AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
コラム

【1993年4月の格闘技】大会2日前に“実戦”を承諾、天才サーマートが日本で行った唯一の試合

2020/04/09 23:04
 1986年10月に創刊され、30年以上の歴史を誇る格闘技雑誌『ゴング格闘技』が、秘蔵写真と共に過去4月にあった歴史的な試合や出来事を振り返る。6回目は1993年4月24日に日本で突然の復帰戦を行った“天才”と謳われたムエタイ戦士サーマート・パヤクァルン(タイ)。 “伝説のムエタイ戦士”が後楽園ホールで蘇った。「天才」と称えられ、近代ムエタイのベスト・プレイヤーとして名高いサーマートが突如として日本で試合を行ったのである。  サーマート(タイ語で天賦の才の意味)はムエタイの殿堂ルンピニースタジアムで4階級を制覇し、そのヒジ打ちの技術は“芸術的”とまで言われた。1982年8月にはプロボクシングに転向し、1986年1月にはWBC世界スーパーバンタム級王座を奪取。ボクシングでは21勝(12KO)2敗の戦績を残している。 (写真)試合が始まる直前までファンからのサイン要望に応えていた 当初、サーマートはマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟の4月大会でエキシビションマッチを行う予定だった。顔見せ程度の出場だと思われていたのだが、あのサーマートを生で見ることができる、とキックボクシング&ムエタイファンの間では大きな話題となっていた。  ところが、サーマートは大会2日前に“実戦”を承諾。日本初試合が突然決定した。しかも対戦相手は同団体の看板選手である、新妻聡(目黒ジム)に。  1R、サーマートはオーソドックスに構えてノーガードから長足で右ロー、右ハイ。左ジャブで距離をとろうとする新妻を左前蹴りで吹っ飛ばし、電光石火の右ストレートで早くもダウンを獲得した。  余裕たっぷりのサーマートはノーガード。新妻のローが当たると足を撫でてニヤリと笑ったり、左フックをかわして新妻の背後に回るなど余裕たっぷり。2回にはカウンターの右ストレートで2度目のダウンを追加した。 (写真)3R後半、サーマートは完全にスタミナ切れを起こして新妻の強打をもらい、KO負け寸前の場面も 当時すでにムエタイもボクシングも引退していたが、現役バリバリで上り調子にある新妻をこのように翻弄。試合直前までサイン攻めに合うなど余裕たっぷりだったサーマートは観客を魅了したが、「5年間練習していなかった」と試合後に語った通り、3Rの後半になるとスタミナ切れ。新妻の強打に何度も追い詰められ、KO負け寸前の場面もあったが、3分5Rフルに戦い抜き、2度のダウンのポイントを守り切って判定勝ち(49-45、48-45、50-46)。  コメントをもらおうと多くの記者が控室に集まった中、サーマートは「疲れたよ」と苦笑い。ぐったりとしていたが、控室でまず最初にしたのはタバコをくわえての“一服”だった。  サーマートは帰国後、正式にカムバック。1994年9月には、敗れたもののWBA世界フェザー級王座に挑戦するところまで上り詰めた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事