MMA
ニュース

【Bellator】大会9日前の再開宣言! 7月24日にバンデハスvsペティス、アーロン・ピコも登場

2020/07/16 07:07
 2020年7月24日(日本時間25日)、Bellatorが米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで「Bellator 242:Bandejas vs. Pettis」を開催することを15日、発表した。試合は無観客で行われる。  Bellatorは3月13日に同会場で「Bellator 241:Pitbull vs. Carvalho」を無観客で開催することをいったん発表しながら直前にキャンセル。以降、5月9日のサンノゼ「Bellator 242:Bader vs. Nemkov」、5月16日のロンドン「Bellator London:Gallagher vs. Ellenor」、5月29日のテメキュラ「Bellator 243:Carmouche vs. Bohm」、6月6日のシカゴ「Bellator 244:Chandler vs. Henderson 2」の5大会を延期としていた。  大会再開9日前の緊急発表となった「Bellator 242」で今回、発表されたのはメインカード4試合とプレリミナリー3試合の計7試合。  メインイベントはバンタム級のリッキー・バンデハスvs.セルジオ・ペティス、コ・メインはウェルター級のジェイソン・ジャクソンvs.ジョーダン・メイン、フェザー級では、スコット・コーカー代表の秘蔵っ子、アーロン・ピコがクリス・ハトリー・ジュニアと、6勝1敗のタイワン・クラックストンは5勝無敗のジェイジェイ・ウィルソンと対戦する。  またプレリムにも好戦績の選手が揃った。  ウェルター級では、ミネソタ大レスリング部時代にオールアメリカンレスラーとなり、NCAAでも3位入賞経験があるローガン・ストーレー(11勝無敗)が、10勝1敗でBellatorデビューするマーク・レミンガーと対戦。レミンガーの唯一の黒星は、2020年6月のUFCデビュー戦で佐藤天に敗れているジェーソン・ウイットというのも興味深い。  ヘビー級では6勝1敗のルディ・シャフロフが7勝無敗のスティーブ・モウリーと対戦。Hard Knocks 365所属のモウリーはTitan FC4連勝からBellatorでも3連勝中。しかも7試合連続のフィニッシュを続けており、Bellatorでは3試合連続で腕関節(アメリカーナ1回、キムラ2回)で勝利している。  バンタム級ではLFA3連勝からBellator入りした13勝1敗のラフェオン・スタッツが出場。Bellator5戦無敗のキャス・ベルと対戦する。  パラマウント・ネットワークでの生放送が決定している同大会について、コーカー代表は「7月24日、ベラトールが帰ってきます。いつも素晴らしい会場パートナーであるモヒガン・サンでの復帰戦を今月発表できることに興奮しています。チームはこのショーを実現するために疲れ知らずの努力をしてきたし、ファイターたちも準備ができていると思っています。私たちは、最高の新進気鋭のファイターたちをフィーチャーした、エキサイティングなカードを用意しました。Bellatorのケージの中でのアクションが記憶に残る夜になることをファンの皆さんに期待しています」とのコメントをプレスリリースに寄せている。  また、「7~9月にかけて多くの大会を開催したい」というコーカー代表は、今大会以降も8月7日(チャンドラーvsヘンダーソン)、8月21日、9月11日(リョートvsフィル・デイヴィス)に同地での大会開催を計画中との報道も出ている。さらに10月3日にはダブリンでRIZINライト級GP準優勝のパトリッキー・フレイレの再起戦となるピーター・ケアリーとの一戦も予定されているが、アイルランドでの開催はどうなるか。  米国人ファイター、あるいは米国を拠点とするファイターが中心となる今後の大会のなかで、パトリッキーの実弟で現Bellator世界ライト級&フェザー級王者のパトリシオ・フレイレは、ツイートで、「MMAをもっと良くしよう。Bellator vs UFC。俺 vs ヴォルカノフスキー。ダナ・ホワイト、俺はあなたが賭けをする男だと聞いた。スコット・コーカー、行こうぜ!」と対抗戦を呼び掛けるなど、新たな動きを見せている。  UFCは米国フロリダ、ラスベガスAPEX、そしてアブダビのファイトアイランドでの無観客大会を開催中だが、米国では、全米で最初に制限措置を講じたカリフォルニア州などで感染者が再び増加。入院者や1日当たりの死者が過去最多を更新するなどコロナの第2波が懸念されている。各州で感染再拡大の兆候が確認される中、Bellator開催のコネチカット州は、「ホットスポット」とされる16州からの訪問者に対して、14日間の自主隔離を求めると発表している。  まだまだ不安材料は多いが、withコロナで動き出している世界でBellaorはモヒガンサン・アリーナ大会をいかに成功させるか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事