EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
キックボクシング
ニュース

【RISE】白鳥大珠、梅野源治攻略に絶対の自信「倒すならパンチ。いいイメージで行けば、1Rで終わる」

2019/09/14 20:09
【RISE】白鳥大珠、梅野源治攻略に絶対の自信「倒すならパンチ。いいイメージで行けば、1Rで終わる」

準決勝で現役ムエタイ王者セクサンを撃破し、決勝へ臨む白鳥

2019年9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ・イベントホール『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』にて、 元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(PHOENIX)と-61kg世界トーナメントの決勝戦を争うRISEライト級王者・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)のインタビューが主催者を通じて届いた。7

 3月の開幕戦で白鳥はヘクター・サンチアゴ(ブラジル)に苦戦を強いられ延長戦の末に判定勝ち、しかし7月の準決勝では優勝候補本命と目されていたラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者セクサン・オー・クワンムアン(タイ)から2度のダウンを奪っての完全勝利で決勝へ進出した。

最近は相手のパンチをもらう気がしないですね

──激闘を乗り越えてのトーナメント決勝戦。実感はありますか?

「二つとも海外のチャンピオンに勝ち上がってこれたので自信になっています。自分が決勝に行くと予想していた人はほとんどいなかったと思うので、周りの予想を裏切るというか、そういう部分でも楽しい。周りが何か言っていても『何とでも言っておけ』と開き直っています」
 


──梅野選手の印象は?

「日本のムエタイをここまで作り上げてきた人。そういう選手とやれることはうれしいし、自分もここまで来たなという感じがします。けど、そこで満足してはいけない。自分がもっと大きくなるためには、そういう選手を超えることも大事じゃないですか」
 
──相性は?

「メッチャいいと思いますね。自分の闘い方がばっちりハマるでしょう。過去何試合か梅野選手のvsサウスポーの試合を観たけれど、反応が鈍いですよね。相手の蹴りが強いということを想定したとしても、僕のパンチは十分届く。そもそも誰に対してもパンチは結構当たるので、反応しづらい何かかがあるんだと思います」
 
──やっぱりボクシングをしっかりとやっていたから?

「打ち方を変えているというのもあるけど、タイミングもそう。もちろん梅野選手のスタイルを見ていてやりにくそうというのもありますけど。仮に梅野選手がサウスポーに苦手意識を持っていて対策をとって来たとしても、1か月程度の期間では無理。そんな簡単に対策を実行できるわけがないですよ」
 


──決勝戦ということで高額な賞金もかかっています。そうした中、もし梅野選手が勝ちに徹した闘い方をしてきたら?

「いや、自分は変わらないです。気持ちも変わらない。相手が勝ちに徹しようと、自分のやることも変わらないし、そこで変に焦る必要もないでしょう。ただ自分がやるべきことをやるだけです。相手が勝ちに徹するのは別に怖いものでもないし」
 
──ボクシングからUターン後、無傷の8連勝。何が大きく変わったのでしょうか?

「2本の腕だけで闘うことで攻撃面だけではなく、ディフェンス面も向上したんだと思います。久々にキックのスパーリングした時、キックの選手相手だとすごくやりやすい。ボクサーとやるとほとんどパンチは当たらないけど、キックボクサーが相手だと当たる。だから、すごいやりやすい。相手が前に来ても見えるし。最近は相手のパンチをもらう気がしないですね。大晦日にポカを犯した以外、クリーンヒットは一発ももらっていないです」
 
──蹴りがあってなおかつパンチもある。さらに身長もあるというのは大きな武器ですね。

「そこも自分のアドバンテージだと思います。ただひとつだけ懸念材料があるとしたら、相手の身長がほぼほぼ一緒くらいなんですよね。今までそういう相手とはやったことがないので」
 


──先日、永末“ニック”貴之トレーナー主宰の白馬での合宿にも参加していました。収穫は?

「今フィジカルトレーニングを週2回やっているけど、何か質問がある時にニックさんはしっかりと答えてくれるんです。だからその練習の理屈を把握したうえで練習できていると思います」
 
──最後に決勝のイメージはありますか?

「なんとなく自分の中でいいイメージと悪いイメージを考えたことはあります。倒すならパンチ。いいイメージで行けば、1Rで終わる。蹴りの対応力は向こうの方が上手だと思うので。でも僕だってパンチだけではないので、蹴りも使うし、梅野選手の蹴りが強いからといって別に蹴りで勝負しないというわけではない。1Rが大事になってくると思います」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント