K-1K-1
SirikaSirika
K-1
レポート

【Krush】新型コロナの影響で試合ができなかった選手たちの想いが爆発「試合に飢えている選手たちの気持ちが見られてよかった」(中村プロデューサー)

2020/08/22 14:08
「Krush-EX 2020 vol.1」2020年8月22日(土)東京・GENスポーツパレス 『Krush-EX』(クラッシュ・イーエックス)はキャリアが浅い・若い選手たちが経験を積む場として、2010年~2014年まで新宿FACEで開催されてきたイベント。現在K-1の第一戦で活躍する錚々たる選手たちも戦ったことのあるリングだ。 (写真)急遽の代打出場にも関わらずメインで勝利を収めた壬生狼(右) 全6試合中(当初は7試合だったが1試合は不戦勝)3試合がKO決着となり、中村拓己K-1プロデューサーは「やってよかったです。今、後楽園ホールでは(新型コロナウイルスの影響による時間制限で)プレリミナリーファイトが組めない状況があって、なかなかデビュー戦や1~2戦の選手に試合の場を作れない状況があったので急遽EXシリーズを復活させました。そういう選手たちの試合を組もうと思って今回やったんですが、みんなチャンスが欲しい選手ばかりだったので、KO決着が多くていい試合ばかりでした。試合に飢えている選手たちの気持ちが見られてよかったと思います」と合格点を与える。 (写真)第4試合でKO勝ちした羽鳥(右)「会見でも言ったんですが、今回K-1 JAPAN GROUPとまだ契約していない選手でも出たい選手は連絡をくださいと呼びかけて、実際それで何選手か連絡があったんです。壬生狼選手、しの選手、羽鳥選手らからコンタクトがあって契約して出てもらい、活躍したのでいつものKrushのシリーズとは違う形で大会をやって、こういうコンセプトでやりたいとの主旨通りのマッチメイクが出来て結果が出たのでよかったと思います。試合に対して前向きな選手な気持ちが出て結果にもつながりました」と、新たな血を導入したことがいい結果につながったという。 (写真)独特の構えからパンチを繰り出す川島(右) 特にメインで勝利した壬生狼一輝(力道場静岡)は「福岡の選手で、今週に入ってからの欠場を受けて探した中で出てきた選手なんですけれど、しっかりいいパフォーマンスを見せてくれて、まだ地方にもいい選手がいるなと思わせてくれました」と、文字通りのスクランブル参戦で結果を出した。 (写真)豪快なフックで逆転KO勝ちしたしの(右) 中村Pは「負けた選手も基本的にみんなよかったので、次に試合をすぐに組んでいきたいと思う選手が多かったです。川島選手もアマチュアに出ていてデビュー待ちの選手でした。コロナの影響でしばらくはプレリミナリーファイトは後楽園ホールでは組めないので、このシリーズは引き続きやっていきたいと思います。いい意味で新しいコンセプトの大会で、武尊選手、野杁正明選手、卜部兄弟、佐々木大蔵選手…みんなEXからキャリアを積んで行って一人前のプロになっていったので、復活させた意味があったと思いました」と、ここから新たなスター選手が生まれていく手応えを感じていた。 [nextpage] ▼第7試合 -54kg契約 3分3R×倉田永輝(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)判定0-3 ※29-30×3〇壬生狼一輝(力道場静岡)  1R、強いローの蹴り合いが続き、倉田は左右フックを思い切り叩きつけて左ミドルを見舞う。壬生狼はしつこくローを蹴っていたが、終盤はコンパクトなパンチで前へ出る。両者のパンチが交錯した。  2Rもローを蹴っていく壬生狼だが、徐々にパンチの数を増やして左フックと左ボディを決めていく。かと思えばまたも右ロー。序盤は打ち終わりを狙っていた倉田は後半になるとミドル、ヒザ蹴りを交えてのパンチで反撃。  3R、壬生狼はボディを交えたパンチの連打で積極的に攻めていき、倉田はガードを固めて打ち終わりや壬生狼の左ボディに右フックを合わせにいく。たびたびパンチが交錯するスリリングな展開となったが、手数を出して攻めていった壬生狼が判定3-0で競り合いを制した。 ▼第6試合 Krushスーパー・フェザー級 3分3R〇目黒翔大(優弥道場)判定2-0 ※29-28、28-28、29-28×勇治(K-1ジム総本部チームペガサス)  1R、勇治はサウスポーの目黒に右ミドルを蹴りつつ狙いすました右ストレートを当てていく。その右をもらって一瞬腰を落とした目黒だが、左ストレートと右フックで反撃。お互いにパンチを当て合う展開。  