AbemaTVAbemaTV
グラップリング
ニュース

【修斗】世羅智茂vs.岩本健汰の超豪華グラップリングマッチが緊急決定! 青木真也「AOKI PROJECT」発動により=5.31「プロ修斗」ABEMAテレビマッチ全カード決定

2020/05/25 12:05
 ONE Championshipを主戦場とする青木真也が格闘技界に更なる光を当てるべく始まったABEMAの新企画「AOKI PROJECT」。  その第1弾として清水清隆と平良達郎の一戦がマッチメイクされていたが、新型コロナウィルスの影響で大会自体が中止に。そんな中、5月31日(日)のプロ修斗で「AOKI PROJECT」が緊急発動する事となった。  今回、青木真也に選ばれた選手は、柔術、ノーギの世界で快進撃を続ける23歳の超新星・岩本健汰。  青木真也をして国内唯一のグラップラーと言わしめる逸材だ。2020年3月に開催された、国内フェザー級最強グラップラーを決めるトーナメント「GTF.3」に出場。名だたる組み技のスペシャリストを相手に全試合一本勝ちで優勝という偉業を成し遂げた。  2018年、2019年と全日本ノーギ選手権無差別級を連覇し、更にはアジア&オセアニア代表としてADCCに出場。世界の強豪達に立ち向かい、上位入賞はならなかったものの、国内グラップリング界に希望をもたらす活躍をみせた。  今回は修斗のケージを使用した“ケージ・グラップリング”。青木真也らMMAファイターとグラップリング練習を行い、壁レスリングにも取り組んでいる岩本は、修斗マットでどんな動きを見せるか。  その岩本の対戦相手となるのが4月12日に開催された「RoadtoONE:2nd」で青木本人と対戦した世羅智茂(CARPEDIEM)だ。  この一戦は互いに相手の動きを誘い、探り合う展開となり、物議を醸す時間切れのドローに終わった。世羅もケージ際での攻防を経験しているが、グラップラーの岩本とは青木戦とは異なる展開も予想される。試合後に世羅は「次に戦いたい相手」として岩本健汰の名前を挙げており、そこを青木が見逃す筈もなく、今回のプロ修斗大会に強引にねじ込んで来た。  その根底には、日本に置けるグラップラーの存亡の危惧があるという。グラップリング界に警笛を鳴らす青木真也が「AOKI PROJECT」でしか組めない、柔術、ノーギの世界がざわつく国内最高峰の超豪華グラップリングマッチ(72kg契約)を実現した。  これで全8カードが決定。歴史に残る激闘が予想される「プロフェッショナル修斗公式戦 Supported by ONE Championship」は5月31日(日)18時から『ABEMA』で全試合独占生中継される予定だ。 ▼AOKI PROJECT提供マッチ グラップリングルール 72kg契約 10分1R世羅智茂(2017年IBJJF アジア選手権黒帯フェザー級準優勝 /CARPEDIEM)岩本健汰(ADCC2019アジア&オセアニア代表 ・GTF.3フェザー級王座決定トーナメント優勝 /IGLOO) ◆世羅智茂(せら・ともしげ)[所属]CARPEDIEM[出身]広島県福山市[生年月日]1989年7月10日(30歳)[主な戦績]パンパシフィック ノーギ選手権 ライト級優勝(2019年)RIZINグラップリングトーナメント75kg級優勝(2017年、2018年)第7回全日本ノーギ柔術選手権アダルト エキスパート フェザー級 準優勝第6回全日本ノーギ柔術選手権アダルト エキスパート ライト級 準優勝アダルト エキスパート オープンクラス優勝 2017年柔術ヨーロッパ選手権 黒帯 ライト級 準優勝2017年IBJJFアジア選手権 黒帯 フェザー級 準優勝 ◆岩本建汰(いわもと・けんた)[所属]IGLOO[出身]千葉県臼井市[生年月日]1997年2月13日(23歳)[主な戦績]ADCC2019アジア&オセアニア代表第8回全日本ノーギ柔術選手権アダルトエキスパート ライト級優勝アダルトエキスパートオープンクラス優勝第7回全日本ノーギ柔術選手権アダルトエキスパート ライト級準優勝アダルトエキスパートオープンクラス優勝GTF.3 フェザー級王座決定トーナメント優勝第20回全日本ブラジリアン柔術選手権アダルト 紫帯 ライト級優勝 【既報カード】 ▼世界バンタム級暫定王者決定戦 5分5R岡田 遼(同級1位・環太平洋王者/パラエストラ千葉)倉本一真(同級2位/修斗GYM東京) ▼THINKS INTERNATIONAL Presents 修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント準決勝 5分3R黒部三奈(マスタージャパン)大島沙緒里(AACC) ▼THINKS INTERNATIONAL Presents 修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント準決勝 5分3R杉本 恵(AACC)※インフィニティリーグ2019王者中村未来(マルスジム) ▼ライト級 5分3RSASUKE(世界フェザー級6位/マスタージャパン)西浦ウィッキー聡生(KRAZY BEE) ▼バンタム級 5分3R清水清隆(世界フライ級2位/TRIBE TOKYO M.M.A.)小堀貴広(世界フライ級7位/ゴンズジム) ▼フェザー級 5分3R石井逸人(世界バンタム級10位/TRIBE TOKYO M.M.A.)齋藤 翼(FIGHT FARM/総合格闘技津田沼道場) ▼ライト級 5分2R木下タケアキ(和術慧舟會HARTS)西川大和(西川道場)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事