MMA
レポート

【ZST】伊藤盛一郎が浜本キャットのヒジで出血もダウン奪い1R TKO勝ち! 島村が高須をTKO、木下は浜松下しフェザー級T決勝進出

2020/11/22 17:11
 2020年11月22日、GENスポーツパレスにてZSTの昼夜大会が行われた。昼大会「BATTLE HAZARD 08」ではメインで岩本健汰が今成正和に一本勝ち、18時開始の夜大会「ZST.69」では、伊藤盛一郎と浜本キャット雄大がMMAで対戦する。両大会はPIA LIVE STREAMにて有料配信される。 ▼RIZIN MMAルール(ヒジ有り) 57.5kg 以下契約 5分3R○伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)[1R 4分40秒 TKO]×浜本”キャット”雄大(クロスポイント大泉)  元ZSTフライ級(-56.7kg)王者の伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)は、MMA12勝4敗2分。2018年10月の「ZST.62」で竿本樹生に判定負け後、2019年4月の「RIZIN.15」で58kg契約でマネル・ケイプに2R TKO負け。2020年8月の「RIZIN.23」では59kg契約で神龍誠と対戦。  ノンストップの激闘を繰り広げながらも2R ギロチンチョークで一本負けし、現在3連敗中。MMA12勝中、7つの一本勝ちをマークするなど柔道ベースの強いグラップリングを武器とする。  対する浜本”キャット”雄大(クロスポイント大泉)は、元WPMF日本スーパーバンタム級王者。ラウェイに挑戦して2017年6月に勝利を収め、同年大晦日にはRIZINで行われたキックトーナメントに参戦。1回戦で那須川天心と対戦したが2RにKO負け。ヒザ蹴りとボディブローを得意とする。2020年8月30日の「ZST.68」でMMAデビューし、歌川大輔に1R 4分13秒 KO勝ち。試合後に「グラップラーと戦いたい」とアピールし、勝村プロデューサーから伊藤盛一郎戦の内定を得ていた。  当初は、2020年3月15日の横浜大会で対戦が決定していたが、新型コロナウイルスの影響で大会が中止に。浜本はMMAデビューを果たすなど、準備期間を経て、元王者と対戦することになる。  1R、ともにオーソドックス構え。出入りから先に右フックを当てる伊藤。ロープに詰めて左を振って組みに行くが、突き放す浜本。左ミドルを打ち、互いの右は交錯。伊藤はワンツーからダブルレッグに行くが、そこのカウンターの縦ヒジは浜本! 伊藤はそのまま胸に頭をつけてテイクダウンに行く、体を離すと頭部から出血。ドクターチェックも流血する伊藤。  再開。右ローを当てる浜本。詰めて右で差してリフトし、後方にスープレックスでする伊藤だが、ここも浜本はすぐに立ち上がる。コーナーまで歩き、バックテイクを狙う伊藤に正対する浜本。左ストレートを伸ばすが、伊藤は左フックでダウンを奪うと、パウンド! 立ち上がろうとする浜本にサッカーキック!  ここも立ち上がる浜本は下がりながら左を当てるが、詰める伊藤が打ち下ろしの右でダウンを奪い、四つん這いになった浜本にパウンド連打! レフェリーが間に入った。TKO勝利の伊藤は勝村代表と固くハグ。  出血のピンチに陥った伊藤だが、「気合で血が止まった」(勝村P)という1R、中盤から怒涛の攻めで、テイクダウンプレッシャーの中でストライカー相手に打撃を当て、これまでのRIZINの経験を活かしたサッカーキックで決定打を与えた。一方の浜本も勝村プロデューサーは「四つ組みは切られるから固執しないよう伊藤に指示した。フライ級でキャット選手に勝てる相手はなかなかいない」と高く評価している。  