K-1K-1
K-1
コラム

【1995年5月の格闘技】ホーストが芸術的なカウンターで極真空手世界8位を一発KO

2020/05/08 07:05
 1986年10月に創刊され、30年以上の歴史を誇る格闘技雑誌『ゴング格闘技』が、秘蔵写真と共に過去5月にあった歴史的な試合や様々な出来事を振り返る。15回目は1995年5月4日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された『K-1 GRAND PRIX~20万ドル争奪格闘技世界最強トーナメント~』より、トーナメント準々決勝で初対戦したアーネスト・ホースト(オランダ)vsジョニー・クレイン(オランダ)。  ホーストは1993年4月の第1回K-1 GRAND PRIXに初来日。決勝戦でブランコ・シカティックに敗れるも、ピーター・アーツとモーリス・スミスを降し、その実力を日本のファンに初披露した。同年12月に日本で開催されたK-2 GRAND PRIX、翌年1994年4月に開催されたK-2 PLUSトーナメントを制して、1995年のK-1 GRAND PRIXで初制覇を狙う。  対するクレインは極真空手の第5回全世界空手道選手権大会で8位に入賞した選手で、K-1に転向。3月の開幕戦ではカポエイラの使い手セルシオ・オーガスト・マチャドをわずか30秒でKOしている。  序盤から流れるようなコンビネーションを見せるホースト。クレインも巨体に似合わず右上段後ろ廻し蹴り、左ハイキックと極真空手仕込みの蹴りを出していくが、ホーストの回転の速い左ボディアッパー、右フック、左フックのコンビネーションについていくことが出来ない。  2R、左ジャブで距離を取りながら左へ回っていくホースト。それを追いかけようとしたクレインが左を放つと、ホーストは潜り込むような体勢から右ストレートのカウンター。この芸術的な一発で2R45秒、KO勝ちを収めて準決勝へ進出した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事