K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】タイトルマッチが挑戦者ババヤン来日不可能で中止に、王者・佐々木洵樹「申し訳ない気持ち」

2020/03/25 21:03
2020年3月28日(土)東京・後楽園ホール『Krush.112』で行われることが決まっていた、Krushバンタム級王者・佐々木洵樹(POWER OF DREAM)vs挑戦者サンベル・ババヤン(アルメニア)のKrushバンタム級タイトルマッチが中止となった。挑戦者ババヤンの来日が不可能となったため。  佐々木は「今回このような形で急遽中止が決まり、万全に準備して来た自分にとっても残念な気持ちでいっぱいです。それはババヤン選手も同じ気持ちだと思います。ただ、誰が悪い訳でもないので、今自分にできる事を一生懸命頑張ります。自分の試合を楽しみにして下さったファンの方達には申し訳ない気持ちでいっぱいです。必ず今より強くなってリングに戻りますので、応援よろしくお願い致します」と、前向きなコメント。  ババヤンも「今回、この試合のために厳しいトレーニングをし、コンディションも最高の状態なのに、予期せぬ形で日本に行くことが出来なくなった事をとても残念に思う。チャンピオンのササキには申し訳ない気持ちでいっぱいだ。今の状況が良くなり、また元の生活に戻ることが出来たら、必ずKrushのタイトルを獲りに行く」と無念さが伝わるコメントを寄せた。  これにより『Krush.112』のメインイベントは、Krushクルーザー級タイトルマッチの王者K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)vs挑戦者・加藤久輝(ALIVE)となり、セミファイナルは近藤魁成(大成会館)vs山際和希(谷山ジム)に。女子2試合を含むプレリミナリーファイト3試合、本戦8試合の計11試合で行われることになった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事