K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】レオナ・ペタスが驚きの提案「僕がブアフフか皇治選手からISKAを奪い取って武尊選手とダブルタイトル戦はどうか」

2020/03/23 18:03
2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~』の一夜明け会見が、23日(月)都内にて行われた。  第10試合のスーパー・フェザー級スーパーファイトで第2代K-1 WORLD GPフェザー級王者・村越優汰(湘南格闘クラブ)を3R2分33秒でKOしたKrushスーパー・フェザー級王者レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)が出席。前夜の試合を振り返った。 「昨日の試合は3RのKOで締められたのでとても良かったと思います」とレオナ。「村越選手はやっぱりやってみて上手いと思いましたが、1Rでダウンが取れてここでKOできるのとできないのとでは違うと思って、3Rは気合いで倒しに行きました」と、勝負を懸けていたと心境を明かす。  今回はインファイトを磨いてきたことが結果につながったのかと聞かれると「2Rで1回アウトボクシングを見せましたが、(村越が)ついてこれないと思ったので、そこで仕掛けてみようと思ってやって来たのが活きました。それで倒せたので自信になりましたね」と練習の成果が出たとした。  KOにこだわったのは「武尊選手に認めてもらわないと始まらないので、どうしたら認めてもらえるのかなと。ダウンだけでは物足りないと思って3Rは強引に倒しに行きました」と、かねてから望んでいる武尊との対戦をアピールするためだったという。  さらに「村越選手が前回武尊選手とやっているので、、みんな(実力を)分かっていると思うので。それをKOしたってことで僕が強いのを分かってもらえたのかなって思います。今までそんなに人気もないし、華もないし、実力でここまで来て実力で全部証明してきているので、昨日もその実力を証明できたからよかったかなと思います」と、武尊とK-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントの決勝戦を争った小宮山工介を2019年6月にKOしたのに続き、実力を証明したと胸を張る。  武尊のリング上でのマイクアピールについては「武尊選手の涙を見て、いろいろなものを背負っているんだなと思いました。ダブルタイトルマッチが流れてしまったのもかわいそうだなと思って見ていました」と、同じファイターとしての心境を語ったが、「武尊選手が世界の王者とやりたいと言っているので、ブアフフ(武尊と今回対戦予定だったISKA世界王者)が来日できなくてダブルタイトルマッチが出来なかったじゃないですか。武尊選手も時間がないと言っているみたいなので、ブアフフと僕がやって僕がISKAのベルトを獲ってもいい。皇治選手もISKAを持っているので(ISKA K-1ルール世界ライト級王座)奪い獲ってやってもいいかなって。それでISKAのベルトを獲ってやってもいいんじゃないかなと思いますね」と、なんと自分がISKA世界タイトルを獲ってのダブルタイトルマッチで対戦するのはどうかと提案した。  レオナはKrushスーパー・フェザー級王座を保持しているが、「Krushにはもう敵が誰もいない。やり尽くしてしまった。大岩(龍矢)選手が僕とやりたいと言っていましたが、僕のレベルにいないし、全然そこまで上がってきていない選手なのでベルトを懸ける必要がないと思う。Krush内で僕とタイトルマッチをやりたいのなら、僕はみんなとやっているのでトーナメントでもやってもらって、そこで挑戦者を決定してもらえればいいかなって思います。しばらくKrushは特に防衛する必要はないと思っていて。僕がKrushで一番強いというのを証明してきたので、特に防衛戦は考えてないですね」と、武尊戦の実現へ向けての試合にしか興味がないとした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事