GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【Bellator】朝倉海、新王者アルチュレタに「戦いたい」

2020/09/13 20:09
【Bellator】朝倉海、新王者アルチュレタに「戦いたい」

 2020年9月12日(日本時間13日)米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナにて、「Bellator 246: Archuleta vs. Mix」が開催された。

 メインイベントでは、Bellator世界バンタム級タイトルマッチとして、堀口恭司(ATT)が返上したベルトを巡り、ファン・アルチュレタ(米国)とパトリック・ミックス(米国)が対戦。

 試合は、Bellator日本大会で元谷友貴を極めるなど、13勝のうち9つの一本勝ちを誇る無敗のミックスが序盤に寝技で猛攻。再三、アルチュレタのバックを奪うが、それを凌いだアルチュレタが、中盤から出入りの打撃でミックスを凌駕。ボディ打ちに狙いを定め、相手の組み力やスタミナ削ると、終盤には逆にテイクダウンも奪い、5R判定3-0(49-46, 48-47×2)で完勝した。

 試合後のアルチュレタは、本誌の取材に「ホリグチはどこだ!?」と前王者の堀口恭司との対戦をアピールしているが、この戴冠に、Bellatorのベルトも視野に入れるRIZINバンタム級王者の朝倉海(トライフォース赤坂)が反応。アルチュレタのベルト姿の写真をリツイートし、「戦いたい」とシンプルに宣戦布告した。

 MMA24勝2敗アルチュレタは、キャリアの初期に一本負けを喫して以降は、驚異の18連勝をマーク。2019年9月のBellator世界フェザー級王座戦兼ワールドGP1回戦で、現ライト&フェザー級二冠王者のパトリシオ・フレイレに判定負けした試合が近年の唯一の敗戦だ。RIZINとBellatorの提携時には、当時のBellator王者・堀口、さらに朝倉未来との対戦もアピールするなど、日本マットにも興味を示している。

 フェザーからバンタムに戻しての戴冠で、より力強さも増しているアルチュレタ。一方で、打撃を軸とする海にとって、強力な寝技を持つパトリック・ミックスよりも、アルチュレタは噛み合う相手ともいえる。同時に、ミックスを削った遠近の打撃、MMAとしてのトータルの巧さはRIZIN王者を多いに苦しめるだろう。

 Bellatorバンタム級では7月にリッキー・バンデハスを下した元UFCのセルジオ・ペティスも控えており、堀口も怪我の完治後に同王座の奪還を望んでいる。そして、堀口も海も、その先にUFC世界王座を見据えている。

 果たして、年末に噂される堀口恭司vs.朝倉海は実現するか。その試合に向けて、海は榊原信行CEOが望む9月27日さいたま大会での前哨戦を受けるのか。

 堀口と海の勝者が、再び世界の頂きへの扉を開くことは間違いない。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事