AbemaTVAbemaTV
MMA
インタビュー

【RIZIN】中村K太郎、妻の女子格闘家・杉山しずかにセコンド断られる「僕は『夫婦抱き合わせ商法』でやりたいのに」

2019/10/11 02:10
2019年10月12日(土)エディオンアリーナ大阪にて開催される『RIZIN.19』の第5試合77kg契約5分3Rで、マルコス・ヨシオ・ソウザ(ブラジル)と対戦する中村K太郎(和術慧舟會K太郎道場)が10日(木)大阪府内にて事前インタビューに答えた。  中村は元DEEPウェルター級王者で、SRCウェルター級GP2010王者。UFCに2度参戦経験があり、2006年から2007年の初参戦時は3連敗だったものの、2015年9月から2019年4月までの2回目の参戦では8試合を戦い、4勝4敗と五分の戦績を残している。前戦は4月の「UFC Fight Nightサンクトペテルブルク」で地元ロシアのスルタン・アリエフに判定負けしていた。 RIZINには妻の杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We)が参戦しており、RIZIN初の夫婦参戦となる。現在発売中の『ゴング格闘技』 11月号には2人の対談が掲載されているが、今回の試合では杉山にセコンドを頼むも「NO」と言われてしまったという。 打撃は僕の方がアドバンテージあると思う ――現在の心境は? 「大阪に移動もして、いよいよ試合だなって感じです」 ――対戦相手の印象は? 「当然のように寝技は強いと思うので寝技、あとはテイクダウンですね。テイクダウンは柔術家の中でもしっかり練習してきていて、強いところでもある。ただの寝技が強い柔術家ではないですね。そこは注意してやりたい」 ――どのような試合をしたいですか? 「打撃は僕の方がアドバンテージあると思うので、そこで勝っていくような試合をしようと思います」 ――寝技でも負けないと言われていたのに、打撃で行くんですか? 「打撃でいきたいですね(笑)」 ――打撃に関して特別な練習はしましたか? 「いつも通りですが、久々の日本ということでより気合いの入った練習ができました」 ――海外での試合とは調整が変わってきますか? 「僕なんかだとマウスピースを忘れてきたりするので、トラブルがあっても日本だと対応できるので気楽だなと(笑)」 ――心境的にも海外と日本では違いますか? 「海外のファンもいると思うけれど、僕は日本人なので日本のファンメイン。そういうリアクションのよさがあるので気合いも入るし、あらためて日本の大きな大会になることがモチベーションになっています」 ――UFCから離れることになって、一時的にモチベーションが落ちたことはなかったですか? 「むしろRIZINでできることで気合いが入りました。注目される舞台でできるんだなと思えました」 ――得意の裸絞めをファンは期待しているのでは? 「狙いたいです。もちろん」 ――奥様の杉山しずか選手から言葉はありましたか? 「頑張ってと普通に勝てるでしょ、と勇気づけてくれました。セコンドを頼んだんですが、絶対にやらないと言われました(苦笑)。そういう形でのプロモーションはしたくないのでは。僕は『夫婦抱き合わせ商法』でやりたいと思っていて、稼ぐチャンスだと思っているんですが(笑)。子供と一緒に応援に来てはくれます」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事