SirikaSirika
ボクシング
ニュース

ボクシング転向の元K-1王者・久保優太に日本ウェルター級王者・小原佳太が対戦に名乗り

2020/06/05 03:06
2020年6月3日(火)配信にて会見が行われ、初代K-1 WORLD GPウェルター級王者・久保優太が王座を返上、K-1を引退してボクシングに挑戦することを発表した。久保は「僕はオリンピックで、ボクシングで金メダルを獲りたい。あとプロでもチャンピオンになりたい」と、アマでもプロでもボクシングの頂点を目指すと発言。  これにボクシング界から早くも反応があった。現・日本ウェルター級王者で、第37代日本スーパーライト級王者、第36代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者、元WBOアジア太平洋ウェルター級王者の小原佳太(三迫ボクシングジム)だ。 (写真)「日本人と対戦するなら僕以外を選ぶ理由がない」とTwitterで久保との対戦を表明した小原(本人のTwitterより) 小原は自身のSNSにて「K-1王者がボクシング転向し、オリンピック金メダリストからプロの世界チャンピオンを目指すそうで驚いた」とし、「アマチュアはわからないがプロで日本人と対戦するなら僕以外を選ぶ理由がない。この選手はプロフェッショナルなので想像を越えてくれることを期待し、オファー出す相手を間違えないでほしい」と、日本人と対戦するのなら自分しかいないと名乗りを上げたのである。  元K-1王者とはいえ、いきなり日本2階級制覇王者とやるのは無謀だと言えるだろう。しかし、ボクシング側からも久保のボクシング転向が注目を集めている証でもある。久保は小原戦までたどり着けるか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事