MMA
レポート

【修斗】環太平洋王者SASUKEが初防衛成功でRIZIN参戦表明。元UFCの石原夜叉坊が修斗復帰戦で祖根寿麻に敗れる=第2部

2021/01/31 17:01
 2021年1月31日(日)、竹芝ニューピアホールにて「PROFESSIONAL SHOOTO 2021開幕戦 Supported by ONE Championship」が開催された。  第2部、夜大会では、メインでSASUKE(王者・初防衛戦/マスタージャパン)が内藤太尊(同級5位/roots)を2R リアネイキドチョークで極め、環太平洋フェザー級王座初防衛に成功。「修斗の王者は1人だけじゃない。あっちが下りて来ないならこっちから行く。(修斗世界フェザー級王者の)斎藤裕を最初から狙っていたのは俺。世界に行くには日本一を倒せばいい」と、RIZIN参戦をアピールした。  また、第1試合では、UFCから修斗に復帰を果たした石原夜叉坊(KING OF FREE)が、元環太平洋王者の祖根寿麻(ZOOMER)と対戦。試合勘に分のある祖根が打撃戦を制し、判定勝ちしている。 ▼メインイベント 第5試合 環太平洋フェザー級チャンピオンシップ 5分3R○SASUKE(王者・初防衛戦/マスタージャパン)[2R 2分34秒 リアネイキドチョーク]×内藤太尊(同級5位/roots)※SASUKEが初防衛に成功  環太平洋フェザー級新王者のSASUKEが早くも初防衛戦に臨む。怪我により3年を越えるブランクを経て、2019年12月に復帰すると破竹の四連勝を飾り、2020年9月に仲山貴志との激戦を制し、悲願のタイトルを奪取したSASUKE。  試合後には空白の期間を思い返し「格闘技を嫌いになってしまえばどんなに楽だったか」と思いの丈を吐露。修斗フェザー級世界王者にして、RIZIN同級王者にも輝いた斎藤裕に対し、宣戦布告もしている。西浦ウィッキー聡生をドミネートした組み技、仲山貴志を下した打撃の圧力を発揮し、15分間攻め続けることができるか。 【写真】大外刈でテイクダウンを奪うSAUSKE。柔道の足技に加え、ダブルレッグなど上下で組んで倒せる強みを持つ。  そのSASUKEに挑戦するのが、同級5位の内藤太尊だ。極真カラテ全米選手権を制したフルコンタクト空手仕込みの打撃を武器に、師匠佐藤ルミナ譲りのアグレッシブなファイトスタイルを信条としている。2019年3月に工藤諒司に判定0-2で敗れたものの、2019年7月の前戦ではRIZINに参戦した青井人に2R KO勝ちで再起。今回の環太平洋フェザー級チャンピオンシップに漕ぎつけた。  空手仕込みの離れ際のハイキック、工藤をダウンさせた歩いて突く左右の連打。何より最後まで勝負を諦めない心のスタミナに長けている。  今回のタイトル戦には受け継がれるべき系譜がある。遡ること15年前。2005年に制定された環太平洋タイトルの初代王者となったのがroots代表“修斗のカリスマ”佐藤ルミナだった。そして、その意思を引き継ぎ、第4代王者としてこのベルトを巻いたのが、2020年に惜しまれながらも現役を退いた土屋大喜だ。  毎年ニューカマーが誕生し、歴史が紡がれてゆく修斗。受け継がれていくレガシーを継ぐのは内藤太尊か? それともSASUKEが更なる一歩を踏み出すのか? この戦いこそがまさに修斗の“ルーツ”だ。  1R、ともにオーソドックス構え。右のカーフキックはSASUKE。内藤はオーソから左ミドルを返す。スタンスを狭くした内藤に再びカーフキックはSASUKE。続けて今度は右フックと上下に散らす。内藤も右を入れ、左ミドルも自らバランスを崩して尻餅。