AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【Bellator×RIZIN】大将に朝倉未来、中村K太郎、元谷友貴、渡辺華奈、クルックシャンクが対抗戦に出場。Bellatorからゴイチ・ヤマウチら強豪参戦=12.29&31

2019/11/14 15:11
【Bellator×RIZIN】大将に朝倉未来、中村K太郎、元谷友貴、渡辺華奈、クルックシャンクが対抗戦に出場。Bellatorからゴイチ・ヤマウチら強豪参戦=12.29&31

2019年12月29日(日)「BELLATOR JAPAN」、同12月31日(火)「RIZIN.20」(いずれもさいたまスーパーアリーナ) の追加対戦カード発表記者会見が11月14日(木)14時から都内ホテルにて行われた。

29日と31日の両大会で「Bellator×RIZIN 対抗戦」が2日間にわたり行われ、下記5カードが発表された。29日はケージで3試合(ユニファイドルール)、31日はリングで2試合(RIZIN MMAルール)の計5試合の対抗戦が行われる。

29日の大会は、米国Bellator仕様の大会に。船便で直径9メートルのサークルケージが日本に送られ、レフェリーとジャッジ、リングアナウンサーも米国から来日する。

29日は12時の試合開始と同時に5試合がパラマント・ネットワークで生中継。また世界に向けてDAZNにてライブ配信される。メインイベント終了後にケージのなかでRIZINルールの試合が5~7試合が組まれる予定。29日の主要試合は31日のフジテレビでの放送内でも紹介される予定だ。

【対戦カード】

Bellator JAPAN

2019年12月29日(日)さいたまスーパーアリーナ
開場 10:30/開始 12:00

▼メインイベント ヘビー級 5分3R
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(米国)

▼160ポンド(72.57kg)契約 5分3R
マイケル・チャンドラー(米国)
ベンソン・ヘンダーソン(米国)

▼RIZINストロー級(53kg)5分3R ※ヒジ有り
越智晴雄(CAVE)
ジャレッド・ブルックス(米国)

越智「前回の8月大会でジャレット選手とはノーコンテスとなってしまったので、その決着がやっとつけられます。今回の試合はストロー級No.1を決める、ストロー級世界一決定戦だと思っています。ブッ飛ばしに行くのでよろしくお願いします」

ブルックス「越智とのリマッチを与えられて非常に感謝している。しかもその舞台がRIZINとBellatorのコラボ大会だなんて素晴らしい。俺はこの試合は最初から全力で飛ばすつもりだ。今までで最高のモンキーゴッドが見られる事を約束しよう」

▼71kg契約 5分3R ※ヒジあり
矢地祐介(KRAZY BEE)
上迫博仁(チームクラウド/和術慧舟會HEARTS)

矢地「崖っぷちどころか、3連敗して崖から転がり落ちちゃったので、毎日一歩一歩上がっていけるように一生懸命いきたいと思っています。前回の試合で慣れないことはするものじゃない、と感じたので、今回は俺らしく大晦日のお祭り男らいくいきたいと思います。相手はいい選手ので、二人で楽しくいい作品を作れたらと思います

上迫「前回負けちゃったんですけど、29日にさいたまスーパーアリーナという大きな舞台を用意してもらい感謝しています。対戦選手の矢地選手の印象は、そんなに強くないイメージがあるなと。RIZINに作ってもらった偽物というか、ヒーローという感じなので倒してあげたいです。29日は盛り上がっていきましょう」

▼女子 49級契約 5分3R
あい(KRAZY BEE)
アンディ・ウィン(米国)

あい「去年の大晦日にデビューしてから丸一年、ちょうど一年間の練習の成果をここで見せられたらと思っています。対戦相手のアンディ選手はキャリアも上の選手ですが、思いっきりぶつかって勝ちに行きたいと思います。頑張りますので応援よろしくお願いします」

ウィン「また呼んでくれたRIZINに心から感謝したいと思います。この歴史的なイベントBellatorジャパンであい選手と金網を共有できる事を誇りに思います。私は金網の中でも外でも全力でみなさんが喜んでもらえるようなパフォーマンスを約束しましょう。あい選手、当日は拳で語り合いましょう」

