AbemaTVAbemaTV
ムエタイ
レポート

【ONE】MOMOTAROがシントンノーイをKO! 小笠原裕典と工藤はONE3連敗、ノンオーが王座防衛、クラップダムはONE初陣飾る

2019/09/06 19:09
【ONE】MOMOTAROがシントンノーイをKO! 小笠原裕典と工藤はONE3連敗、ノンオーが王座防衛、クラップダムはONE初陣飾る

(C)ONE Championship

2019年9月6日(金)、ベトナム初進出となったONE Championshipの立ち技オンリーの大会「ONE:IMMORTAL TRIUMPH」に、日本から小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)、工藤政英(新宿レフティージム)、MOMOTARO(OGUNI GYM)が参戦した。

空調が効いていないフート・インドアスタジムのリングで、プレリミナリーに登場したMOMOTAROは、オープンフィンガーグローブでのムエタイルールで元ルンピニースタジアムフェザー級王者のシントンノーイと対戦。巧みなフェイントからの左のバックフィストを当てて1R 41秒、劇的なKO勝利。短期決戦をモノにし、ベトナム大会でONE2勝目をマークした。

小笠原裕典は、クリス・ニューイェン(豪州)とムエタイルールで対戦。近い距離での戦いとなった小笠原は蹴り足を掴んでの攻撃、アッパー、縦ヒジなどを駆使するが、ニューイェンはブロッキングを多用する小笠原にパンチを当て、3Rに跳びヒザでダウンも奪取。ニューイェンが判定勝利し、小笠原は3連敗。契約更改が難しい状況となった。

また、工藤政英はタイで3年連続MVPの実績を持つ強豪パンパヤック・ジットムアンノン(タイ)とキックルールで対戦。サウスポー構えのパンパヤックに対しオーソドックス構えの工藤は果敢に左ボディ、右ストレートで詰めるが、パンパヤックは下がりながらも右ジャブ、左ミドルで迎撃。判定3-0でパンパヤックが勝利し、工藤も小笠原同様に厳しいONE3連敗となった。

またメインでは、ONEムエタイ・バンタム級(65.8kg)王者のノンオー・ガイヤーンハーンダオ(タイ)が、アルジェリアのブリース・デルバールを相手にボクシンググローブでのムエタイルールで防衛戦。5月大会で鈴木博昭に判定勝利し初防衛に成功しているノンオーは、ONE初参戦・20歳のデルバールの長身からの攻撃を見切ると、中盤以降を右ローを効かせて、右ミドルを当てるなどコントロール。スプリット判定ながら2度目の防衛に成功した。

ONE初の全試合立ち技の「スーパーシリーズ」の大会となったホーチミン大会は地元選手、さらにベトナム系ファイターの活躍もあり、会場は大盛り上がり。ベトナムの格闘技ファンのハートをがっちり掴んだ大会となった。

【メインカード】

▼ONEムエタイ世界バンタム級(61.3kg-65.8kg)選手権試合 3分5R
○ノンオー・ガイヤーンハーンダオ(タイ/65.8kg)
[判定2-1]
×ブリース・デルバール(アルジェリア/65.7kg)

リングでのボクシンググローブでのムエタイルール。

メインは、ONEムエタイ・バンタム級(65.8kg)王者のノンオー・ガイヤーンハーンダオ(タイ)がEVOLVE MMAジム所属として、フランスのブリース・デルバールを相手に防衛戦に臨む。ノンオーは5月大会で鈴木博昭を相手に判定3-0で完勝し、初防衛に成功。

対するデルバールはONE初参戦。エリアス・マムーディと同門のMAHMOUDI GYM所属で、2017年2月のK-1で平本蓮に判定負けも、その後3勝2敗1分と勝ち越しており、20歳の若さで王者に挑む。

1R、オーソドックス構えのノンオーにサウスポー構えのデルバール。ロープを背にして動きを見るノンオー。ステップで出入りするデルバールは近距離での右ハイ、バックフィスト狙い。かわすノンオーは踏み込んでの右ローを入れる。さらに中に入るもデルバールは長い前蹴りでノンオーをこかす。

2R、デルバールの右ミドルはしっかりチェックするノンオー。ノンオーは右ミドルを返すがそこにデルバールも右ストレートを入れる。ノンオーは左右ミドル。デルバールは前蹴りもクリンチのノンオーがこかす。デルバールのハイをスウェイでかわすノンオー。左ミドルから飛び込むノンオーに蹴り返すデルバール。しかしノンオーの右ミドルが当たり始める。デルバールは左の高い前蹴り! ノンオーの右ミドルに詰めるデルバールは左ミドルを連打する。

3R、左ジャブを当てるデルバール。しかしノンオーは押し返して右でこかす。左の高い前蹴りでノンオーのアゴを上げさせるデルバール。さらに左ミドルもそこに右ストレートをノンオーは当て、さらに右ミドルをヒットさせる。デルバールの蹴り足を掴んで右ヒジで飛び込むノンオー。さらに左ボディからの右ストレートにデルバールは後退。続く右ローにデルバールの身体がくの字になる。右に回るデルバール。追うノンオーは右ミドル。デルバールは手が出なくなる。

4R、左ローから入るデルバールだが、その打ち終わりにノンオーは右ロー! チェックできないタイミングでもらうデルバールは身体が流れる。右ストレート、今度は歩いて左ミドルはノンオー。さらに腹を突き、顔面へ。デルバールも歩きながら右を狙うがノンオーは右アッパー。さらに前進するデルバールにボディロックからテイクダウン! ノンオーは下がりながら逃げ切り体勢に。