すぐに立ち上がる。  速い右ローはSASUKE。内藤も中間距離から左フックの飛び込み! いったん下がったSASUKEは距離を作り直し、3度目のカーフキック。上体を立てた内藤は右ジャブを返す。  左ミドルを腹に当てる内藤。その蹴り足を掴むSASUKEに右フックを入れて足を抜いて離れる。右ローのSASUKEに、同じく右ローを返してすぐに右を打つ内藤。左ミドルの打ち終わりに互いの右が交錯する。そこで回転を速めたのは内藤。3連打で前に出るも、近づいて大外刈はSASUKE! サイドを奪うが、すぐに立ち上がる内藤の片足を掴んで、その放し際を詰めて行く。  金網際で今度は大内刈テイクダウンはSASUKE! ガードの中に入れる内藤は細かいパンチを入れて立ち上がるが、その立ち際に左で差して左のヒザを連打するSASUKE。右で小手に巻き半身の内藤にヒザ蹴り。内藤は払い腰で崩すとSASUKEは離れる。  スタンド再開。左から右を振り右ストレートを当てる内藤! そのまま歩いて左の蹴りまで繋ぎ、前に出るが、そこにカウンターのシングルレッグテイクダウンはSASUKE。上でも下でも組めるのがSASUKEの強み。金網まで這う内藤は上体を立てるが、その立ち際をSASUKEがバックに回りブザー。  2R、SASUKEの右ローに合わせて左で飛び込む内藤。しかし下がりながらSASUKEは左フック! 後退する内藤にさらに左を当て、もう1発左フックで内藤がヒザをマットに着く。左右を振って組んで小外がけテイクダウンはSASUKE! ニーシールドから金網背に立ち上がる内藤だが、そこにバックを狙いつつ左ヒザを突き上げるSASUKE。正対した内藤は突き放す。  スタンド。右をスイングするSASUKE! さらに左前蹴りでバランスを崩すと内藤に入りに右ストレート! 内藤が下がると左ミドルハイまで繋ぐ。金網に詰まり左ミドルを打つ内藤だが、その蹴り足を掴んだSASUKEが押し込みテイクダウン! 内藤の立ち際に左ヒジを突く。  今度は内藤が右ロー。しかしそこに左ジャブを合わせるSASUKE。またも内藤はローを当てるが、しっかり左ジャブを合わせるSASUKE。鼻血は内藤。ワンツーで前に出た内藤を首相撲にとらえたSASUKEは右ヒザ! ダウンした内藤にSASUKEはパウンドラッシュ。亀になる内藤のバックに回り、ハーフバックからリアネイキドチョークを極めてタップを奪った。勝利にケージを駆け上がったSASUKEは「俺が修斗のチャンピオンだ! 見たか、コラッ」と絶叫。  初防衛に成功し、腰に環太平洋のベルトを戻したSASUKEは、ケージの中で「第11代環太平洋王者のSASUKEです。内藤選手、向かい合ったときからスゲーいい男でした。怪我して試合が出来なかったときに、内藤選手の試合見ていて、すごいファンだったんですよ、大好きです。内藤選手に大きな拍手をしてください」と挑戦者の健闘を讃えた。  続けて、「僕も27歳になってしまうので、世界を見据えて戦う残された時間は短いでしょう。令和の修斗伝承者は、修斗の世界王者は1人だけじゃないです。チャンピオンが降りてこないなら俺がそっちに行きます」と、世界王者が参戦中のRIZIN出場をアピール。「路上の伝説? K-1の申し子? 全部眼中にねえよ。斎藤裕を最初から狙っていたのはこの俺だ。世界に行くには日本で一番強いフェザー級を倒せばいい。そういうことでしょ。その腰に輝く金の(RIZINの)ベルトが世界への手土産に必要だから、四角いリングで日本国民を巻き込んで“修斗伝承”マッチやりましょう。