▼77kg契約 5分3R ※ヒジあり
住村竜市朗(TEAM ONE)
ジョン・タック(グアム)

住村「(タックのコメントを受けて)ジョン・タック選手、恨まないので大丈夫です(笑)。去年の8月RIZINで1R 4分59秒、残り1秒を待たずに負けてしまいましたが、あんな無様な負け方でまた呼んでいただきありがとうございます。呼んでいただいたからにはド突き合いします。応援よろしくお願いします」

タック「ずいぶん待たされたな。やっと声をかけてきたかというのが正直な気持ちだ。RIZINは今まで声をかけてこなかったことをきっと後悔することになるだろう。Mr.住村。俺を恨まないでくれ。恨むならこの試合を組んだRIZINを恨んでくれ」

【Bellator×RIZIN 1日目】※ケージ・ユニファイドルール

▼ウェルター級 5分3R
中村K太郎(和術慧舟會K太郎道場)35勝10敗2分
ロレンツ・ラーキン(米国) 21勝7敗

中村「日本最強の中村K太郎です。相手はメチャクチャ強い選手だと思いますが、UFC以上にRIZINでモチベーションが高くなっています。以前より強くなっていると思いますので、頑張ります」

ラーキン「日本で、さいたまスーパーアリーナで戦えるという事は俺にとってMSGで戦うことよりも意味のある事だ。俺はここで行われたビッグファイトを見て育ってきた。相手は誰でもよい。ここで戦うということに意味がある」

▼ライト級 5分3R
ダロン・クルックシャンク(米国)22勝12敗
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)24勝4敗

ゴイチ・ヤマウチは、2015年10月「Bellator 144」でISAOにリアネイキドチョークで一本勝ち。2016年10月のライアン・クートゥアー戦の腕十字での一本勝ち以降、5勝1敗。近年唯一の黒星は、2018年1月にマイケル・チヤンドラーに判定負けのみ。前戦2019年10月のサッド・アワッド戦も得意の腕十字で一本勝ちを収めている。

クルックシャンク「RIZINを代表して戦える事を光栄に思う。今回の試合は金網・ユニファイドルールだという事で、初心に戻った気持ちで戦える。相手はグラウンド勝負に持ち込みたいと思っている筈だ。打撃勝負じゃ俺に勝てない」

ヤマウチ「日本で試合をするという事は自分の中では特別な事だ。格闘技を始めた頃から自分と家族の夢は日本で試合をする事だったので、これが現実になった喜びは言葉に表せない。みんなが納得するような試合をする為に、残された時間で精一杯練習したい。自分は日本人の血を持ち、日本の文化で育てられ、日本の地でBellatorを背負って戦う事を誇りに思います」

▼女子フライ級 5分3R
渡辺華奈(FIGHTER'S FLOW)8勝1分
イララ・ジョアニ(ブラジル)9勝4敗

MMA9勝4敗のイララ・ジョアニは、Bellatorでは1勝ながら、2019年10月の前戦では、UFCでハム・ソヒに判定勝ち(※UFC時代のハムは1階級上で試合)しているベック・ローリングスにヒザ十字で一本勝ちするなど現在3連勝中。

渡辺「Bellatorとの対抗戦に出場できる事を嬉しく思っています。 イララ選手の映像を少し見たのですが、打撃も寝技もしっかりできる選手で、ワクワクしています。負けてるとは思わないので、今までやってきたことを全力でぶつけたいと思います。RIZIN代表として必ず勝って、チーム全勝になるよう貢献したいと思います」

ジョアニ「日本で戦える事を嬉しく思います。歴史的な試合が数多く行われ、偉大な選手が戦った場所で戦える事を光栄に思います。対抗戦に選んでくれたBellatorには感謝して、期待に応えられるようにたくさん練習しています。私の目標はチャンピオンになる事、そしてチャンピオンで居続けること。この試合はその目標への大きな一歩になると思います。日本のファンに私の試合を見てもらうことを楽しみにしています」

RIZIN.20

2019年12月31日(火)さいたまスーパーアリーナ
開場 13:00 (予定) / 開始 15:00(予定)

