K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1 KRUSH】島野浩太朗、チャンピオンになりたいとの志を持たせてくれた「卜部弘嵩選手と戦いたい」

2019/12/16 19:12
【K-1 KRUSH】島野浩太朗、チャンピオンになりたいとの志を持たせてくれた「卜部弘嵩選手と戦いたい」

昨夜の倒し倒されの激闘、卜部弘嵩、Krushについて静かな語り口調ながらもアツく語った島野

2019年12月15日(日)東京・後楽園ホールにて開催された『K-1 KRUSH FIGHT.109』の一夜明け会見が、16日(月)都内にて行われた。

 第6試合K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級3分3R・延長1Rで、SATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)と倒し倒されの大激闘を演じ、勝利をつかみとった第7代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王者の島野浩太朗(菅原道場)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。


「3月ぶりの参戦でどうしても負けられない一戦でした。SATORU成合選手がただただアツい選手だったなって気持ちでいっぱいです。この一戦に、このリングに全てを懸けるんだって気持ちや覚悟がSATORU選手から試合を通じて一番伝わったものでした。自分が最後、勝利者になりましたが試合展開の中でSATORU選手のここは凄かったと思う部分をいくつも感じました」

 3月にようやく手にしたKRUSH王座を防衛戦で失い、相当落ち込んだという島野。それだけに、今回の再起戦に懸ける想いは強かった。


「KRUSHのベルトを巻くまでベルトを目標に戦ってきて、失ってしまった一戦だったので…一番の目標を失った一戦になってしまいました。そこから次への試合の向き合い方、修正、どうやって戦いにもっていくか。結果を受け止めるまでに時間がかかる一戦でした。その分、ごまかしがない向き合い方が出来まして、真正面から向き合って今回徹底してこの一戦に向けて準備することが出来たので、3月の敗戦はその過程でよかったと思います」と、今ではプラスに考えている。

 しかし、「勝利で終われたのは自分にとって大きかった。でも試合の中で、お互いにダウンを取り合った場面がありましたが、SATORU選手は自分が取られた場面で倒しに来たんです。絶対に倒す気持ちで来ました。自分が逆にダウンを奪い返した場面では絶対に倒れないとの気持ちが絶対に倒すって気持ちよりも優りました。そこの甘さがあった。トップの選手は絶対に倒す気持ち、仕留め切る気持ちがある。そこは課題として修正して準備していきたいと思っています」と、気持ちの面で反省点があったとした。


 試合前のインタビューでは「タイトルを失って今回の試合が決まるまでの期間、自分のなかで強く意識する選手が出てきて、その選手に挑戦したいっていう気持ちが出てきた」と語っていた島野。その相手とは誰かと聞かれると「卜部弘嵩」との答えが返ってきた。

「今、自分はKRUSHのベルトを失って王者を目指す1人の選手ですが、KRUSHのベルトには特別な想いがあって1人意識する選手がいます。卜部弘嵩選手です。あの選手を超えたいなって気持ちは自分の中で強くあります。

 自分が菅原道場に入門した時に“狂拳”竹内裕二先輩が当時活躍されていて、初代の60kg王座決定トーナメントの決勝で卜部選手と戦う試合を見て自分の格闘家の志がスタートしました。ここでチャンピオンになりたいと本気で思えた一戦でした。その憧れじゃないですけれど、歴史を作ってきた先輩方、カッコいいと思って見ていた選手たちを超えたいなって気持ちが強くありました。憧れのままでなく、超えたいなっていう強い気持ちを選手としてデビューした当時から今も変わらず持っています。だからそれが自分の中では大きな目標です」と、卜部と直接戦って超えたいという。


「K-1でもKRUSHでもリングは関係ないと思っていまして。自分がKRUSHのベルトを巻いて挑戦したいと思います」と、KRUSH王座を奪回して卜部と戦いたいと話した。

 また、2020年より大会名称がK-1 KRUSH FIGHTからKrushに戻ることに関して「簡単には言えませんが、とても大きなことですね。KrushにはKrushの色があるというか。K-1という大会の盛り上がりやレベルの高さも含めて、そこにはない色があるというか。新生K-1が始まる前から熱い戦いが多かったKrush。そういう色に自分は刺激を受けてKrushの戦いを志した一人なので、その名称に戻ることは自分に対しての大きなモチベーションのひとつになる気持ちでした」と、Krushへの想いを話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事