俺は絶対そこまでいくんで待っててください」と、朝倉未来や平本蓮を牽制しながら、斎藤裕チャンプへの挑戦を訴えた。  最後に「日本のフェザー級、修斗のフェザー級、みんな俺には勝てないよ。なぜなら俺は修斗を愛しているから」と、修斗世界バンタム級王者の岡田遼の決め台詞をフェザー級で復唱したSASUKE。果たして、RIZIN参戦は実現するか。 [nextpage] ▼セミファイナル 第4試合 65.8kg契約 5分2R○齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場/FIGHT FARM)[判定2-0] ※19-18×2, 19-19×新井拓巳(ストライプル新百合ケ丘)  津田沼道場&FIGHT FARMの齋藤翼は、2016年10月の鷹島大樹戦から2019年5月のイム・ジョンミン戦の1R KO勝ちまでひとつのドロー(久保村 ヨシTERU戦)を挟み、修斗では8戦負けなし。しかし、2019年9月に藤井伸樹に判定負けすると、2020年5月には石井逸人にも判定負けでランカー相手に2連敗中。  新井は2019年9月の第26回全日本アマチュア修斗バンタム級(-61.2㎏)で3位。2019年12月にプロ修斗デビューし、中桐涼輔とドロー。その後、2020年12月の「Fighting NEXUS vol.21×PFC.24」で谷口勝彦に2R TKO勝ちで修斗マットに再び挑む。  1R、サウスポー構えの新井の蹴りがオーソドックス構えの齋藤にローブローとなり中断。再開。今度は新井の左の蹴りに齋藤の右のローが下から新井の股間に入り、再度中断。再開。  左カーフキックを当てる齋藤。さらに左カーフキック! そのまま押し込むが体を入れ替える新井がダブルレッグへ。離れ際に齋藤のヒザ蹴りが股間に入り、新井がマウスピースを外し悶絶。齋藤に「注意」。  再開。新井の右の蹴りを掴んでテイクダウンを狙う齋藤。足を抜く新井は左ハイもその打ち終わりに右を当てる齋藤! さらに右のカーフキック! 効かされた新井は滑り込んで引き込みを狙う。立ち上がる新井。  スイッチしても左右のカーフキックを効かせる齋藤。両足を効かせたところに右フックを当てる! 2度目の右にダウンする新井、そこにギロチンを狙う齋藤。首を外した新井になおも齋藤は右カーフキックを当てるもブザー。  インターバルでマットに座り込む新井。セコンドの手を借りてようやく椅子に座る。  2R、詰めてバックテイクする齋藤。新井は踏ん張りが効かないか。しかし際で切り返す新井が上に! ハーフから抑え込みに。下の齋藤はギロチンを狙うがヴォンフルーチョークを狙う。外してパウンド。  ブレーク。サウスポー構えの右足に左のカーフキックは齋藤! 動きが止まった新井だが、突っ込んできた齋藤にダブルレッグテイクダウンは新井! 金網使い立ち上がる齋藤だが、なおも左右から腰を引いて倒す新井。ブザーに新井は足を引いて立ち上がった。  判定は2-0(19-18×2, 19-19)で齋藤が勝利した。 [nextpage] ▼第3試合 61.2kg契約 5分2R×鎌田悠介(ピロクテテス新潟)[判定0-2] ※18-20×2, 19-19○関口祐冬(修斗GYM東京) 『オーストラリア自転車旅』を出版したピロクテテス新潟の鎌田は、2016年に4連勝でバンタム級新人王に。しかし、2017年3月にBODERで亀島聖児にKO負けを喫すると、同年11月の越後風神で仲宗根武蔵に判定負けで初の連敗。2019年12月に約2年ぶりに復帰。代輔に三角絞めで一本勝ちし、再起を果たしている。  また2018年12月に31歳でオーストラリアへ渡り、各地で格闘技修行をしながら自転車一周の旅を完遂。