MMA
ニュース

【DEEP】大島沙緒里、王座獲得に成功すれば「ひとつ上の階級でも試合に勝って、大きい舞台で試合をしたい」=前日計量

2020/09/19 23:09
 2020年9月20日(日)東京・後楽園ホール『skyticket Presents DEEP 97 IMPACT』の前日計量が、19日(土)都内にて12:30より行われた。  第6試合のDEEP女子ミクロ級王者決定戦5分3Rで対戦する、にっせー(フリー)は43.60kg、大島沙緒里(AACC)は43.90kgでそれぞれ計量をパス。明日、タイトルを懸けた一戦に臨む。  3歳から始めた柔道歴は21年を数え、2019年の全日本アマチュア修斗で圧倒的な強さで優勝。2020年1月には修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメントに抜擢され、一回戦で小生由紀をKOし、5月の準決勝では元DEEP JEWELSアトム級王者の黒部三奈相手に敗れはしたものの、新人離れした才能を発揮した。  AACCで浜崎朱加や杉本恵、本野美樹ら、柔道・レスリング出身MMAファイターたちと鎬を削る大島は戦績以上の力を急速に身につけており、2020年7月23日の『DEEP JEWELS 29』では柔術出身のさくらとの寝技合戦を制し、キムラロックによるテクニカルサブミッションでの一本勝ちでさくらにプロ初黒星を付けている。  当初は初代王者のしなしさとこ(フリー)ににっせーが挑戦するタイトルマッチとして行われる予定だったが、しなしが王座を返上。さくらを破った大島が王座決定戦に抜擢された。  計量を終えた大島は試合について「(にっせーの)打撃を警戒してるのもそうですが、自分から出す打撃も練習してきました」と、打撃でも渡り合う自信がありそう。  4戦目にしてタイトル戦に抜擢されたことについては「まだ格闘技を始めて1年ちょっとなので、ベルトの重さというのが自分自身分かっていないですし、総合的な力を持っているかと言ったらまだベルトにふさわしいくらいの総合的な力は持っていないと思う。もちろん獲ったら、しっかりともっと練習していきたいなと思います。ベルトを獲ったからにはやらなければいけないって考えにどんどんなっていくんじゃないかと思います」と、ベルトにふさわしい選手になりたいという。  その先の展望については「(DEEP JEWELS王者と)統一戦をするって話も聞いているので、まずはそこを目指すこと。それと44kgというのはその先がないというか、獲ったらそこまでしかないので、今までの4試合は全部違う体重でやってきたのでひとつ上の階級でも試合に勝って、大きい舞台で試合をしたいというのはありますね」と、ミクロ級で敵無しを証明したらひとつ上の階級に上げることも考えている。 「この前は49kgだったんですが、だんだんと落ちてきているから、黒部さんとやった52.5kgの時よりかは軽いし細いし力も落ちたように感じたんですけれども、やっぱり自分の適性のところで1回自分の実力を見せたいというか。今回もミクロ級でやって、最初からタイトルマッチが来るとは思わなくて、ミクロ級で何試合かするつもりだったんですよ。でもせっかく話をもらったので試合をして、これから防衛戦とか統一戦をやったりして、47.6kg(アトム級)だと体重的には減量がないんですけれど技術をもっと向上させていきたいなと思いますね」と、まずは適正体重で実力を示したいとした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事