K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】コプリヴレンスキーが一夜明けて語るトーナメント制覇「毎年王者になれる状態を維持しないといけないと思います」

2024/07/08 18:07
 2024年7月7日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された『K-1 WORLD MAX 2024』の一夜明け会見が、8日(月)に行われた。  今大会で行われた「-70㎏世界最強決定トーナメント」で優勝したストーヤン・コプリヴレンスキー(ブルガリア/Mike's Gym)が出席。前夜の試合を振り返った。 「今回、自分はワンデーは初めてだったんですがトーナメントを楽しめたのでいい経験でした。最初のブアカーオは意味のある大事な試合で、ブアカーオのことだけを考えて準備してきたので勝てて嬉しかった。準決勝のデング・シルバは足を痛めていたのが分かっていたので、彼がボクシング主体で切り替えてきたのでそれが自分にとってよかった。決勝は自分の足のダメージがあったので、とにかく早く終わらせようと思っていて、早く終わったから本当によかったです」  コンディションを聞かれると「とてもいい。トーナメントに向けてマイク会長から地獄のようなしごきを受けて、信じられないくらいスパーリングを繰り返してきたので、息がきれることなく3試合を終えられました。時差の影響が身体に出なかったので、しっかり休めることも出来たし、昨日の夜もぐっすりと眠ることが出来ました」とベストコンディションで臨めたとする。  試合後の夜は「宿泊先のホテルでささやかなパーティーをしました。ビールを2~3杯飲んで、リラックスしてのパーティーでした」と言い、ダメージは大丈夫だったのかと聞かれると「後頭部にカットがありました。ブアカーオ戦でヒジかバッティングで切れたようです。あと、準決勝でカーフキックをもらって今は左足が倍くらい腫れています。でも大きなダメージはないので数週間休めばまた練習できます」と、タフネスぶりを発揮。  母国ブルガリアでは「これだけのハイレベルなトーナメントでブルガリア人が優勝したのは初めてなので、ブルガリア中が大騒ぎになっています」と大きな反響があるという。  優勝後にリング上で魔裟斗、ブアカーオと並んでスリーショットを撮影したことには「最高の気分です。レジェンドと同じステージに立てたのは最高だし、彼らの試合は子供の頃に見ていたので凄く嬉しい。まだ実感が沸いていない部分もあるんですが、日が経つにつれて実感が沸いてくると思います。優勝したことで、彼らのように毎年王者になれる状態を維持しないといけないと思います」との感想。  今大会を欠場したK-1スーパー・ウェルター級王者のオウヤン・フェン(フェンが欠場したためコプリヴレンスキーが敗者復活となった)、カスペル・ムジンスキ(開幕戦でコプリヴレンスキーに勝利、準決勝を怪我のため棄権した)との対戦が期待されるところだが、と問われると「自分が言えることは、K-1がどういう相手を用意しても準備万端にすること。誰が来ても準備するだけです」と、K-1が用意した相手と戦うだけだとした。  オランダの名匠マイク会長からはどんなアドバイスがあったのか、との質問には「マイク会長は最高のコーチです。特にブアカーオ戦の時はいろいろなアドバイスがありました。攻撃を流したり、ラウンド間のアドバイスとか。ブアカーオは私の蹴り足をつかんで崩しにきていたので、マイク会長はは大きな声で叫んでレフェリーに注意を促しました。それと、私の方が若いというアドバンテージを活かして、足を使ってかき回せなど的確なアドバイスをもらいました。マイク会長以上の経験があるコーチを私は知らないので、最高のコーチです」と説明。  ここ4戦の戦績はGLORY世界ライト級王者ティジャニ・ベスタティにスプリット判定負け、海人にスプリット判定負け、ソリン・カリニュークには判定勝ちしたが、ムジンスキに判定負けと振るわないものだった。そのことをどう思っているのかと聞かれると「確かにこの数試合は負けが続いて落ち込んだ部分もありましたが、厳しいトレーニングを積んで次の試合に向かっていました。その中には惜しい判定で負けた試合もあるし、海人戦に関しては自分の中で負けたとは思っていません。そんな時を経て今回のトーナメントで勝ち進められたことは、これまでの努力が報われたと感じています。だからこそ嬉しく思っています。それと今回気付いたことは、ハードトレーニングをしただけではなく、運も大事だということ。今回は運も一緒に来たと思っています」と、その負けがあったからこそ今回の優勝があったと振り返った。  では、トーナメントで3試合を勝ち抜いて優勝できた最大の要因はと聞かれると、しばらく考えて「3試合勝ち抜けた一番の理由は、しっかり準備をしてきたことに尽きます。それと3試合にぞれぞれ戦略を立てたことが結果につながりました。3試合とも全く違うタイプで、ブアカーオはムエタイで遅いタイプ、それに合った戦略をたてました。シルバは大きいけれどガードが甘いところがあって、ダメージがあってアウトボクシング主体で来たのでそれ用の戦略で行きました。この時点で足のダメージがあったので、自分の中でメンタルコントロールをしました。足の痛みに対して、そこは大丈夫だと自分に言い聞かせました。でも試合を長引かせることは出来ない、決勝の相手のスタイルもガードが甘い部分を感じていたのであの試合運びをしました」と、事前の準備と対戦相手による戦略を練ったことだったと話した。  最後には「日本のファンに感謝したい。開幕戦で負けてから、日本に戻ってきて欲しいとメッセージをたくさんいただいて、SNSでも私の試合をまた見たいと書いてくださる人がいました。たまたま枠が空いて、そこに入れたのはファンの声があったからかもしれません。その声に応えることが出来たのは嬉しい。そしてK-1をこれからも応援して欲しいです」とメッセージを送った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント