AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
ニュース

【RISE】那須川天心が危機感「日本の格闘技は焦らないとダメだ」

2019/09/09 12:09
【RISE】那須川天心が危機感「日本の格闘技は焦らないとダメだ」

「果たしてそれで良いのか」と日本格闘技界の現状に危機感を感じているとした那須川

2019年9月8日(日)にRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)が、自身のInstagramに「日本の格闘技は焦らないとダメだ」と投稿した。

 那須川は「そう思う理由としてはvs世界で勝率が低いこと。昔は日本の格闘技は最先端でPRIDEやK-1に憧れて海外の選手が日本に憧れて来ていました。でも今はUFCを筆頭に海外の舞台が日本の今の格闘技を越していき海外で活躍出来る選手、本当に強い外国人に勝てる選手は少なくなり、今は海外に行くとかませやアンダーガードで日本人が使われたりする事が多くなりました。

 その事に対して何にも思ってない業界、格闘家達が多い。それで満足する人、日本である程度のレベルで勝ててれば良いやと思ってる人、人気だけ出れば良いと思ってる人人それぞれ思ってる事、考えていることは違いますが果たしてそれで良いのかと思ってしまいます。僕はそれが悔しいです」と、日本が世界に遅れていることに危機感を感じていると吐露。


 9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ・イベントホール『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』では、ISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(BeWELLキックボクシングジム)との-58kg世界トーナメント決勝戦を控えている那須川。

「今回のRISE WORLD SERIES。本物を集めた世界一を決める大会です。日本ではなかなか無い正真正銘の最強決定戦だと思います。志朗君となら最高の決定戦が出来る気がします。俺が勝って証明する。勝てば世界一ですが、でもこれで世界一強いとは思ってません。世界にはまだまだ沢山強い選手がいる。日本を代表して世界と戦いに行く」と、RISE WORLD SERIESで優勝したら“世界と戦いに行く”と宣言。

 それがどういう行動となるのか。今日9日に行われる予定の公開練習にて、那須川自身の口から明かされるか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事