野営に「テントサイル」を使い、テントサイルマスターとして認められている。  対する関口は、修斗GYM東京の23歳。MMA9勝7敗6分けで、ZSTで経験を積み、2015年6月のVTJ大阪では若松佑弥に腕十字で一本勝ちもマークしている。2017年5月のプロ修斗デビュー後3連勝も、2018年8月に仲宗根武蔵に判定負けで修斗初黒星。12月に六本木洋を2R KOに仕留めるも、梶川卓、平良達郎には判定負け。2020年9月の 大竹陽戦で1R KO勝ちで再起を遂げた。  1R、サウスポー構えから入る鎌田に、少林寺拳法出身の関口はオーソドックス構えで前手を振る。スイッチすう鎌田。サウスポー構えになると右ミドルも掴んだ関口はシングルレッグへ。しかし足を抜く鎌田は右を振る。左で飛び込む関口。左カーフキックもヒット。右を返す鎌田。関口はダブルレッグでテイクダウンを奪う。クローズドガードに関口はパウンドも、鎌田の下からの仕掛けに離れる。  2R、サウスポー構えから左のオーバーハンドは鎌田。シングルレッグに入るが、関口は切る。左のカウンター狙いは関口。そして今度は関口がシングルレッグへ。尻を着く鎌田は金網まで這い、ネルソンチョークへ。首を抜く関口。  スタンド。ワンツーで入る鎌田にカウンターのダブルレッグテイクダウンは関口。そこにギロチンチョークを合わせる鎌田だが、首を抜く関口。再び鎌田はクローズドガードにしてギロチンを作り直すと後方に回してスイープして上になったところでブザー。判定は2-0(20-18×2, 19-19)で関口が勝利した。 [nextpage] ▼第2試合 61.2kg契約 5分2R○佐々木駿友(T-GRIP TOKYO)※プロデビュー戦[2R 4分23秒 TKO] ※右ストレート×寺嶋直人(SUBMIT MMA)※プロデビュー戦  秋田出身の28歳佐々木と、横浜出身の40歳・佐々木の対戦。いずれもプロ修斗デビューとなる。  佐々木の右の有効打に寺嶋はダブルレッグテイクダウン。しかし立ち上がった佐々木が左右の猛ラッシュ! 身体を振って打ち合いに臨む寺嶋を金網に釘づけにして、最後は右をクリーンヒット! 寺嶋は倒れずもレフェリーが間に入った。 [nextpage] ▼第1試合 65.8kg以下契約 5分3R×石原夜叉坊(KING OF FREE)[判定0-3] ※28-29×3○祖根寿麻(ZOOMER)※元環太平洋王者  元UFCの石原夜叉坊が、約8年振りに修斗復帰。元環太平洋バンタム級チャンピオンの祖根寿麻(ZOOMER)と対戦。試合は新型コロナウィルス感染予防対策として、当日計量の65.8kg以下契約で行われる。  UFCで2017年8月のロランド・デイ戦の判定勝ち以降、ホセ・キニョネス、現王者ピョートル・ヤン、カン・ギョンホ(2019年2月)を相手に3連敗中の夜叉坊にとっては、古巣で白星を掴みたいところ。2年のブランクはあるものの打撃を得意とする夜叉坊にとって祖根は“ド突きあえる”対戦相手だろう。  2年のブランクの間、バンタム級は修斗の最激戦区となり、群雄割拠と呼ぶに相応しい階級となっている。世界王者・岡田遼を筆頭に環太平洋王者“怪物”安藤達也。その安藤を修斗初参戦で破った大塚隆史、大阪大会で復活を遂げた“天才”田丸匠、そして今大会では藤井伸樹、齋藤翼も出場している。  数多くの強豪がひしめき合うバンタム級で“UFC帰り”の夜叉坊の首を狙うファイターは後を立たないだろう。現在、盟友・田中教路、中村優作と共闘したアルファメールジャパンは解散。