MMA
レポート

【修斗】安芸柊斗が旭那拳にTKO勝ち、宇田悠斗が宮城友一に判定勝ち=12.13「闘裸男×FORCE」

2020/12/16 14:12
 2020年12月13日(日)香川県高松市の高松シンボルタワー展示場にて、プロフェッショナル修斗公式戦「闘裸男×FORCE」が開催された。  四国在住選手と、沖縄など関西より西のジムの対抗戦が組まれた今大会。急激な減量による免疫力低下を防ぐため、本来の階級より1階級重いクラスで当日計量の上、試合は行われた。  メインでは、通常フライ級の宇田悠斗(愛媛/総合格闘技道場HOPE)と宮城友一(沖縄/DROP)がバンタム級(61.2kg)5分3Rで対戦し、宇田が宮城に判定勝ち。  同じく通常ストロー級の安芸柊斗(徳島/MMA Zジム)と旭那拳(沖縄/パラエストラ沖縄)がフライ級(56.7kg)5分2Rで対戦し、2Rに安芸がTKO勝利。2019年10月の牧ヶ谷篤戦に続くTKO勝ちを収めている。  試合の模様は有料のツイキャスで配信され、選手の試合後インタビュー等を加えた完全版DVDも発売される予定だ。 ▼メインイベント 第6試合 バンタム級(61.2kg)5分3R○宇田悠斗(愛媛/総合格闘技道場HOPE)60.9kg[判定3-0]×宮城友一(沖縄/DROP)60.8kg [レフェリー]福田正人 [サブレフェリー]吉田元貴 29-28(1R 9-10/2R 10-9/3R 10-9)岡田剛史 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)小島邦裕 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9) ▼セミファイナル 第5試合 バンタム級(61.2kg)5分2R×高岡宏気(香川/トイカツ道場香川支部)61.0kg[判定0-3]○Lyo,o(沖縄/reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)61.2kg [レフェリー]福田正人[サブレフェリー]吉田元貴 18-20(1R 9-10/2R 9-10)岡田剛史 18-20(1R 9-10/2R 9-10)小島邦裕 18-20(1R 9-10/2R 9-10) ▼第4試合 フライ級(56.7kg)5分2R○安芸柊斗(徳島/MMA Zジム)56.6kg[2R 2分05秒 TKO] ※レフェリーストップ×旭那 拳(沖縄/パラエストラ沖縄)56.7kg [レフェリー]福田正人[サブレフェリー]吉田元貴 1R 10-9岡田剛史 1R 10-9小島邦裕 1R 10-9 ▼第3試合 ライト級(70.3kg)5分2R○結城大樹(福岡/マスタージャパン福岡)69.8kg[判定3-0]×國頭 武(広島/総合格闘技道場BURST)69.5kg [レフェリー]吉田元貴[サブレフェリー]福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)岡田剛史 20-18(1R 10-9/2R 10-9)小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9) ▼第2試合 ライト級(70.3kg)5分2R○ CHAN-龍(徳島/MMA Zジム)70.0kg[1R 3分39秒 V1アームロック]×紀州(和歌山/ASH)69.8kg [レフェリー]吉田元貴 ▼第1試合 フライ級(56.7kg)5分2R×横関タルト(広島/TKエスペランサ)55.8kg[判定1-2]○泰斗(福岡/MMA Rangers Gym)54.9kg [レフェリー]吉田元貴[サブレフェリー]福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)松根良太 18-20(1R 9-10/2R 9-10)小島邦裕 18-20(1R 9-10/2R 9-10) ▼オープニングマッチ アマチュア修斗公式戦トライアウトマッチ フェザー級(65.8kg)3分2R×麻植裕太(徳島/MMA Zジム)65.0kg[判定0-3]○梶原大悟(愛媛/総合格闘技道場HOPE)65.4kg [レフェリー]吉田元貴[ジャッジ]A:福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)B:松根良太 18-20(1R 9-10/2R 9-10)C:浦 僚克 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事