GLORIOUSGLORIOUS
キックボクシング
ニュース

【RISE】SB&KNOCK OUT王者の西岡蓮太が参戦し原口健飛と1回戦で激突、白鳥大珠は直樹と

2020/09/13 01:09
 2020年10月11日(日)神奈川・ぴあアリーナMM、11月1日(日)エディオンアリーナ大阪で開催される『RISE DEAD OR ALIVE 2020』の記者会見が、9月12日(土)都内にて行われた。  8月13日の記者会見で発表された55kgと63kgの4人制ワンデートーナメントの詳細が決まった。両トーナメントとも優勝賞金は500万円、準優勝100万円、KO賞は3Rが20万円、2Rが30万円、そして1RでのKO勝利は50万円となった。  10月11日(日)神奈川・ぴあアリーナMMで行われる「RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント」には、RISE WORLD SERIES 2019 -61kgトーナメント王者・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)、RISEライト級王者・原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM)、スック・ワンキントーン・スーパーライト級王者の直樹(BRING IT ONパラエストラAKK)の出場が発表されていたが、残る最後の一人「かなりの強豪」(伊藤隆RISE代表)はシュートボクシング日本ライト級王者で初代KNOCK OUT 64kg級王者の西岡蓮太(龍生塾)だった。  1回戦は白鳥vs直樹、原口vs西岡になることが決定。伊藤隆RISE代表は「63kgの国内最強決定戦だと思っております」と胸を張った。 ●白鳥大珠のコメント「僕はお客さんが入る試合は大晦日ぶり。観衆の前で試合を見せられる、それだけでモチベーションが全然凄い。優勝すれば間違いなく国内最強と言えるトーナメントだと思う。いよいよ俺が盛り上げる時がついに来たなって感じです。メインですか? 間違いなく今後のRISEのためにも俺が優勝する気でいるので見ていてください。  直樹選手はずっと負け無しで来ていると思うが、僕も間近で決定戦(WORLD SERIS出場者決定戦)を見たけれど確実に去年より強くなっている。でも申し訳ないが興味がなくて。このメンバーで興味があるのは一人だけ。僕はそこを目指しているので。ワンデーはプロで初めてですが早々に倒して、難しいですが、ぶっ倒して決勝へ上がりたい」 ●原口健飛のコメント「この4人の実力は同じくらいなので当日どうなるか分かりませんが、決勝は白鳥君とやるためにやると思っているので、数ミリ差でいいので勝って実力を証明できたらと思う。  西岡選手とは同じ関西出身でゴング格闘技で対談させてもらって。その時にお互いシュート(ボクシング)とRISEを極めて(試合を)やりたいなって話をしたのに早すぎです。めちゃくちゃ嫌です。でも申し分ない実力者だし、タイトルをたくさん持っているので胸を借りるつもりで潰します。一番ノッているのは僕なので、西岡選手の勢いを止められるのは僕くらいだと思います」 ●直樹のコメント「コメント欄は西岡選手が選ばれて震えている人がいるのと、原口選手と白鳥選手が1回戦じゃないのかと荒れていると思います。僕はチャレンジャーの気持ちで挑める立場なので、誰とやっても胸を借りるつもりで突っ込んでいきます。  白鳥選手はめちゃめちゃツンデレですね。褒められたと思ったらけなされて。白鳥vs原口を1回戦で求めていた人もいると思いますし、決勝で見たいと思っている人もいるかもしれませんが見れないかもしれないですね。それか、もしかしたらピンピンの状態で白鳥君が決勝へ行ったら原口君に申し訳ない。多少削っておくのでよろしくお願いします」 ●西岡蓮太のコメント「63kg最強を決めるトーナメント。僕を外で偉そうにさせていたら最強とは言えないので、僕を選んでいただいたので獲らないとって気持ちでいっぱいです。  抽選で自分で相手を選べたとしても、この中で一番強いのは原口選手だと思っていたので原口選手を潰すのを選んだと思います。ノリにノッているので怖い武器もいっぱい持っていますが、それを潰しに行かないとダメなので。決勝でも白鳥選手か直樹選手かを潰して優勝したいと思います」 <質疑応答> ――優勝賞金とKO賞で最大600万円となりますが、賞金の使い道は? 白鳥「特に考えてないですね。WORLD SERISの賞金1000万円で車を買って引っ越しもしましたが、今は特にないです。金額は大きくなるにつれてモチベーションも変わりますが、こういう状況なので遊びにも行けないので考えてないです」 直樹「DEAD OR ALIVEということで、俺にやられたヤツの墓を建ててやるよ。本当は何も考えてなくて、500万以上の価値がある優勝だと思います」 原口「使うとしたらボディメイクかな」 西岡「勝ったら勝手についてくるので、使い道は考えてないです。お金のことも考えずに勝ちに徹します」 ――原口選手と西岡選手は雑誌で対談したということですが、対戦が決まった今、印象は変わりましたか? 原口「別にそんなに印象は変わらないし、相手だからといって憎むことないですし、純粋に強いファイターだと思っています」 西岡「対談した時の印象は正直な人やなという印象。普段は怖い怖い言っていますが自信もあるので、試合ではメンタルで負けないように喰いに行けるようにしたいと思います」 ――白鳥選手から「興味があるのは一人だけ」との言葉が出ましたが、原口選手はどうですか? 原口「それは僕も白鳥選手が一番興味あります。直樹選手も同じくらいだと思うし、戦ってみないと分からない。でも、こういうキャラが一番怖い。一番苦手です」 ――西岡選手は一人だけ外敵の立場ですが、対抗意識はありますか? 西岡「皆さんベルトを一本お持ちですが、自分は2つの団体のベルトを持たせてもらっているので、2つ分のプレッシャーをいいプレッシャーに変えて戦います。KNOCK OUTのトーナメントは1日3試合やって優勝しているので、この3人は凄いですが自分には3試合した自信があります」 ――RISEの3人にお聞きしたいのですが「那須川天心vsRISE」というテーマを聞いてどう思いましたか? 白鳥「ここまでRISEを大きくしたのも天心がいてこそ。でも、もうそろそろ次の選手に行かないといけないと感じている。今回はビッグマッチで天心不在なのは初めてなので、誰が魅せられるか。お客さんを惹きつけて誰が魅せられるか。プロの仕事をした人が引っ張っていける。それは優勝だけじゃないと思っています」 直樹「その言葉は2年ぶりくらいになりますが、皆さん覚えていますか? 那須川天心&with Bと言ったことを。そのをwith Bを脱却する時が来たなって感じです」 原口「いいテーマかなと思う。関西でなかなかチャンスが回ってこない中、ひとつひとつ勝ってきているので、白鳥選手、直樹選手よりもハングリー精神が大きいので僕がやっとRISEの代表になる時が来たなと思いました」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事