GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【UFC】坊主頭で計量パスのブライアン・オルテガ、頭髪は化学療法で髪の毛を失った子どもたちに寄付

2020/10/17 12:10
 2020年10月17日(日本時間18日)に、アラブ首長国連邦・アブダビの「UFCファイトアイランド」にて開催される「UFC Fight Night: Ortega vs. Korean Zombie」の前日計量が行われ、全選手がパスした。  メインイベントでは、フェザー級2位のブライアン・オルテガ(米国)と4位のジョン・チャンソン(韓国)が対戦。計量では、オルテガ、チャンソンともに146ポンド(66.22kg)パスしている。  公式計量でオルテガは、マスクとキャップをかぶり登場するとスケールに乗る前にキャップを外し坊主頭で計量。146ポンドのコールに両手のひとさし指を上に。その後に両手を重ねグレイシー柔術の三角形を作って見せた。  対するチャンソンはスケールに乗る前にマスクを外して計量。146ポンドのコールにガッツポーズで笑顔を見せている。  当初、両者は2019年12月の韓国釜山大会で対戦予定だったが、オルテガがヒザの負傷で欠場、チャンソンは緊急出場したフランキー・エドガーに1R TKO勝利し、今回のオルテガ戦を迎えることとなった。  両者には因縁があるとされる。  当時、オルテガの試合キャンセルについて、チャンソンの言葉を「逃げた」と通訳した歌手のパク・ジェボムに対し、オルテガは2020年3月の「UFC 248」観戦の際にジェボムの頬を叩く騒ぎが起きている。  しかし、その後オルテガは謝罪。チャンソンも「みんなミスはする。君の謝罪に感謝する。僕自身のトラッシュトークについても謝罪する。ファンは好むことだけど、より慎重になるべきだった。僕たちの間には、真っ向勝負だけが残っている」と、応えていた。  14日に行われたバーチャル・メディアデーでも、その因縁について問われたオルテガは、「個人的な気持ちで向き合ったら、フェイスオフで俺たちは取っ組み合いになってたはずだろ? でも俺は何も言わなかったし、彼も黙ってた。ただそこに戦うべき相手がいて、やるってだけだ」と、クールに回答。  対するチャンソンも「ブライアンのことを敵視したからってケージのなかでなんの役に立つ? だから個人として扱うことはしない。ただファイターとして見るんだよ。プロの仕事なんだ。私怨で試合が組まれたわけじゃないから、誰のために戦うのでもない。自分がチャンピオンになるためには目の前の敵を倒すしかない、それだけのことだ」と、ケージの中で自身が生き残り、勝ち上がるために戦う、とした。  計量に向け、髪をバリカンで切り落としてる動画をアップしたオルテガ。減量苦からのものと思われたが、実際には、化学療法を受けるなど髪の毛を失いウィッグを必要としている子どもたちのために、ヘアドネーションとして寄付したことをマネージャーのティキ・ゴーセン(元WEC・UFCファイター)が明かしている。  巧みなボクシングに加え、強力な柔術を武器に、2018年12月の前戦マックス・ホロウェイ戦の4R TKO負けまで、15戦負け無し(1NC)の戦績を誇るオルテガだが、ヒザの負傷から1年10カ月ぶりの復帰の不安は残る。 「自分にも自分のキャリアにとっても、ずっとノンストップでやってきて、心と身体を休めて自分自身を見つめ直すことは必要だった。完全に盲目になってて……でも咀嚼し直して戻って来れた。日に日に立ち直るというのかな……負けたときはそこでいっぱいになってしまうけど、次第にすべてにおいて良い面を見つけられるようになって、そして、腑に落ちてくる。スポーツの本質じゃないかな。ありのまま受け入れる。そしてポジティブな方法を見つけて、自分にかかるプレッシャーを軽減するってことだよ」とオルテガは、復帰までの道のりを語った。  メキシコからの不法移民の両親のもとに生まれ、ロサンゼルス港湾地区サンペドロの低所得者用公営住宅で育った。当時は治安が悪くオルテガ自身もストリートファイトに明け暮れたが、トーランスに移り住み、13歳からグレイシー柔術アカデミーでヘナー・グレイシーの指導を受けた。初めてケージで戦ったのは15歳で、素手のオープンハンドの試合で15kg大きな相手を三角絞めで極めた。ニックネームの“T-City”は、トーランス市から取ったものだ。しかし、今回の“コリアンゾンビ”との試合では、ヘナーが新型コロナウイルスの検査で陽性となり、再起戦のオルテガのコーナーにつくことが出来ないというハンディがある。 「簡単な戦いを望んだことは無い。俺にとっては、こんな感じだよ。“よーし、いま一番ワルいヤツはどいつだ? 誰とやると一番盛り上がるんだ?”ってね」──T-Cityの準備は出来ているようだ。 「UFC Fight Night: Ortega vs. Korean Zombie」は、日本時間18日(日)朝5時にスタートするプレリム6試合がUFC公式サイトおよびYouTube公式チャンネルにてライブ配信。プレリムから8時開始予定のメインカード5試合を含む全試合がUFC FIGHT PASSでライブ配信される。 UFC Fight Night: Ortega vs. Korean Zombie 2020年10月17日(日本時間18日)UFCファイトアイランドアラブ首長国連邦・アブダビ 【メインイベント】 ▼フェザー級 5分5Rブライアン・オルテガ(米国)146lbs/66.22kgジョン・チャンソン(韓国)146lbs/66.22kg 【セミメインイベント】 ▼女子フライ級 5分3Rケイトリン・チョケイジアン(米国)126lbs/57.15kgジェシカ・アンドラージ(ブラジル)126lbs/57.15kg 【メインカード】 ▼ライトヘビー級 5分3Rジム・クルート(豪州)206lbs/93.44kgモデスタス・ブカウスカス(リトアニア)206lbs/93.44kg ▼ウェルター級 5分3Rクラウディオ・シウバ(ブラジル)171lbs/77.56kgジェームス・クラウス(米国)171lbs/77.56kg ▼フェザー級 5分3Rトーマス・アルメイダ(ブラジル)146lbs/66.22kgジョナサン・マルチネス(米国)146lbs/66.22kg 【プレリム】 ▼ライト級 5分3Rマテウス・ガムロット(ポーランド)156lbs/70.76kgグラム・クタテラーゼ(ジョージア)156lbs/70.76kg ▼女子フライ級 5分3Rジリアン・ロバートソン(カナダ)125.5lbs/56.93kgポリアナ・ボテーリョ(ブラジル)125lbs/56.70kg ▼ミドル級 5分3Rパク・ジョンヨン(韓国)185lbs/83.91kgジョン・フィリップス(ウェールズ)186lbs/84.37kg ▼ライト級 5分3Rジェイミー・ムラーキー(豪州)156lbs/70.76kgファレス・ジアム(フランス)156lbs/70.76kg ▼ライトヘビー級 5分3Rガジムラド・アンティグロフ(ロシア)206lbs/93.44kgマキシム・グリシン(ロシア)205.5lbs/93.21kg ▼バンタム級 5分3Rサイード・ヌルマゴメドフ(ロシア)136lbs/61.69kgマーク・ストリーグル(フィリピン)136lbs/61.69kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事