AbemaTVAbemaTV
シュートボクシング
インタビュー

【シュートボクシング】町田光を迎え撃つ西岡蓮太、今回勝ったら「RIZIN、RISEを侵略したい」

2019/12/02 13:12
【シュートボクシング】町田光を迎え撃つ西岡蓮太、今回勝ったら「RIZIN、RISEを侵略したい」

国内キックボクシングのトップクラスを相手に6連勝を収めている次期エース候補・西岡

2019年12月3日(火)東京ドームシティホールにて開催されるシュートボクシング協会主催『GROUND ZERO TOKYO 2019』のセミファイナルで、WPMF世界スーパーフェザー級王者・町田光(橋本道場)と対戦するSB日本ライト級王者・西岡蓮太(龍生塾)のインタビューが主催者を通じて届いた。

 西岡は元々アマチュア時代から剛腕を武器にKOを量産する倒し屋。プロになってからもKO勝を狙うスタイルで将来を有望視されるSB関西期待の新星として注目を集めてきた。現在は、SBレジェンド吉鷹弘の元でメキメキ実力をつけ、4月大会でKNOCK OUT王者・不可思に圧勝、6月大会ではMA日本ライト級4位・増井侑輝からダウンを奪って判定勝ち、前戦となった9月大会では五冠王・マサ佐藤を破り、現在6連勝中だ。

 対する町田は50戦以上のキャリアを持ち、WPMF世界スーパーフェザー級王座、所属するINNOVATIONのスーパーフェザー級王座など計5つのタイトルを獲得してきた日本トップクラスの実力者。居合い抜きの動作を応用した必殺技“居合パンチ”をはじめとする数々の必殺技を超個性的な戦い方で人気を呼ぶ。

■居合パンチは「出せるもんなら出してみろ、当てられるもんなら当ててみろ」

――今回、2019年SBビッグマッチ『GROUND ZERO』参戦が決まりました。

「大きい舞台に出させてもらうのでしっかり仕事をしないといけないと思っています」

――対戦する町田選手にはどういう印象がありますか?

「僕がプロデビューする前から活躍されていて注目もされていましたし、入場を見ていると華もあってカッコいい選手だなと。まさか対戦できることになるとは思ってもいませんでした」


――居合パンチも特徴的な選手ですが、対策は?

「動画をしっかり見て研究しているので、僕に出せるもんなら出してみろ、当てられるもんなら当ててみろと」

――町田選手は6月にSB初参戦して村田聖明選手に判定勝ちしました。

「僕が最初にやりたかったんですけどね。でも村田選手に勝った選手とやるということで、SBのストーリーの1つとして見られるので良かったなと思います」

――さらに負けられないというプレッシャーは?

「僕はSBのチャンピオンという立場なので誰にも負けられませんが、僕まで負けてしまったらSBの看板が汚されるのでそれは必ず阻止します」


――一度対戦していて、再戦の可能性のある村田選手が負けたときはどういう心境だったのでしょう。

「町田選手と村田選手の2人には経験値の差がありますし、村田選手はそんなに柔軟性のある戦いができません。それに対して町田選手は頭を使って賢く戦う選手なので、この試合が来まる前から村田選手は勝てるのかな!? と思っていたので、僕とすぐに試合を組んで欲しいと思っていました。僕も町田選手と比べたらキャリアは少ないのですが、大月晴明選手、不可思選手といった経験値のある選手に勝っているのでそれが自信になってますし、自分は試合でどんな対戦相手でも順応して戦えるタイプなのでいい技術が見せられると思います」

――吉鷹弘さんのチーム吉鷹にも出稽古に行かれていて対策はバッチリですか?

「そうですね。吉鷹さんに見ていただいて指示をいただいています」

――町田選手は村田選手からバックドロップを華麗に決めてシュートポイントを奪っていましたが、組み際の攻防や投げ技は警戒してますか?

「僕はデビュー戦では投げられて負けるなど、戦績の3敗中、2回は組みの部分で負けているんです。そういう嫌な思いをしてきているのでもう組まれても問題はありません。あと、町田選手の試合を見ていると、キックの試合でも相手のバックに回る展開が多いですよね。そういう動きをする癖があるのかなと思ってました。もし僕を投げられるもんなら投げてみろ! という感じですね」


――今回の町田戦をクリアーしてからは次にどのようなことを考えてますか?

「今までと変わらずSBを盛り上げたいという気持ちもあるのですが、他団体に出てSBの強さを証明したいと思うのでRIZIN、RISEに侵略したいと強く思います。RISEでは来年から63kgでワールドトーナメント開催が発表されていましたし、残り2名枠が空いているようです。僕はまだRISEの選手と一度も交わっていないのでまだ強さが伝わっていないと思うので、SBで存在感を高めて呼ばれるようになればいいなと思います。

 もし今回出られなくなっても、トーナメントで優勝者が決まったときに、西岡とやったら面白いんじゃない?と思われるように結果を残していきます。RISEでは白鳥(大珠)選手が注目を集めていますよね。僕と違って顔は爽やかでカッコよくて強いのですが、やるとなったら全然自分は勝てると思っています」

――ちなみにRIZINに出場経験のある町田選手を倒して、大晦日のRIZIN出場も狙ったりは?

「RIZINの関係者に僕の試合を見てもらって、ぜひ僕を起用してもらえたらと。絶対に面白い試合をすることができます」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事