2R、ローとミドルを蹴り合い、足を止めての打ち合いで目黒が右フックでダウンを奪う。その後は蹴る勇治にコンパクトなパンチを連打で当てていく目黒。勇治の左に目黒は右クロスも合わせる。  3R、逆転を狙って前へ出る勇治は右ストレート、左フック、右ボディで目黒を追い回す。回り込む目黒だが打ち合いにも応じ、左右フックと左ミドルを当てに行く。最後まで倒すことを諦めずに攻め込んだ勇治だったが、目黒がダウンのポイントを守り切って判定2-0での勝利を収めた。 ▼第5試合 Krushフェザー級 3分3R〇水津空良(優弥道場)不戦勝×神田賢吾(WSRフェアテックス幕張)※神田が脱水症状でドクターストップ。水津は計量をクリアーしたため不戦勝扱いに。 [nextpage] ▼第4試合 Krushライト級 3分3R〇羽鳥 仁(ポンムエタイジム)KO 1R 2分39秒 ※右フック×田勢ジャイル(パラエストラ栃木)  1R序盤からパンチをフル回転させていく羽鳥。田勢は蹴りで対抗するが、羽鳥のパンチの回転が速い。田勢もパンチを返していくと羽鳥は強い右ローを蹴り、田勢が蹴り返すと今度はパンチを合わせる。  打ち合いとなって右フックでダウンを奪った羽鳥はその後もパンチの連打で一気に攻め、反撃する田勢にバックスピンキック。これで動きが止まった田勢に右フックを叩き込み、羽鳥が豪快なKO勝ちを飾った。  羽鳥はマイクを持ち、「自分は格闘技に人生を捧げて今日が初めての試合でした。これからもっと強くなってトップの選手を倒せるように頑張ります」と初陣の勝利を喜んだ。 ▼第3試合 Krushスーパー・ライト級 3分3R〇川島康佑(HALEO TOP TEAM)判定3-0 ※30-28、30-28、30-27×井上修一(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)  1R、川島は両手を下げた独特の構えから左右の強打を顔面、ボディに放つ。井上はローを蹴っていくが、変則的な角度から飛んでくる川島のパンチにやりにくそうな印象。  2Rになると川島は蹴りの数を増やしてサイドキックやヒザ蹴りを繰り出す。井上はパンチを警戒しつつローを蹴っていき、ハイキックでけん制。川島は1Rほどパンチにウェイトが乗らなくなってきた。  3R、ここまでパンチ中心だった川島がローを多用するとこれが効果的にヒットし、井上はバランスを崩す。逆にここまで蹴り中心の戦いを見せていた井上がパンチの連打で攻め込み、川島の顔面を捉える。それでも川島が強いローからのパンチで優勢を保ち、判定勝ちした。 [nextpage] ▼第2試合 Krushスーパー・バンタム級 3分3R〇しの(KSG)KO 2R 1分21秒 ※3ノックダウン×秋山勝也(ポゴナ・クラブジム)  1R、パワフルな左右ミドルとローで前へ出る秋山。しのは前蹴りで押し返すが、秋山のプレスが強い。ラウンド終了間際に秋山が飛びヒザ蹴りからの右フックでダウンを奪った。  2R、秋山は倒し急いだか大振りのフックで襲い掛かる。しのも打ち合いに応じてお互いに右フックを空振りした後、しのの返しの左フックが強烈にヒット。今度は秋山がダウンする。  立ち上がった秋山に左右フックの連打を見舞うしのが左フックで2度目のダウンを奪い、最後も狙いすました左フックで秋山をマットに沈めた。  左フックの強打でインパクトを残したしのは「山梨県から来たしのです。デビュー戦でしゃべっちゃって。応援に来てくれた方、ありがとうございました」と控えめなマイクアピールをした。 ▼第1試合 Krushフェザー級 3分3R×啓斗(team ALL-WIN)KO 2R 2分22秒〇井上咲也(K-1ジム大宮チームレオン)  1Rから両者とも激しい打ち合い。啓斗の右フックがヒットすれば、サウスポーの井上は左ストレートを返す。お互いに行き過ぎて啓斗はインロー、井上はヒザ蹴りがローブローとなり、バッティングもあるなど荒れ模様。  2Rも両者前に出て激しい攻めを見せるが、啓斗の右のタイミングを井上は読んだ様子で当てさせない。ミドル、ローの蹴り合いとなるが、啓斗のインローがローブローとなって試合は中断。 (写真)この右ハイを蹴った直後、啓斗(右)は倒れ込んだ 再開後、ローを蹴り合う両者だったが、啓斗が右ハイを蹴ったところで軸足の足首を捻ったか倒れ込む。ロープをつかんで何とか立とうとした啓斗だったが立つことができず、井上のKO勝ちとなった。  井上はマイクを持つと「自分は小澤海斗選手に憧れてK-1を始めたので、いつか小澤選手とやりたいと思います」との目標を語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事