DEEPフライ級暫定王者決定戦 5分3R
藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We)56.55kg
渋谷カズキ(高本道場)56.25kg
※当初出場予定だったビョン・ジェウン(韓国)は非常事態宣言延長で入国不可。

藤田
「今回タイトル初挑戦ということで、機会を与えてくださった佐伯代表ありがとうございます。ビョン・ジェウン選手に代わって試合を受けてくれた渋谷選手もありがとうございます。明日は何が何でも獲りに行く心構えでしっかり勝ちに行きます」

渋谷
「今回は韓国人選手の代役として急遽参戦することになりましたが、来るべきして来た戦いだと思っています。しっかり極めて次に繋げたいと思います」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事