『Road to UFC JAPAN』を経てUFCに出場した経験や北米で揉まれ、味わった栄光と挫折でひと回り大きくなった石原夜叉坊は復活なるか。  対する祖根は2016年から修斗へ本格参戦を果たし、初戦で土屋大喜を下すと2018年には環太平洋バンタム級王者に輝いた中京地区を代表する選手。  しかし、近年は白星に恵まれず、2018年8月のRIZINでの元谷友貴戦、修斗での岡田遼、根津優太戦、RIZINでのジャスティン・スコッギンズ、2020年4月のRoad to ONEでの後藤丈治戦のニンジャチョークでの一本負けまで5連敗中だ。  得意のストライキングを生かし、DXFC、TENKAICHI両団体のチャンピオンにもなり、Krushでも秀亮にKO勝ちしている打撃力を生かすことができるか。連敗中の祖根にとってUFC帰りの夜叉坊とのマッチアップは再浮上する千載一遇のチャンス。祖根にも期するところがあるのは間違いない。  北米帰りの夜叉坊が最も過酷と言われる修斗バンタム級に嵐を巻き起こすのか? 祖根のビッグアップセットか? 二人がその先に見ているものは、果たして……。  1R、サウスポー構えの夜叉坊。オーソドックス構えの祖根。左インローから入る夜叉坊。左の前蹴りで牽制。さらに左ハイも祖根はブロック。  再び左インローは夜叉坊。右から左ヒザをボディに突く。さらに左ミドルハイ。右を振る祖根はダブルレッグテイクダウンも金網使いすぐに立つ夜叉坊は左ヒジを打つ。  祖根の左右の入りに左ストレートをヒットさせる夜叉坊! さらに詰める跳びヒザで詰めるがシングルレッグは祖根。切る夜叉坊は右を振り、左ハイ! しかし離れ際に祖根も夜叉坊の大きくなった左に左を当てる!  2R、遠間を取る夜叉坊。さらに左ミドルも押し戻してきた祖根にカウンターのダブルレッグテイクダウン! ギロチンチョークを合わせる祖根に立つ夜叉坊だが、そこに祖根は右ヒジ! 夜叉坊からダウンを奪うとさらにアナコンダチョークへ。首を外す夜叉坊。  夜叉坊の右の蹴りに軸足を払う祖根! 跳びヒザも立ち上がる夜叉坊は詰めて左ミドル。インロー、右ミドルを返す祖根。さらに右三日月蹴りを打つ祖根。祖根の右ローに左ストレートを当てて飛び込む夜叉坊に祖根は右を狙う。左ミドルを打つ夜叉坊。打ち終わりにシングルレッグに入る祖根だが、夜叉坊は足を抜く。祖根は右ミドルを当て、そのまま右を振り、ブザー。  3R、右ローから入る祖根。右サイドキックですとッピングする夜叉坊だが、金的に。再開。左インローから左ストレートを狙う夜叉坊。詰める祖根の入りに右を当てる夜叉坊。左ミドルを当てて夜叉坊からダブルレッグも差し上げる祖根は離れ際に右を振る。  夜叉坊は再びダブルレッグもがぶる祖根はバックテイク! リアネイキドチョーク狙いも夜叉坊も正対し立つ。左ストレートから左ハイを当てた後に、左手を前に出した夜叉坊の指が祖根の目に入り中断。再開。  残り2分。いきなりの左ストレートをガード上に当てる夜叉坊。右ハイを狙う祖根。右インローは祖根。さらに右ストレートをヒット! 夜叉坊の左ハイはブロックする。ワンツーで詰めてヒザ蹴りは祖根。しかし体を入れ替える夜叉坊がダブルレッグへ。すぐに差し上げる祖根が右ヒジ狙いでブザー。祖根が両手を挙げた。  判定は3者29-28で祖根が接戦を勝利。ケージので祖根は「見たか! どうしても勝ちたかった。みんなが思うような試合にはならなかったと思うけど。経営と試合は難しい。オイ! 岡田、大塚も行ったる」と、バンタム級ファイターたちに宣戦布告した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事