K-1K-1
K-1
コラム

【1993年4月の格闘技】第1回K-1GP開催、ただ1人70kg台の体重で無差別級トーナメントに挑んだチャンプア

2020/04/07 20:04
 1986年10月に創刊され、30年以上の歴史を誇る格闘技雑誌『ゴング格闘技』が、秘蔵写真と共に過去4月にあった歴史的な試合や出来事を振り返る。その初回は、後に世界中にその名を轟かせ立ち技格闘家たちにとって夢の舞台となる第1回のK-1。 1993年4月30日。この日、日本格闘技の歴史を変える一大イベントが初開催された。『K-1 GRAND PRIX’93~10万ドル争奪格闘技世界最強トーナメント~』だ。優勝賞金10万ドルという格闘技では異例のビッグマネーが懸けられ、世界から6名の外国人選手が招へいされて日本人2名を加えた計8名によって1日でトーナメントを争う画期的な大会だった。  無差別級というカテゴリーで行われたトーナメントにおいて、並み居る重量級選手の中でチャンプア・ゲッソンリット(タイ=74.3kg)だけが70kg台であった。  1回戦の相手ブランコ・シカティック(クロアチア=90.8kg)との体重差は、なんと16kg。「相手が大きいので、踏み込んで蹴りを入れるのが作戦」と試合前に語っていたチャンプアだったが、この体格差はいかんともしがたい。それでも、シカティックが右ストレートを皮切りとした左右連打を浴びせると、チャンプアは左ストレートで逆襲し、会場を沸かせる。  結末は突然訪れた。シカティックの突進をチャンプアがクリンチで阻止し、ブレイクとなった直後、シカティックは再び前進。これを左フックで迎撃しようとしたチャンプアに、シカティックの左フックがカウンターでヒットしたのである。  後方へぶっ倒れ、最下段ロープにもたれかかるチャンプアはピクリともせず、試合終了のゴングを聞いた。1R2分35秒のKO劇だった。  1989年11月の初来日以来、日本で続いていた“超象”チャンプアの無敗伝説は崩壊。さすがのムエタイも、厚すぎる階級の壁は破れなかった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事