▼RIZINバンタム級(61kg)タイトルマッチ 5分3R ※ヒジ有り
堀口恭司(王者/ATT)※初防衛戦
朝倉 海(挑戦者/トライフォース赤坂)
※堀口が怪我(右膝前十字靭帯の断裂と半月板損傷で全治10ヶ月)で欠場

▼RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)タイトルマッチ5分3R ※ヒジ有り
浜崎朱加(王者/AACC)※2度目の防衛戦
ハム・ソヒ(挑戦者/韓国)

▼RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級(71kg)トーナメント決勝 5分3R

▼RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級(71kg)トーナメント準決勝 5分3R
ルイス・グスタボ(ブラジル)
パトリッキー・“ピッドブル”・フレイレ(ブラジル)

▼RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級(71kg)トーナメント準決勝 5分3R
トフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン)
ジョニー・ケース(米国)

【Bellator×RIZIN 2日目】※リング

▼RIZIN MMAルール 66kg契約 5分3R ※ヒジあり
朝倉未来(トライフォース赤坂)11勝1敗
ジョン・テイシェイラ・マカパ(ブラジル)23勝4敗2分

ノヴァ・ウニオン所属のマカパは地元ブラジルのマカパで行われた「ドラゴン・ファイト・チャンピオンシップ」でプロデビュー。4戦連続で腕十字で一本勝ち。8連勝でUFCと契約もオクタゴンデビュー戦で体重超過しスプリット判定負けで、わずか1試合でリリースされた。修斗ブラジル大会などで4勝1分後、Bellatorで6勝3敗。ジャスティン・ローレンス、トニーニョ・フリア、ファブリシオ・ゲヘイロらに勝利し、AJ・マッキーJr、パット・カーラン、ダニエル・ヴェイケルら上位陣には跳ね返されているものの、パトリシオ・フレイレを追い込んでいるダニエル・ヴェイケルにはスプリット判定の惜敗。朝倉未来の世界での立ち位置が見えてくる好カードだ。

未来「試合については出ようか、どっちでもよかったんですけど、海と堀口選手の試合を楽しみにしていて、試合が無くなったのを聞いてがっかりしたファンも多いと思うので、その試合を超えるような試合を見せるために、出ることに決めました。Bellatorとの対抗戦の大将ということで、俺が一番面白い試合をするので楽しみにしていてください。

対抗戦の大将に選ばれたことについては、自分の強さに自信あるので任せてください、という感じですね。フェザー級についても、俺を倒したいフェザー級の選手がいれば、どんどんRIZINに来てもらって、俺が返り討ちにするので、ベルトとか作ってもらえれば面白くなるんじゃないかと思います。相手の試合は一個だけ見て、結構いい戦績で強い選手だと思ったので、これから追い込みを頑張ろうと思います」

マカパ「自分は日本のさいたまスーパーアリーナで戦える事で一つの夢を叶える。沢山のブラジル人が栄光を勝ち取った場所だ。自分がBellator代表としてRIZINのリングで日本のアスリートと戦える事はこの上ない名誉だ。早く試合をして、勝利を母国に持ち帰りたい」

▼RIZIN MMAルール 61.2kg契約 5分3R ※ヒジあり
元谷友貴(フリー)23勝7敗
パトリック・ミックス(米国)12勝0敗

ジャクソンズMMA所属のミックスはアマチュアMMAで11連勝後、プロでもMMA12勝無敗の新鋭。うち8つの一本勝ちを誇るグラップラー。ジェイムス・ギャラガーをKOしているリッキー・バンデハスにも2019年6月に一本勝ち。現在UFC2勝2敗のアンドレ・イーウェルを、2017年11月に1Rリアネイキドチョークで破っている。RNC、ギロチンチョーク、ヒザ十字と極め技も豊富で、高い柔術力を持つ元谷との寝技の攻防にも注目だ。

元谷「自分をRIZIN代表として対抗戦のメンバーに選んで頂き嬉しく思います。相手は12戦無敗ですごく強いですが、この試合は自分の価値を上げるチャンスだと思うので頑張ります。相手に初めての敗北を味わってもらおうと思います」

ミックス「日本でBellatorを背負って戦える事は今の自分にとって全てだ。ケージだろうがリングだろうが、ルールが違おうが関係ない。俺はアメリカ代表として元谷を落とす」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事