試合後、伊藤はリング上で、鼻血をぬぐう浜本に「浜本キャット選手、キックからMMAに覚悟決めて来てくれてありがとうございました。またチャレンジしてきてください。自分ももっと上の舞台でやれるように頑張ります」と挨拶。  続けて、「最後に勝ったのが3年前で、怪我から復帰しても負けて何度も辞めようと思いましたが、応援してくれるジムのみんなのおかげで勝つことができました。キャリアの差があって勝って当たり前じゃなくて、みんなの応援があってこうして勝てました。ありがとうございました」と周囲への感謝の言葉で、メインを締めた。 [nextpage] ▼ZSTフェザー級王座挑戦者決定トーナメント 5分2R×浜松ヤマト(T・GRIP・TOKYO)[1R 5分00秒 TKO] ※レフェリーストップ○木下尚祐(和術慧舟會GODS)  1R、ともにオーソドックス構え。ボディロックからテイク ダウンは浜松。木下はそのたびに立ち上がり抑え込まれない。ロープに詰めて四つに組む浜松に、木下は左腕を首に回し、払い腰・首投げ! その着地で左手を着いたか、ゴング後も浜松が動けず。レフェリーストップとなった。  木下は試合後、リング上で「和術慧舟會GODS所属、バンゲリングベイベースの木下です。ちょっとアクシデントでしたが、投げてのアクシデントなんで勝ちは勝ちです。次、楽しみにしていてください。決勝戦、よろしくお願いします」と語った。 [nextpage] ▼ZSTフェザー級王座挑戦者決定トーナメント 5分2R○島村 裕(総合格闘技宇留野道場) [2R 1分07秒 TKO]×高須将大(ストライプル茨城)  関鉄矢(SONIC SQUAD)を王者とするZSTフェザー級で、「王座挑戦者決定トーナメント」が行われる。  高須は5連勝中。ステージ4のがんと闘病中でファイターとしても活躍している。対戦相手の島村は国際武道大出身の柔道ベースのファイター。必殺技ローリングサンダーを武器に、かつて関に挑戦した経験も持つ。  1R、左を振る島村、続く左ローを掴んでテイクダウンを奪う高須。しかし、島村は跳ね上げながら高須の左腕を巻いてコムロック。腕を抜く高須の動きに立ち上がる島村。  高須の右を潜り払い腰テイクダウンは島村! サイド奪うが高須も立ち上がる。左ハイを当てる島村! 腰を落とした高須だがタフネスさを見せて立ち上がる。  2R、高須の右の入りに左を合わせる島村はまたも左ハイでダウンを奪うと、マウント&パウンド! 再びそこから立ち上がる高須だが、右フックの強振は島村に内側から左を打ち抜かれ、後退。さらに払い腰テイクダウン、マウントを奪われるも立ち上がる高須に左ストレート、さらに左ミドルを腹に当てた島村が上を取りパウンド連打! レフェリーが間に入った。  勝者・島村は「トーナメントまずは1回戦、もうひとつ勝って、もう1回関選手とやって、次は俺が勝ちます」と力強く語った。 [nextpage]  第7試合前に、フェザー級王者の関鉄矢(SONIC SQUAD)がリングイン。 「このベルトを取って3年になります。ZSTではもう敵がいないんじゃないかと思い、挑戦したくRIZINに出場しました。このタイミングでトーナメント始まったんですけど、その4人は眼中にありません。どれだけ気持ちがあるのか、見させてもらおうと思ってます。あと年末も準備してるんで、よろしくお願いします」 [nextpage] ▼ストロー級 5分2R×榊原 徹(U-FILE CAMP登戸)[2R 3分45秒 TKO] ※パウンド○N.O.V(Team GBF/EnjoyGym/WARDOGストロー級王者)  1R、開始早々にシングルレッグテイクダウンはN.O.V。いったんはパスし、バックからチョークを狙うが、正対する榊原は足を戻してフルガードに。三角狙いもさせないN.O.V。