5R、右ミドルのノンオーに右の跳びヒザ、右ストレートで詰めるデルバールだが、ブロックするノンオーはデルバールの右ストレートをしっかりかわして右ミドル。さらに入り際にサイドキックで距離を取る。さらに右ミドル。左ミドルは金的に入る。再開。追うデルバールに回りながら捌くノンオーは右ミドル。さらに左ストレートを突いてゴング。最終ラウンドを危なげなく終えた。

ONEの判定は2-1のスプリットで中盤以降を制したノンオーが勝利、王座防衛に成功した。試合後ノンオーは、「勝てて嬉しい。もっとトレーニングします。コーチやEVOLVEジムのみんなに感謝します。アイラブ・ベトナム、アイラブ・タイランド」とホーチミンとタイのファンに挨拶した。

▼ムエタイ バンタム級(61.3kg-65.8kg)3分3R
○クラップダム・ソーチョーピャッウータイ(タイ/65.35kg)
[判定3-0]
×ボボ・サッコ(フランス/65.15kg)

第11試合では2018年2月のルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦で梅野源治を4R TKOに下しているクラップダム・ソーチョーピャッウータイがONE参戦。WMFウェルター級ムエタイ世界チャンピオンおよびWPMFムエタイ世界チャンピオンのボボ・サコ(フランス)と対戦する。182cmの長身でサウスポー構えのサコは、2018年4月の「Duel 3」では強豪ラフィ・ボーヒックにも判定勝ちしており、クラップダムとの対戦でその名を知らしめるか。

リングでのオープンフィンガーグローブでのムエタイルール。

1R、ともにサウスポー構え。長身のサッコは右ジャブが長い! クラップダムはスウェイしながら右を狙う。右の関節蹴りも狙うサッコは右ジャブも! ロープに詰まりながらクラップダムは右ロー! さらに右の打ち終わりにクラップダムは左ストレートでサッコはグラつきスタンディングダウンを奪う。詰めるクラップダム。サッコのワンツーの打ち終わりにクラップダムは左ストレートを狙う。

2R、互いにローから。圧力をかけるクラップダムは左ミドル。さらにジャブ! サッコも右ジャブを突くがその打ち終わりをクラップダムは狙う。さらに左ロー! ストレート! 下がるサッコはクリンチ。左ローはクラップダム。遠い距離からジャブはサッコの距離。しかしクリンチのサッコに左フックをかぶせるのはクラップダム。

3R、ワンツーのサッコにひるまず前に出るクラップダムだが、長い距離から左ストレートはサッコ! さらに右ジャブにクラップダムが後退。クリンチからさらに右アッパーも。詰めるサッコは右アッパー! 前蹴りで距離を取るクラップダム。詰めるサッコに左ストレートはクラップダム。しかし前に出るサッコ。クリンチはクラップダム。互いに右前蹴りでゴング。

判定はダウンを奪ったクラップダムが3-0で勝利。ONE初陣を白星で飾った。

▼ムエタイ フライ級(56.8kg-61.2kg)3分3R
○ニューイェン・トラン・デュイ・ニャット(ベトナム/60.65kg)
[3R 2分45秒 KO]
×アズワン・チェウィル(マレーシア/61.2kg)

リングでのオープンフィンガーグローブのムエタイルール。

1R、ともにオーソドックス構え。地元ベトナムのニューイェンはスイッチしての左ハイ! マレーシアのチェウイルは右のスーパーマンパンチ狙いで飛び込む。ニューイェンが足払いでこかすと場内は割れんばかりの大歓声に包まれる。チェウィルの右ローを掴んでこかすニューイェン。さらに右の足払いでこかす。右のサイドキックはニューイェン。チェウィルも右ミドルで飛び込む。

2R、チェウィルの右ローを腰を引いて外すニューイェン。ニューイェンも左ローを返すがそこに右を狙う。さらにニューイェンは左ハイ! ダウンするチェウィル。立ち上がると詰めるニューイェンは右フック! さらに左ハイ! 今度は右ハイからバックフィストを狙う。首相撲からこかしはニューイェン。チェウィルの左ローを掴んで右ストレートはニューイェン! さらに左フックにチェウィルは2度目のダウン。

3R、両手を合わせた両者。右の蹴りを入れながら右スーパーマンパンチ狙いはチェウィル。ニューイェンは右ハイ。さらに首相撲ヒザ。チェウィルの廻し蹴りの打ち終わりに左右フックはニューイェン! さらに右の前蹴り! 互いに消極的で注意から再開。すぐに左ハイはニューイェン! グラつくチェウィルは左を振るが、そこに右ストレートはニューイェン! チェウィルが崩れ落ち、地元のニューイェンが残り15秒でKO勝利。ホーチミンの観衆は立ち上がって歓喜した。

▼キックボクシング ライトヘビー級(93.1kg-102.1kg)3分3R
×ベイブラット・イスアエフ(ロシア/95.8kg)
[1R 2分19秒 KO]
○アンダーソン・シウバ(ブラジル/101.35kg)

1R、ともにオーソドックス構え。詰めるシウバの右フックにがくりとヒザを落とすイスアエフ。シウバは右フック連打からさらに左フック&右アッパー! イスアエフはダウンから立ち上がるも目がうつろに。大成レフェリーがすぐに試合を止めた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事