MMA
ニュース

【RIZIN】7億の損失、メガイベント開催断念…榊原信行CEO「コロナと向き合って全力でRIZINのために生きていく」

2020/07/07 22:07
 2020年7月7日、RIZIN FFオフィシャルYouTubeチャンネルにて、榊原信行CEOがインターネット会見を行った。  榊原CEOは「RIZINとしては正直、弱音を吐きたくなるような状況に陥っています。すでにここまで3大会、4月19日横浜、5月17日仙台。7月5日は大阪でやろうと思っていました。ここで少なくとも7億の売り上げを上げてまた次の大会を作っていく予定でした」と、3大会が中止になったことを明かす(横浜以外は未発表)。  また、4月のインターネット会見でぶち上げた“真夏のメガイベント”に関しても新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて「いつも以上の規模で取り戻そうという話をしましたが、それも叶わぬ現実となってしまった」と開催を断念。  そこで発表されたのが8月9日(日)と10日(月・祝)、神奈川県横浜市西区みなとみらいにある「ぴあアリーナMM」にて、「RIZIN.22」「RIZIN.23」の2デイズ連続開催だ。1万人収容の会場に1日5000人の規模で行う。  榊原CEOは「RIZINの一番大きな収入の柱はチケット売り上げでした。その売り上げが半減します。半減するからと言ってファイトマネーを半分にするねとか、演出とか音響とか今までのRIZINの空間を彩っていたものをしょぼくしたくない。そのために皆の支援をお願いしたいと思います。クラウドファンディングをします。やせ我慢している場合じゃない」とクラウドファンディングで資金を募ることを呼び掛けた。  第一弾の対戦カード発表は7月9日(木)。「まだかまだかと戦える日を待っている選手ばかりなので、思い切りのいいカードを発表できると思っています」という。海外の選手は入国規制があるため、オール日本人対決で行うことも発表された。「メイド・イン・ジャパンのRIZINだからこそ、女性の選手もいますが日本のサムライとして生き様をRIZINという舞台でさらけ出してくれると思います。選手は120%の力を見せてくれると思います」  そして「僕は逃げずにRIZINと、コロナと向き合って全力でRIZINのために生きていこうと思っています」との決意を表明した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事