榊原は下からシングルレッグで立ち上がりゴング。  2R、左ハイを打ちシングルレッグテイクダウンはN.O.V。榊原は下から手首を持ち仕掛けるが、潰したN.O.Vがストレートフットロックから立ち上がりパスガード。サイドからマウントを奪い、パウンドアウト。 ▼バンタム級 5分2R×二ノ宮徳昭(クロスワンジム湘南)[判定0-3]○松下祐介(パラエストラTB)  1R、サウスポー構えの二ノ宮は左の蹴り。オーソドックス構えからスイッチもする松下は左の蹴り足を掴んでテイクダウン。二ノ宮の立ち上がりにパウンドを浴びせる。  2R、サウスポーから右を振る二ノ宮。すくい投げで上を取るが亀から立ち上がる松下。二ノ宮の投げは捨て身となり下に。そこからダブルレッグで持ち上げてテイクダウンする二ノ宮は立ち上がりの松下にがぶり。がぶりを切り立つ松下は右を振り、二ノ宮も左右で押し返してゴング。判定は3-0で序盤を制して後半はスクランブルで切り抜けた松下が勝利した。 [nextpage] ▼フライ級 5分2R○小林 勇(パラエストラ吉祥寺)[1R 2分25秒 リアネイキドチョーク]×勅使河原稜太(AACC×SPIDER)  1R、ともにオーソドックス構え。左ハイを打つ勅使河原に、右ミドルを返す小林。勅使河原はダブルレッグに入るもがぶった小林がバックへ。リアネイキドチョークを極めた。 [nextpage] ▼フライ級 5分2R○児玉勇也(トイカツ道場/とらの子レスリングクラブ)[判定3-0]×大竹 陽(HAGANE GYM)  1R、オーソドックス構えの児玉に、サウスポー構えの大竹は左の蹴り。右インローを当てる児玉に大竹は左ミドル。それをキャッチした児玉のバックに回るが、児玉はすぐに落として上に。大竹は下からアームロック狙いもリフトし落として外す児玉は上からパウンド。大きな右のパウンドを落として大竹を亀にしたところでゴング。  2R、サウスポー構えから左ミドルは大竹。児玉は左右の飛び込み。そこにノーアームギロチンを合わせる大竹が後方に回すが、その際でサイドを奪うのは児玉。大竹の動きにバックに回りチョーク狙うが、大竹も正対し立ち上がり。跳びヒザを狙ったところでゴング。判定は3-0で児玉が勝利した。 ▼ライト級 5分2R○ベン・ブッカン(総合格闘技津田沼道場)[判定3-0]×ワタナベ関羽マサノリ(ALIVE)  1R、ボディロックからテイクダウンはワタナベ。クローズドガードに入れ、ギロチンを合わせに行くブッカンだが、頭を抜くワタナベ。ブッカンはハイガードで三角絞め狙いから、ギロチンでスイープもワタナベも頭を抜く。  2R、小手に巻き内股で投げるワタナベ。ブッカンはまたもギロチン狙いも下に。片足は越えているワタナベだがブッカンはギロチンからスイープ! 上を取り細かいパウンド。ハーフガードのワタナベは左で差して立とうとするが、そこにバックテイクを狙うブッカンが追いかけてゴング。  判定は3-0でギロチンとスイープで攻めたブッカンが勝利。 ▼ライト級 5分2R-森 興二(FJ KICK ASS)第2代ZSTフェザー級王者[ノーコンテスト] ※森が体重超過-西尾真輔(総合格闘技宇留野道場)  森が前日計量で体重超過で2点減点。森が勝利してもノーコンテストとアナウンスされる。サウスポー構えの森にオーソの西尾は大きな左右を振って組むが、がぶって返して上になる森。ブリッジから立ち上がる西尾のバックに回るが、西尾も振り落とす。スタンド。西尾の右に森はカウンターの右フックを下から突き、西尾が前のめりにダウン。試合は森の体重超過によりノーコンテストと発表された。 ※昼「BATTLE HAZARD 08」開催
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事