K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】魔裟斗、大阪大会の最注目試合は安保瑠輝也vs山崎秀晃「見応えのある試合になることは間違いない」

2020/09/16 11:09
 2020年9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪・第1競技場で開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』』。同大会の生中継(ABEMA)でスペシャルゲスト解説を務めるK-1 WORLD MAX 2003・2008世界王者の魔裟斗が、今回の見どころを語った。 「イベント自粛期間を経て、K-1大阪大会が開催されます。待ちに待ったイベント再開です」と、3月のさいたまスーパーアリーナ大会以来となるK-1再開を自分も待ち望んでいたという。 (写真)2018年のK-1 JAPAN GROUPベストバウト賞を獲得した前回の激闘「今回の最注目試合はメインイベントの安保瑠輝也選手と山崎秀晃選手の再戦です。前回の2人の対戦も大阪で行われ、まさに死闘という試合で安保選手が勝利しました。今、ノリにのっている安保選手には隙が見当たらないですが、山崎選手は前に前に行くファイトスタイルなので、見応えのある試合になることは間違いないでしょう!」と、メインで行われる【出版オーディション株式会社Presents】K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ3分3R延長1R、王者・安保瑠輝也(team ALL-WIN)vs挑戦者・山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に太鼓判を押す。 「セミに登場する江川優生選手と椿原龍矢選手の一戦も楽しみです。椿原選手は江川選手が過去に敗北を喫している桝本翔也選手にKO勝ちをしているだけに、現王者の江川選手が試される大事な一戦です。そう簡単に勝てる相手ではないでしょう」と、セミファイナルのスーパーファイト、-58kg契約3分3R延長1R、K-1 WORLD GPフェザー級王者・江川優生(POWER OF DREAM)vs椿原龍矢(月心会チーム侍)は、江川にとって簡単な相手ではないと予想する。  加えて「また、ライト級王者の林健太選手に勝利した朝久泰央選手、和島大海選手、不可思選手など、今後のタイトルマッチに絡んでくるであろう選手たちの試合にも期待しましょう」と、“ウェイティングサークル”にいる男たちにも注目しているとした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事